懐かしい友達

昔一緒に踊っていた友達二人が結婚して今サン・ディエゴにすんでいる。パーム・スプリングからバスで2時間半ほどで到着、そして夕方迎えに来てもらって食事をしにいった。

裏庭の写真を撮ってカメラをテーブルの上に置き忘れてしまった・・・明日もってきてくれると良いけど・・・
この裏庭、なんと枇杷の木が5本も。まだ植えたから7年ぐらいというけれど葉っぱもたくさんついて、実もなっている。5月には美味しい枇杷が出来るだろう!葉っぱから、実から、そして種からいろいろなことに役立てるという話をしたら驚いていた。実を食べるだけだと思っていたらしい。大きな木になる事は知っていたようだが・・・今度葉っぱを送ってもらおうと思う!!

昔話で時間があっという間にすぎて、ホテルまで送ってもらったが、一緒に踊っていた頃の話、ツアー先での話、思い出して懐かしいやら、ちょっと年を取った気がした(そうなのだが)
彼らの二人はブロンド・ブルーアイ、そしてその子供達ももちろんブロンド・ブルーアイ。私が知っている中の一番のハンサム・美女のカップル。私も子供が出来たらブロンドで・・・と昔思ったことがあるが、それははっきり言って不可能。スティーブンは昔茶色のカール(いまはてっぺんの薄いのがだんだん広がってほとんど3部刈り、2部の時も)、昔のパートリッジファミリーそのままのティーンエイジの写真をみると、もしかすると黒い髪の毛で少しカールのある子供が産まれるだろう事を期待して・・・
[PR]
by miki3lotus | 2005-03-11 16:39 | 日常
<< ジュリアス・シーザー From the Air >>