グラハムカンパニーのニューヨーク公演のお知らせ

b0069951_51186.jpg

この3月15日から20日までグラハムカンパニーのニューヨーク公演がタイムワーナービルの中にあるローズ劇場にてあります。この劇場で踊るのは初めての事です。いつまで踊る事が出来るのかは分かりませんが,毎回の公演,これで最後と思いつつ踊っております。
今回の公演では,ノグチプログラムというのがあり,イサム•ノグチとのコラボレーションの作品,ロバート・ウィルソンの作品(15年前に創作した作品のリバイバル),そして2005年に踊りました「Deaths and Entrances」を15分ほど短くした物を踊ります。
時間がありましたら,ぜひ観にいらして下さい。
下記は私の踊る予定と作品内容です。

ではローズ劇場にてお会いできる事を楽しみにしております!!
まだまだ寒くなったり暖かくなったりと不安定な季節なので,ご自愛くださいませ!


************************************************************

Martha Graham Dance Company at Rose Theater

3月15日(火)7PMSnow On the Mesa ( Robert Wilson 1995)
3月16日(水)7:30PMDeaths and Entrances (Graham 1943)
3月17日(木)8PMCave of the Heart (Graham/Noguchi 1947)
(An official event of Carnegie Hall’s Japan/NYC Festival)
3月18日(金)8PMSnow on the Mesa
Maple Leaf Rag( Graham 1990)
3月19日(土)2PMAppalachian Spring (Graham/Noguchi 1944)
3月19日(土)8PMDeaths Entrances
3月20日(日)3PMEmbattled Garden ( Graham/ Noguchi 1958)
Snow on the Mesa
(An official event of Carnegie Hall’s Japan/NYC Festival)

Snow on the Mesa:
ウィルソンの作品は私ともう一人のダンサーが15年前の初演時に出演しておりました。15年経ち,再度この作品に触れられ,嬉しいです。ウィルソンは日本の能に大変影響を受け,彼の舞台作品はビジュアル的にもとても素晴らしい物です。15年前,可成り悩んでいた私にこの作品は「踊りを続けて行こう」という気持ちにさせてくれた作品です。

Deaths and Entrances:
ボロンテ姉妹と,グラハム自身の兄弟間の反映,彼女の本音と建前(とでも呼ぶのでしょうか?)を表現した作品です。2005年にシティーセンターにて2度踊るチャンスがありました。45分と長い作品でしたが,素晴らしい作品です。今回はこの作品をエディティングして15分ほど短くした物を踊ります。短くなり,どのように作品の流れ,ストーリー,テーマを続けて行くかが最大の課題です。今のジェネレーション,45分もの長い間座って踊りをみるのは大変だという事で今回エディティングしたのですが,私としてはとても残念です。しかし,ダンサーとしては大変な作品で,満足感もあります。2005年のときとでは私もだいぶ違う踊りをしていると思います。

Cave of the Heart:
王女メディアのはなしで,メディアを踊ります。これはメディアが自分の家族を裏切ってまでジェイソン(日本語ではイアソン)を助けて来たのに,その夫に裏切られ国を追放される事になり,その復習の為におっとの新しい花嫁とその父,そして自分の子供達でさえ殺してしまうという有名なはなしです。グラハムはそのメディアの女性である部分を踊りにしました。
今回の公演では私は一度しかこれを踊りませんが,踊りがいのある作品なので,ぜひみて頂きたいです。

Maple Leaf Rag:
これはグラハム最後の作品です。1990年にある作品を創作中,どうしても前に進む事が出来なかったマーサ。ちょうどチャールストンに公演で行った時にあちらのプランテーションの地主宅の庭にあったジャグリンボードをみて思わず一つ購入。その後すぐに新作の捜索を始め,この作品はあっという間に仕上がってしまいました。彼女が自分の事,作品をパロディー化した物です。

Appalachian Spring:
イサム•ノグチのミニマムなセット,アーロン•コープランドの曲,そしてグラハムの踊りで大変有名な作品です。彼女自身が結婚をまじかに色々悩んだ事が反映されている作品です。多分に楽しい踊りととられますが,結婚をするという事で,幸せ,悩み,災い,などを想像しという作品で女性の気持ちのアップ&ダウンを踊りにした物です。

Embattled Garden:
アダムとイブのはなしを少しひねった作品です。イブを踊りますが,このパートは私のメンターであるユリコ先生が初演、グラハムが彼女の為に作った作品です。イサム•ノグチのセットは色の使い方,そして曲と動きにはスパニッシュを思い浮かべさせるものがあります。私はこの作品をユリコ先生から直接習い,今この作品は次の世代のダンサーに振り渡しをしている所です。17日のノグチプログラムでは私がコーチをしているダンサー達が踊ります。なかなか頑張って踊っているダンサー達です!


チケットは初日以外はこちらで購入できるそうです。初日は直接劇場での購入になるのだと思います。カンパニーに方に聞いておりますので,もし興味がありましたら,お知らせください。
https://tickets.jalc.org/ticketing/show_events_list.asp
[PR]
by miki3lotus | 2011-02-25 05:02 | ダンス
<< Southern Califo... 挑戦 >>