ジュリアス・シーザー

行ってきました。ジュリアス・シーザー。
4月3日にオープンする前のプレビューなのに、かなり満員。さすがにデンゼル・ワシントンが出演していると言うことで、かなりのファン。
ダニエル・サリバンの演出のこのシェイクスピアーはかなりコンテンポラリーになってはいるものの、シェイクスピアーの言葉は代えておらず、誠実にやっている。
b0069951_075619.jpg
劇場にはいると舞台前の幕(緞帳)が上げっていて、ボスニアを思い起こさせるようなセットではじまる。後ろに見える壊れた岩壁は、所々影が顔のように見えて、どきっとさせられる。中央右のドアのような物も、かなり動くので、舞台の設定が色々変化して面白い。
シーザー役のウイリアム・サドラー、キャシアス役のコルム・フィオレ。この二人は抜群に、そして楽に演じている感じがした。もちろんこのお二人とは、リハーサル場にてよく顔を合わせたので、私の素朴な質問に面倒がらず答えてもらったので、感謝!
b0069951_0183099.jpg
間が会わなくて、最後の挨拶の半ばの写真。
公演終了後、ステージドアには、ファンで混雑していて、警官も何人か待機。でてきたデンゼルはすぐに車に入らず、ちゃんとサインをしたり、一緒に写真を撮ったり。

公演後、劇場近くのカフェにて何人かの役者さん達とワインを一杯。いっぱいだったのか、いっぱいだったのかわからないが・・・
[PR]
by miki3lotus | 2005-03-18 00:23 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(14)
Commented by 雅子 at 2005-03-18 01:40 x
あら~! ミキさんはシーザーを見にいってらっしゃったのね~。 これも面白そうですね~。 どうしたか、だんぜるさんの舞台演技は? 映画と違って、難しかったりするんだろうな~と、想像しております。 あ、今度「欲望というの名の電車」が、ナターシャ・リチャードソンとじょん・C・ライリー主演で始まりますね~。 35%オフのオファーがあって、行こうかどうか迷ってるところです。 はぁ。。。 このシーザーも、みたいにゃぁ。
Commented by momo at 2005-03-18 06:51 x
ツアー中の様子を楽しく読ませてもらいました!
NYはまだ寒いのでしょうか?もしNYに行くことがあったら(行ったことがないのです)、言葉が分からなくても舞台を観にいきたいです。
Commented by miki3lotus at 2005-03-18 12:08
*雅子様
そうなのです、せっかく知り合いになった俳優さん達なので、見に行きました。私のお気に入りは、これまた一番よく話をしたコルム・フィオレさんとウイリアム・サドラーさんでした。
デンゼルは若い頃、舞台をやっていたようです。で、シェイクスピアーは独特な言葉使いをするので、それに関してはあまりアティキュウレートされていなかったように思います。(これはなんと訳して良いのでしょうか?)でも体もでかく、かっこは良かったです。特にアクト2の兵士の格好は。でもこれは外人(アメリカに住んでいてまだこの言葉を使ってしまいますが)なら結構誰でも似合って見えますので、他の人も結構格好良かったです。はい。
サビオンは残念でしたが・・・「欲望・・・」は観たいです。ジョン・C・ライリーは面白い役者さんですよね。映画のシカゴでも良かったです。3月26日からプレビューが始まるのかな???シーザーはプレビューでも$101.25と高かったです。
Commented by miki3lotus at 2005-03-18 12:10
*momoさま 
NYでは言葉なんかわからなくとも是非舞台を沢山観てください。言葉がわからなくともわからせてくれるのが、良い舞台です。声のトーン、体からでてくる雰囲気、全部がよいと、花丸です。
ツアーは時と場合によって楽しい時とそうでない時が・・・でもだいたいは楽しんでおります。
Commented by saho1971 at 2005-03-18 23:17
おぉ~~、見に行かれたんですね!!
デンゼルを生舞台で見られるってことが、それだけでうらやましいです。
Commented by miki3lotus at 2005-03-19 00:57
*サホ様
ふふふふふ。そうですね。デンゼルは若い頃よりも今の方が私は好きです。彼の普段の選役をみると、良い人というイメージがありますが、映画「トレーニングデイズ」のように最後にひっくり返す物も良かったです。予期していなかったので、よけいに、それとこちらではこの映画を観てショックで、ファンの中にはかなりの反応があったそうです。悪役のデンゼルはみたくないと。
今回のブルータスは親友を裏切る役。そのどうして良いかわからない切ない感じ、彼の「良い人」らしさがとても良かったです。
Commented by ma_cocotte at 2005-03-19 01:51
舞台の感じが新大久保のグローブ座を思い出します。
最近流行の衣装現代版だけど原本に忠実な舞台ですね。毎年7月エクサンプロヴァンスで開かれる音楽フェスティバルのオペラ劇もこのタイプが増えてきました。私はやっぱり時代設定も忠実なタイプが好きです。
だからロミジュリもやっぱりデカプリオよりオリヴィアハッセー版!
Commented by miki3lotus at 2005-03-19 02:00
*マココットさん
確かに。私もあのオリビア・ハッセーの美しいこと。かなり憧れました。確か彼女は布施明と結婚したはず。今もって継続しているのかしら???そうあって欲しいですが・・・
新大久保のグローブ座、懐かしいです。その当時日本にしては珍しい舞台設定の出来る劇場でしたから。舞台人にとって、前だけでなく、横にも(そして時たま後ろにも)観客がいるというは大変です。
ロンドンに行った時にもグローブ座、見てきました。舞台も、壁も何もかもが昔を再現しているそうで、壁や、床の土の中にはナッツの殻や貝殻、はたまた馬のxx等入っているようなことでした。そこまでしなくとも・・と思いましたが、でも歴史です。
Commented by saho1971 at 2005-03-19 04:48
「トレーニングデイズ」、良かったですよね。私はあの役の彼も好きでした。
ロンドンのグローブ座、懐かしいです。
実はあそこでちゃんとしたシェイクスピアは見たことがなくて、野村萬斎さんの「間違いの狂言」を見ました。すごく面白ろかったです。うちの彼も「ややこしや~」って、覚えてしまっています。
夏の間しか舞台をやっていないので、そのうち見に行こうなんて思っていたらいつのまにか引っ越すことになってしまって・・・。(笑)
Commented by miki3lotus at 2005-03-19 09:13
*サホ様
そうですね。体格の良いデンゼルだけでなく、悪役も。
萬斎さんの「間違いの狂言」は見たことはありませんが、話にはよく聞きます。面白そうなので、機会があったらと思っていますが、なかなかこちらに来てくれなくて・・・
Commented by wakana at 2005-03-25 16:10 x
久しぶりです!ここのブログはよく読ませてもらってますが・・・
いいな~デンゼルの舞台だなんて!共演の役者さん知らなかったので
さそっくビデオでチェックしちゃいましたよ。しかし私には「CHICAGO」
何にも感じなかったです。舞台で観られれば違ったかも。
今年は演劇づいています。来月はあの!美輪明宏氏の「黒蜥蜴」
6月は大滝さんと菜穂の旦那さんとの親子コラボの芝居に行きまーす!
その間に韓国ミュージカルも行きたいんだが多分チケットないね。
それよりもN・Yに行きたいよ~~
Commented by miki3lotus at 2005-03-25 23:19
*わかな!!!
おひさしぶり!
フフフ、デンゼル、良かったです。でもデンゼルよりもコルム・フィオレとウィリアム・サドラーの二人が抜群でした。ビルにはその後メイルして、色々話をしていますが、面白い人です。
でも三輪明宏、見たいわ〜〜そういえば菜穂からその芝居のことはメイルが来ていましたが、二人芝居???どんな舞台なのですか?楽しみ。
で、何、その韓国ミュージカルとは???え???ハングルでやるの?
Commented by wakana at 2005-03-28 00:41 x
何かい?サドラー氏とメル友になっているのかい?さすが美樹。
一体彼っていくつなの?中々いい味出してましたね。
大滝さんの芝居は別役 実で初めて挑戦するそうです。
民藝プロヂュースでありながら円の演出家と役者出演で珍しい
コラボです。話もおもしろそうですよ。
韓国ミュージカルやっぱりハングルでやるでしょう。
ダンス、演劇も盛んなだけあり層も厚くグレードたかそうですぜ。
Commented by miki3lotus at 2005-03-28 02:04
*わかな
メル友でしょうか?いくつか私の「素朴な質問」に答えてもらって・・・面白い人です。スティーブンも気に入っています。公演後の一杯も他の役者さん(この人はあまり良くなかったのですが)舞台離れた所で会うと面白い。
そうか、劇団円と民芸のコラボ。見たいですね。いつ???
ハングルは私の耳には余りよい響きではないのですが・・・ミュージカルになるとどう聞こえるのか不思議な感じですね。
<< 私の畑 懐かしい友達 >>