ツアーから戻り日常が戻ってきました。

5月23日に、Jean Erdmanという人の作品を踊ります。
彼女は昔グラハムで踊っていたダンサーで、独立して自分のカンパニーを立ち上げました。
カニングハムと一緒にしたコンサート(1950年代かな?)では世界初のインプロビゼーション作品も。
そしてジョセフ・キャンベルという神話論を分析した事で有名な人の奥さんでもある。
私とジョーの関わりについては又別の機会に書くとして・・・

その彼女のカンパニーには私も昔ちょこっといていくつか作品を踊った事があります。もちろん、グループのパートでしたが。92nd Yとよばれる所はニューヨークの踊りのメッカだった所。今でも定期的に公演はありますがそれほどメジャーではなくなりました。23日は今やっているダンスシリーズの一つです。
私はジーンの作品、ソロを二つ踊ります。

そして6月8日から始まるニューヨーク公演の為のリハーサルもあり、結構忙しくしております。いつもの事ですが・・・
あ〜〜でも税金の計算も終らせないと・・・
大学のポートフォリオの見直しもあるし・・・

ガーデンにも行って、雑草穫り、窓で植えた種がは次がした物を植えに行ったり、株分けしたり。
そして先週はサンフランシスコのオークランドのシェフがスーシェフをつれてこちらに研修(?)に来ていました。スペイン料理のお店を彼等は5日間で10個は廻ったと思います。私もそのうちの3つにお供いたしました。
そしてその間に一緒にSITI COMPANY のDTW(Dance Theater Workshop) でやっている
bobrauschenbargamerica(ボブラウシェンバーグアメリカ)というタイトルの舞台を観にも行きました。
今一緒にコラボレーションしている演劇のグループという事もありますが、彼等の作品は私好み。
昔の状況、早稲小、自由劇場を思い出させます。これはカーテンコール
b0069951_1352045.jpg

舞台が終ってその後一杯の見に行った所でシェフのポールはこんな事を・・・
b0069951_1392536.jpg

そうです。お塩の入れ物をお塩をテーブルの上にちょっと出して,そして傾けるのです。
お見事!

その帰りに,チェルシーホテルによりました。
b0069951_1311787.jpg

随分昔に音連れたことのあるホテルですが,可成り有名な所。
状況劇場の唐さん、李さんがニューヨークに来ると泊まっていました。
b0069951_1312599.jpg

おそらくこのロビーにかかっているのはこのホテルと関わりのあるアーティストの作品だと思います。昔よりも明るくなって綺麗です。
b0069951_13122149.jpg

かの昔,セックスピストルズのシィドが自殺したという事で有名にもなりました。
b0069951_13124028.jpg

ホテルとしてもファンクションしているのと,ここに住んでいるアーティストもいるはず。
b0069951_1313189.jpg

公衆電話もこの通りだし,やはり凄い所です。
b0069951_13131663.jpg

続く・・・



ジョセフ・キャンベルは超が付くほど有名な人。
松岡正剛の千夜千冊というオンラインのページを見ると分かるのですが神話を分析して,それをあのジョージ・ルーカスが、大学でキャンベルの授業をうけて大いに感動し、その英雄伝説の基本構造を『スター・ウォーズ』3部作にそっくり適用して大成功を収めたという話は有名だ。

私がジーンの所で踊っていた時,まだ25、6歳だった私。
ジーンの公演のときは必ずジョーがきていて、そして色々感想を行ったり,ダンサーに話をしたりしていた。私にとってもジーンのダンナさんのジョーでしかなった。あるとき,公演が終わった後にジーンのアパートでパーティーというかダンサーを呼んで食事という事があった。このアパートが又私の知り合いが住んでいるアパートで,という事も会って,ジョーと話をしていた。アパートには沢山の本棚,本で埋め尽くされていた。圧倒されるほど。

で、
私「ジョー,凄く沢山本があるねぇ〜〜。ジョーはなにをする人なの???」と
ジョー「僕は物書き」
私「ドおりで沢山本があるわけだ〜〜ふ〜〜ん」

そしてその数年後,ジョーがなくなり,お悔やみのカードをジーンに送った。グラハムの公演、ニューヨークに居れば必ず見に来てくれて,色々教えてくれました。

その数年後
マーサ「今日はリハーサル(2−6、8−10時のリハーサルスケジュールだったのでこの時は夜の方の)をなしにするから,みな帰って夜8時から,チャンネル13PBS(日本で言うNHK)を見なさい!」

もちろんそうそうに帰って来て、テレビをつけた。
テレビの画面には私の知っているジョーがいる。
わたし「ハレッ???????」

この時ほどのショックはなかったです。
私の知っている,いや知っていたジョーはmiracle of mythや神話論,そして神話を分析して1980年代のニューヨーク、アメリカ,世界をわかせたジョーだったとは・・・
無知な私は「なにをしているの?」もの書きと聞いてふ〜〜んだと。
いったい何処に目を付けていたのか・・・

と,このような話,私にはいくつかあって,作曲家のモートン・フェルドマンとはふとっちょのおじさんで、作曲家とは知っていたけれど,ノンベーの,便底眼鏡のおじさんでしたし、ファッションデザイナーのイザック・ミズラヒにも「あなたはなにをする人なの」とエジンバラのフェスティバルであった時に聞いて「僕は洋服や,衣装のデザインをするんだよ」で私「それは凄い!!頑張ってね!」
だと・・・まったくねぇ〜〜

どうもすみません・・・
[PR]
by miki3lotus | 2010-05-14 13:16 | 日常 | Comments(0)
<< Sears サンフランシスコ >>