ワシントンDC

北京に行き,時差,そしてNYに戻り時差。今回の時差はかなりの凄さでした。やっとようやく今頃になって普通になって来たような。。。

と,今ワシントンDCからこれを書いています。
北京から戻り,1日休みがあり,すぐにリハーサルが始まりました。北京で踊った物と今回のワシントンDCでのレパートリーが違うので。。。

数日のリハーサル後,この月曜日にワシントンDCに,バスで来ました。朝9時半頃マンハッタンをでて,ついたのは3時半過ぎ。途中一度朝食の休憩があったのでそれに1時間費やしたので遅くなりました。グループだと,これがね。。。

窓からはケネディーセンターとあのウォーターゲートビルが見える。
b0069951_2353663.jpg
真ん中に見えるのがケネディーセンター右側がウォーターゲートビル

DCはNYよりは南にあるのに,到着した時の冷たい風にはびっくり。足首までのコートを着て来てよかった!もちろんニューヨークが寒かったので,これは必須です。
ホテルに到着後は荷物を開けて,明日の準備。踊りに必要な物を鞄い詰めて後は版画に書けたり,そしてインターネットをつなげてホテルの周辺のチェック。といっても,観光していると疲れるのでもっぱらレストランサーチ。
ホテルがあるのはフォギーボトムと呼ばれる地区。私たちの公演のあるケネディーセンター近くで,ジョージワシントン大学のそば。いろいろ探したのだけれど,結局この晩はホテルのしたにあるイタリアンレストランNotti Bianche(ノッティビアンキ)に行きました。
友達と二人で,パスタ,野菜のサイド,かもの焼いた物をシェアーです。
同じような物が好きな友達とレストランに行くのはシェアーできていいです。一つの物を黙々と食べなくてすむ!

そして次の日。ケネディーセンターのアイゼンハワー劇場にての公演。
北京もそうだったけれど,こちらもオーケストラ付き!これは本当に嬉しい。
やはりCDでの公演とライブとの違いが。。。テンポで困る事も多々あるけれど,それでもライブとの公演は気持ちがいい。
ライブとの公演なので,もちろんオーケストラとのリハーサル。今回の作品は二人の歌手付き。男女一人ずつ。この昼間のリハーサルはモニターの関係で舞台上あまり音が聞こえず。どうなるかと思ったが,夜の公演ではまずまず。もちろんオーケストラでやるときにいつも思うのはCDできいていると,音に慣れる。ここで,フレンチホーン、小これマリンバ,と行った具合が,ライブになるといつも聞こえていた音が無かったり,ふ〜〜ん、ここで,この楽器が聞こえるのかと面白いと思う事がある。
そしてその後ホテルに戻ったら,11時近く。ホテルレストランはもう閉まっていて,バーも開いてない!!!お腹はすいている。仕方ないから歩いて8分の所に会ったレストランに飛び込む。パスタディマーレを食べて,ピノグリジオを2杯飲んで。。。お腹もふくれたし,これでゆっくり眠れます。

二日目。
この日はリハーサルが無いので,朝ゆっくり。窓から観ると風と雨。気温は華氏で60度とかなり暖かい。NYも異常気象のように暖かいといっているので,おそらく同じでしょう。
東京も???
劇場に入るのはおのおののタイミングで。私は8時のショーには5時までに入り,お化粧をして,ウォームアップ。というのがいつものルティーン。
それまではホテルでゆっくり。ストレッチをしたり,お風呂に入ったり。これが,若かったら,スミスソニアンの辺りまででて美術館を見て回ったりする所でしょうが。。。
公演も無事に終わり,今年の踊り納めでした。
公演後は部屋に戻り,友達が作って持って来たスープをレンジで温めて,そして野菜のガーリック炒め(前もって買っておいたもの),チーズとクラッカー,というピクニックのような食事でしたが,なかなかこれが良いです

そして今日はこれからNYに戻ります。
バスで。
戻ったら,荷物を置いて 夜ブルックリンアカデミーオブミュージック(BAM)にて,ピナ・バウシュを見に行きます。凄く楽しみ。

***************************************************************
ホテル採点表
ジョージワシントンユニバーシティーインThe George Washington University Inn
824 New Hampshire Ave., N.W. Washington, D.C. 20037
(202) 337-6620
泊まった部屋:710号。

インテーネットサービスは無料! 10点満点!

この部屋はツインの部屋で,ダブル(二本ではダブル,こちらではフルサイズ)のベッドが二つは行っている。ゆったりした部屋。ベッドからテレビの入っているキャビネットまでは有に2メートルある。部屋でストレッチをするのに,そして二人で泊まってもゆったり気分の部屋。

公演地のケネディーセンターまで歩いて5分という便利さ。これは満点。
部屋には冷蔵庫と電子レンジ,そしてコーヒーメーカがある。10点
そしてお風呂場。アメニティは私の好きなBath& Body Worksのココナッツ、ライム,ベルベーなのライン。石けんも2種類,シャンプー,コンディショナー、ボディローション,シャワーキャップ、靴フキ,コットンボール。よって10点

3種類のタオルはふかふかで気持ちがいい。10点

寝心地のよいベッド,ゆったりの部屋,好きなアメニティ,北京でのあのラグジュアリーとは違うけれど,点数は9点。なかなかよいです。

ホテルにはスパは無いが,ここから2ブロックぐらいの所にあるスポーツクラブをフリーで使えるそうだし,全体を通しての満足度は9点かな???

朝ご飯のオプションはホテル内のレストラン。ここでの朝食はコーヒー付きで20ドルとちょっと値段ははる。ダイナー的な物が近くにあれば持ってよいけれど。。。とあるらしいけれど,着替えて外に出て朝ご飯というのが。。。きついですねぇ〜〜〜
[PR]
by miki3lotus | 2008-12-11 23:11 | 旅・ツアー
<< NYはクリスマス気分に突入 北京に行ってきました。 >>