新作制作中  

Martha Clarkeというディレクター・振付師が今Martha Graham Dance Company にて新作制作中。11人(男性5人、女性6人)のダンサーを選び、6月にワークショップをした。
このワークショップではスペインの画家、ゴヤのエッチングの本を何冊か持ってきて、その中からダンサーが自分のキャラクターをピックアップしてそこからいろいろな動きを探り出していった。ソロだったり、デュエット、トリオ、そしてだんだん増えて最後は11人。もちろん本の中の状況をそのまま動きにしたものから、雰囲気だけを残して全く別なものを作り出したり。
私は一番はじめの日にみた老女がスリーピングボンネットのようなものをかぶって鏡を見ている物が未だ持って頭から離れず、これをどうにか出来ないものか・・・と今も思考中。
この作品は来年4月のニューヨーク公演の時にWorld Premiereになるので、その時にゆっくり書くとして。
b0069951_23514614.jpg
この写真は、衣装係の人が、この作品のイメージの衣装を何枚か借りてきてのリハーサルをするところ。どうもビクトリアンの時代のような感じが見て取れると思うが、衣装を着たことで、今までの動きも違って見える。そこから又新しい動きの発見などあり、今も新しいデュエットや、グループの踊りがでているので、これが一つの作品になっていく過程はどうなるのだろうか、楽しみだ。

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-22 23:57 | 日常
<< Phoenix Garden すごく寒い! >>