OCTOBER 10月

I was busy and still busy this October... it is a great thing. I am not complain!!!
この10月はとてもいそがしかったです。と未だ進行中ですが・・・

---October 11---
I have been working with Tanroh Ishida who became the artistic director of Theatre of Yugen.
Tanroh is an actor who studied both Eastern and Western acting.
Especially in Eastern acting of traditional Japanese Theatre.

この夏からシアターオブ幽玄の芸術監督になった石田淡郎さんとプロジェクトを始めました。彼はお能と狂言を子供のときから野村万作さんと石田幸雄さん(お父様)というマスターからこの伝統芸能を習ってきましたが、若い時に西洋の演劇に興味を持ち外にでました。ロンドンにある有名なギルトホールという演劇学校に、日本人として初めて入学したほどです。今は、映画、テレビと活躍再ている有能な役者さんです。

After became the artistci director of Theatre of Yugen, this is his first production.
Tanroh and I exchanged our trainining background and created 14 mins work.
"Gen. Hagan and his Benjamin" which will be completed in May/June 2015.
This part one was a mixture of theater and dance. Of course my part was dancing.
今回のプロジェクトでは彼の今までのトレーニングと私のトレーニングをエクスチェンジしてそしてそこから何が出てくるのか、という所にとても面白みがあります。そして始めの2週間はお互いを知る為のワークショップ、そしてその後作品を作り始め、最終的に14分弱のものが出来ました。サンフランシスコではこのパート1をやりました。パート2、3と続くのですが、最終的には来年、2015年の5/6月にサンフランシスコにて全部やります!!


I danced "Shirabyoushi" Shizuka Gozen - Yoshitsune's lover.
私は静御前の白拍子

We rehearsed in New York for about two weeks, first week was mostly exchanging training workshop,
then started to choreographe. Tanroh gave me some idea and I digest it to make it my own.
It was very interesting process. SP helped us too!
We rehearsed in the studio at The Hartt School Dance Division.

I LOVE IT!
Teaser for this Part 1

これはトレーラーのような。。。観てください!

We had few open rehearsals, had our close friends came to advise us. That was great!
ニューヨークでの最終リハーサルでは近しい友達(舞台関係の)に来て貰って、色々アドバイスももらいました。

Then I went to San Francisco. We stayed in Sausalito, on the hill over looking ocean/bay.
We took ferry to SF and few days, it was very foggy...
そしていざ、サンフランシスコへ!
前の週までは可成り暑かったそうですが、到着したら、霧・・・
そして、ちょっと寒い・・・
b0069951_06142706.jpg
Next day was still foggy...
ゴールデンゲートブリッジは霧で隠れて・・・

b0069951_06164333.jpg


I have to visit our friend PAUL CANALES at his restaurnat "DUENDE" in Oakland.
Yuriko Doi, founder of Theatre of Yugen and Tanroh and I visited his place.
Oh we ate!!!
サンフランシスコに行ったなら、絶対ポールの所へ!!!DUENDE という、このレストランはオークランドですが、バートという電車ですぐです。もの凄く美味しく、沢山食べ過ぎ。。。またもや。。。
b0069951_06154552.jpg

There is a picture on FACEBOOK from performance at Yerba Buena Nights Festival.
SInce I was dancing, could not take pictures.... but
写真はありませんが、イェルバブエナナイトフェスティバルにてパフォーマンス。とても良かったです。

on the day that I was leaving, beautiful morning from Sausalito.
We had our breakfast out on the balcony!
帰る日の朝には霧もなく、素晴らしい天気!

b0069951_06171232.jpg
over looking SF.
サウサリトからサンフランシスコが、くっきり

---October 15---
Back to NY, my dear friend Mucuy was staying with us at our apt.
She retired from dancing about 5 years ago but Lar Labovitch asked her to come back to dance his new work.
I said " You have to do it! If you don't, you will regret.
So she stayed with us!!!

マクイという友達は「王様と私」で一緒だった友達。彼女は5年ほど前に踊りをやめたのだけれど、今回ラー・ルボビッチから「このシーズン踊ってくれないか」と頼まれて私に相談してきたのでした。私は即「やった方がいい!出来る今、やらなければ、後悔するから」という事で、やる事になった。そしてリハーサルが6週間に渡りある為、少しばかり私達のルームメイトに。


I visited her run through rehearsal. And of courseI have to see the opening! So I went.
It was a great evening. I even went to Gala!!!
通し稽古を観に行ったり、そしてもちろんオープニングにも!ガラパーティーにも参加しました。
b0069951_06193114.jpg
from L to R, Keiko, me, Maxine and Mucuy
衣装の慶子、舞台監督のマキシン、そしてマクイと
b0069951_06201246.jpg
from L to R: Chanel, Lar, Keiko, me( bottom), Reed with glasses and Mucuy on red
シャネル、ラー、慶子、リード、マクイと

Lar Luvbovitch is a choreographer, his compnay had 40th anniversay last year at The Joyce Theater.
He is the first genenration from the Juilliard School who studies Ballet, Graham, Limon and choreography.
Like Pina Baush Lar was there!!! and I realy believed the way he mix his training to choreograph,
what we called "CONTEMPORARY DANCE" started with his generation. His work is beautiful.

昨年40周年を迎えたラーのカンパニー。ジュリーアードにいった彼の世代のダンサー、振り付け師はバレエ、リモン、グラハムと踊りの大切な基本を習い、それを自分なりに消化してオリジナルな自分の踊りを作った。私に言わせると今皆が使っているコンテンポラリーダンスというのはこの世代の人が作ったと思う。ピナもキリアンもジュリアードの時にバレエもモダンもちゃんと勉強してる。彼の踊りの動きの質が迚も綺麗で、あらゆる曲線の動きが素晴らしい。
私が若い頃、入りたいと思った唯一のカンパニーはラーの所でした。。。夏期講習とかもとったりしていました。ただ彼のカンパニーを観ると彼の好きなダンサーの体つき、ラインというのがあり、やはり私の体つき、ラインとは少しちがう・・・まだまだ若いダンサーだったので、その辺が分からずにいましたが、今考えるとやはりグラハムで良かったのかと・・・

This season at the Joyce, he presented two works.
"Artemis" and "Black Rose" both are story/theme ballet. His way of movement is so wonderful
that his company was one company that I wanted to dance.
I even took Summer Intensive at NYU Tisch school... but then, I got so much ito Graham..well it was good too.

At the Gala, sitting with my friend Mucuy
Maxine who is the stage manager( she stage manage my "RESONANCE" too and she has been stage managing about 50 years!
My fist professional dance job was with Elisa Monte at Jacob's Pillow and she was there too!!!
And Keiko, who is the costume superviser, and she helps me to make my costume sometimes!!!
So we were sitting togehter and had a really great time.

このシーズンには「アルテミス」と「黒薔薇」を。両方とも、物語のある作品。「アルテミス」にはアレッサンドラ•フェリがアルテミスを踊りました。彼女もABTとリタイアして後、初めてのポアントの仕事。綺麗な足はそのまま。。。

ガラのパーティーで一緒に座っていたマキシンはとても有名な舞台監督。彼女はティーンエージャーの時にJacob's Pillowにて舞台監督の勉強を始め、その後ニューヨークにあるダンスカンパニー、大小ほとんどのカンパニーの舞台監督をしている!!!私の、初めてのちゃんとしたプロフェッショナルの仕事はエリサ・モンテの所でしたが、その時に彼女に知り合い、5月の私の公演”RESONANCE"では彼女に舞台監督をやってもらいました。
慶子はグラハムの衣装をやって知り合ったのですが、彼女も又色々やっている人。書ききれないので、そのうちに。。。衣装のデザインもするし、ワードローブも。。。それにしても豊満な女性の体系の彼女はパーティードレスを着るとはえる!!!


--October 20--
I received The Bessies on 2010. and this year makes the Bessie's 30 year anniversary.
(the NY Dance and Performance Awards)

ニューヨークのベッシィー賞、今年は30年目。
2010年に賞をいただいて、その時はツアー中だったので、授賞式には行かれずに残念でした。SPが代わりにもらってくれました。
この賞は、映画界のアカデミー、ブロードウエイのトニー、音楽のグラミーのようなのですが、もちろん営利を目的とした映画、ブロードウエイと比べると可成り小さいですが、それでもダンスをやっている私達にすると大きな賞です。数年前からハーレムにあるThe Apollo Theaterアポロ劇場にてこの会が開かれます。
b0069951_11075604.jpg
from back stage, this is what you see from the stage of Apollo
これはステージから観た観客席。アポロ劇場に立つとこのように見えるのです。

b0069951_11245301.jpg
sorry I can not make side way...
レッドカーペットというやつで、なぜか写真が横にならない!!!
(ドレスはM.Yoko)

I was one of presentor.
I presented Outstanding Performer: Linda Celestes-Sims from Alvin Ailey American Dance Theatre
and Outstanding Production:DESH by Akram Kahn
CONGRATULATIONS!!

そして今回、初めてプレゼンターをしました。サタデイナイトライブにてサックスを吹いているレニー・ピケットさんと一緒に。私はアウトスタンディングパフォーマーとアウトスタンディングプロダクションを手渡しました。
リンダ・セレテテーシムズはエイリーのカンパニーのダンサーで、とても素敵なダンサー、そしてアクラム・カンのDESHは私もSPと観に行きましたが、素晴らしい作品でしたので、嬉しかったです!
おめでとうございます!!!


I have never done this and that was fun!!!
Be on the prestageous Apollo Theatre stage, this is the place so many artist dance/sing and act. Amature Night and more...


Sumie-san and Senri-san came with me, their being made me confident!!!
b0069951_11115581.jpg
澄江さんと千里さんに来て頂いて嬉しかったです!
this one too...
b0069951_11302749.jpg
from L to R: Sumie, me, Wendy and Senri
澄江さん、私、ウエンディー、そして千里さん

ウエンディーはニューヨークシティーバレエのダンサーを30年近くして、先週カンパニーをリタイアーしたのです。最後の公演日は2000人以上はいる劇場が売り切れ!今はバレエにとどまらず、他の踊りもやり、裸足でも踊ります。
来月ニューヨークのアプステートにあるKaatsbaanという所に行きガラ公演(11月15日)がありますが、そこでも彼女は裸足で踊るそう。私はもちろん裸足です。

There are many dancers and dance related people. I remember seeing their faces but could not remember names...
Sorry everybody...
It was very interesting to see so many people that I do not know.
I was talkind to Meagan Williams who used to dance at Mark Morris Dance Compay.
Since I spent many years in one company, and the company that I dance doesn't really cross path with other companies.
We know each other by names form papers or reviews.

沢山のダンサー、ダンス関係者が集まった会ですが、ほとんど知らない顔ばかり・・・何所かで見かけたような顔も沢山でしたが、元マーク・モリスの所で踊っていたメガンと話をしていたのですが、カンパニーに入って踊っているとお休みの時に色々観に行く以外、そして自分のクラス(カンパニークラスがあったら全くカンパニー漬け)以外にクロスする所がない!よって知らない人ばかり。。。こんなにダンスをやっている人がいるのだなぁ〜と実感しました。そしてその中でこの賞を頂けたという事も、感謝です。

Meagan danced Morris' "BIJOUX" and it was lovely seeing her dance!!!
and dance was cute with many small pieces with subjects.

I met Jessie Norman, Virginia Johnson, Annie B Parson, Wendy Whelan, Robert Battle, Lenny Pickett, John Jaspers...
I tried to remember who I said hello... it was hard..

--October 22--

Opening night for "On Your Toes", the production of The Hartt School - Dance, Music and Theater Division collaboration.
It was wonderful!!!

ハートフォード大学の中にあるハートスクールは演劇、音楽,ダンスと入っているコンサーバトリーです。この週末はこ三つの学科がコラボレーションをして、「オンユアトウズ」というミュージカルをやりました。
これが素晴らしかったです。音楽科のオーケストラ、演劇科とダンス科のコラボレーション、ジャズ、タップそしてバレエの合作。演劇かのディレクターのアランは14年間、ずっとこの機会を待っていたそう。私も1983年にブロードウエイにて、ナタリア・マカロバで観ましたが、難しいと思いました。
今ハートスクールのダンス科がトップレベルになってきているという事もあり、可能になり、それが素晴らしい舞台と繋がりました。

b0069951_11351375.jpg
From L to R
Alan: Theater Division Director
SP: Dance Division Director
Ralph: Dance Directo at Theater Division and Faculty in Dance

Orchestra, tap dancing, Jazz dancing, acting and BALLET! all togehter in this production.
The lead "Russian Ballerina" was a second year dacne student.

WOW
b0069951_11351544.jpg
from L to R: SP, Victoria and Ralph

I saw this musical in 1983 on Broadway with Natalia Makarova.
Oh well, she IS the Russain Ballerina and it was about Ballet Russe, and George Ballanchine choreographed orignal musical.

On this production, SP choreographed Ballet section, and Ralph Choregraphed Jazz/Tap section
and both of them choreographed together on mix section which was exciting!!!
Tap dancing and Ballet next each other, made me wanting to take Tap class again...

I took Tap classes when I was young.
I have a very small feet. So my Tap shoes was kids shoes with ribbons.
If I want to get a heel then it has to be a special order. I didn't have money to buy this kind of special order.
So I had my ribbon shoes. that actually discouraged me a bit... but I learn up to "Time Step".
Oh~~~ Well, I still love ot learn how to tap...

May be take Ralph's tap class.

若い時にタップのクラスを取っていましたが、足が小さいため私の靴は子供用のリボンのついたやつ。ヒールのあるシューズは特注になるので、高いので、変えませんでした。よって、タップをよしたのですが、これを観て、又やりたいと思いました。。。朝一のクラス、ラルフがタップ教えているので、とるかなぁ〜〜〜

--October 23--
Martha Graham Scholarship Luncheon
I was getting honored by Graham Center at this luncheon.
Graham II ( it used to be called Graham Ensemble when I was young) danced two works by Martha, and then Lunch.

マーサ・グラハムの学校の昼食会でした。今回は私と外科医のDr.ローズが奨励される事になりました。ありがとうございます、そしてDr.ローズ、おめでとう!!!
b0069951_11351697.jpg
Sorry again...
from L to R, Dr. Rose, Lee and me

Dr.ローズ、グラハムの元理事のリー、そして私

I was introdcued by such a beautiful person who has so much knowledge and great eyes, Lee Traub.
She was the chairman of the board at the Graham Company when I joined the company.
She loves Martha and Martha loved her too!
Lee has such a great eyes. She loves dancing and so you know!

She has seen my entire career at the Graham.
As a chorus, a soloist and the principal. I did not retire from the company but I am not there much.

私がカンパニーに入った時に理事長をしていたリーは私のグラハム人生の始めからずっとみてくれている方です。彼女は若い頃、マーサのクラスをとり、踊りの事が大好き。その目の肥えた彼女から紹介されて奨励された事はとても光栄です。


One of the board member, Judith Schlosse bought a table for me so I can invite people that I like to have at my table.
Many many people that I really want to have, but it was quite a last mins, a lot of them alreaday had engagement...
but i had few dear friends!
Maxine Glorsky, Mariko Sanjo, Mari Ono, Senri, Wu PIng and SP.

Maxine and Mariko re-met after so many years! When Mariko danced with Alvin Ailey, went to Jacob's Pillow,
they met. that was 1965!!!
wow...
Maxine is always encouragingg me to go forward
Mariko told me few tip, so i followed and called my parents every year to say " Please let me stay one more year" and I am still here!
When I was a student, I helped at the reception of "Music from Japan" that Mari and Mari's husband, Naoki Miura started.
Mari was also a dancer, at Lar Lubovitch!!!
I didn't see her dance since the year I came she already left... but i heard she was gorgeous.
Music from Japan had a reception and that is where I met David Chase.
David is the one told me about Peggy Lyman and Peter Spalring 's workshop at Kazuko's Sutdio.
So it was 1981, after my scholarship ended at the Ailey school,
i was going home for good but I decided to take this workshop. then I am still here...
Senri-san and I met few years ago. We were born in the year of RAT.
He is an established artist in Japan, and he did pretty much everything that he can do.
But he had a dream, to become a jazz musician so he left Japan for New York.
He went to school, learn jazz at New School and now he is establishing himself as a great artist in Jazz Pianist.
He accompanied me at my solo concert "RESONANCE" and he composed music for me.
We have a very special connection, not just being RAT's mate!!!
I really want to take my "RESONANCE" to many places.. I want people to see it.

Wu Ping is a Pianist.
Ping and I are same...we are in transition. try to break our barrier of classical training. so we need to do something together!!!
She is a very intereteing woman.

グラハムの理事の一人ジュディーが私の為にテーブルを買ったからという事でお世話になった方を招待しました。マキシン、三条万里子先生、「ミュージックフロムジャパン」の小野真理(三浦真理)さん。そして千里さんとピアニストのピン。
それぞれにお世話になり、応援してくれて、そしてこれから又何かを始めていこうと思っている仲間です。

マキシンは前に書きましたが、マキシンと万里子先生は1965年にJacob's Pillowにてあっていて、さらにマキシンはその写真を持っている!!!すご〜〜い!
万里子先生は私が学生の頃に、帰国するかどうするか悩んでいた時、「お正月頃に、日本に電話をして、もう一年いさせてください!とお願いいなさい」との助言を頂き、毎年、これをやり、今に至っております。
真理さんのコンサートにてレセプションのお手伝いをした事で、デイビッドに会い、その彼からペギーとピーターのワークショップの事を聞き、帰国しようと思っていたときの夏に、これをとってから帰ろうと。そしてそのワークショップをとった事でニューヨークにいつく事を決心したので、マリさんに会わなければ・・・
千里さんはいわずと知れた千里さんです。説明はいらないでしょうけれど、同じ年で、あれだけ頑張っている千里さんを見ると頑張らなければとの意欲がわきます!
いつも元気をもらっております。
ピンは中国から来た、ピアニストで中国人。今はあまりコンサートをやらないそうですが、カーネギーホールとかでコンサートをやったりしていた女性。彼女と私、結構似ています。クラシックなトレーニングをずっとしている為、そこから抜け出られないという葛藤、二人でこれを打ち破ろうと今考え中です。


with me, Dr.Rose was getting honored by Graham Center too.
Dr. Rose is alway helping me and putting my body together, he even came to see my concert!!!
He is genuine!!
Congratulations to Dr. ROse!!!


Hew, this was a long one!!!
ふぅ〜〜〜長くなりました。。。



[PR]
by miki3lotus | 2014-10-27 22:58 | 日常
<< November 11月 Circle of Wind ... >>