今日はプリンストンにて公演

ニュージャージーはプリンストン、ここはマンハッタンから車で1時間半の所。小綺麗なこの街には有名なプリンストン大学がある。あいにくカメラを持っていなかったので、写真は撮れなかったが、今日はこのプリンストンにて公演だった。
87年か88年に来た覚えがある。先日の雪はまだ沢山残っている。もちろんマンハッタンでもまだかなり残っているから、当然と言えば当然だ。
で、公演はAppalachian Spring, Cave of the Heart,Deep Song,Satyric Festival Song,Lamentation,Diversion of Angels。私は一番はじめのアパラチアの春。
前に使っていたフロアー(バトルシップと呼ばれるリノリウム)から新しい物になったのは綺麗で良いのだが、前の時に使っていたバレエシューズがどうもうまくない。足が前に出ないと思ったら、廻る時に床に張り付いて足首から下はそのままで上は廻っている状態。リハーサルの時に途中で私がいつも履くぼろぼろのバレエシューズを持ってきてもらい履き替えて終了。仕方ないから公演もこの穴あきシューズでやることに。踊り始めて少したって、滑ることに気がついた!!!でももう遅い。舞台は始まっているし、床にくっつくよりも良いと思いこみ、忘れた振りをして踊りを続ける。まあ、無事に終わって良かったが、バレエダンサーはバレエシューズ、トゥシューズを履いて踊る時に松ヤニをつけるけど、私達は裸足がほとんど。シューズを履いたからと言って松ヤニは使えない。松ヤニを使った床で、裸足で踊るのはとてもいやなことだ!!まあ、時々あるけど・・・
観客はとてもポライトな感じ。日本でも公演の時も思ったが、御行儀がよいので、反応の返ってくる感じがちょっと違う。それでもすぐ近くに顔が見える舞台だった。

終わってからバスで帰ってきて、今はもう夜中1時。お風呂に入って寝ます。お休みなさい。
© 2005 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2005-01-29 14:46 | 日常 | Comments(0)
<< Flamenco Festiv... バグリジ・フォーマン・ダンス ... >>