Music From Japan

私がストーニーブルックにて踊っていた同じ時,
SPはマンハッタンのリンカーンセンターにあるマーキンコンサートホールにて踊っていました。
久しぶりのパフォーマンス。
b0069951_128409.jpg

土曜日の公演,月曜日のニューヨークタイムズに載っております。
オンラインだとこちら
今週の水曜日にはもう一度ワシントンDCにて同じ公演があります。
私もお休みをもらって観に行きます!!!



DCはまだ沢山雪が残っていて,びっくり。

公演は素晴らしかったです。狭い舞台だったので,雅楽の編成も福島市音楽堂,そしてニューヨークのマーキンコンサートホールのように半円ではなく,片方に演奏家,そして舞台上を開けてダンサーが踊るようになっていました。SPの踊りは久しぶりに観ましたが,やはり彼は素敵なダンサーです。音が動きに,動きが音になって出てきます。
そして巫女舞を踊られた方も静の中に何かぐっと来る物がありました。

そして雅楽。
これが素晴らしかったです。これについては又ゆっくりと書きたいと思います。
とりあえずニューヨークに戻って来ましたが,今日は一日雪でした。
[PR]
by miki3lotus | 2010-02-23 12:07 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(1)
Commented by ganta at 2010-10-22 15:54 x
うわ~…魅惑のコラボレーションだーぁ!

9月に、国立能楽堂で「おぺらくご」なる斬新な試みがありました。
演題は「フィガロの結婚」。
オーストリア生まれのモーツァルト作曲で、
スペインの物語をイタリアオペラにした3時間の作品を、
桂米団治師匠が30分の上方落語(大阪弁)に仕立て、
新日本フィルハーモニー交響楽団の崔文珠ソロコンサートマスター率いる弦楽四重奏の優美な音色が包み込み、メゾソプラノがさえずる…
共鳴抜群の総ヒノキ造りの能楽堂舞台…
イブニングドレス&タキシードのいでたちに白足袋がミョーにしっくり映える。
あ~っ…異種コラボは一流の「本物」どうしが融合するとまったく違和感のカケラもないのだな~ぁ…っと納得の夜ふけでござりました。
<< バミツバ ペンシルバニア州ハーシー(写真... >>