the Gate again

ちょっと前にも載せたこの「ゲート」2月12日土曜日パート1でも載せたが、これはスティーブンの撮った写真。あるアーティストがこのゲートの横に、オレンジ色のクラッカーを並べてアートとして写真を撮った。そしてそのクラッカーを取って食べているこのリス。クラッカーと布が同じ色。とても可愛いので皆さんにも!
b0069951_12281851.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2005-03-29 12:29 | 日常 | Comments(18)
Commented by kattyan60 at 2005-03-29 17:43
文字の色を変える(”#EE0000これが色を決めるタグ)
<tb class="font2"><font color="#FF1493">文章</font>
前のfontの数字2を大きくすると大きくなります。
文章ってところに好きな文字を書きます。

栗鼠が可愛い、普通に見れるんですか?
色の表がありますから、[色見本]で検索してみてください。
Commented by miki3lotus at 2005-03-29 23:51
*かっちゃんさん
リスはセントラルパークを始め、パークと名の付く所には余るようにいます。ニューヨークのリスは日本リスよりも大きめですが、しっぽの大きいネズミとまで呼ばれているほどです。
文字の色を変えるの、やってみます。どうも有り難うございました。
Commented by saho1971 at 2005-03-30 00:53
ホントだ!同じ色ですね。リス、かわいいんだけど近づいてくると怖い・・・。
SATCでキャリーが「リスはねずみがかわいいファーを着ている・・・」って言っていたのを思い出しちゃいます。
Commented by tsukino-wa-guma at 2005-03-30 04:41
うわぁ、クリストの作品だったんだ〜。たしか学生時代に水戸(筑波だったかな)でアンブレラのプロジェクトがあり、ウチの学生もけっこうボランティアデ参加したそうです。わたすはあんまし(うそ、ほとんど)興味がなかったから、見に行きませんですた。なんせわたすはあんな絵を描いても印象派好き♪ わざわざ人工物で覆わなくてもいいぢゃない?と思ってしまいます。その他、タイトルと解説を読まなくてはならないアートも苦手です。
オレンジ色のクラッカーを頬張るリスくんの方がいいなぁ。
Commented by 雅子 at 2005-03-30 07:25 x
うううう。。。みきさ~~ん! ごめんなさい!!! オープン・リハーサル、いけなかったぁ~~~、やっぱり。 うるうる。 スタジオでのリハーサルを見学できる事なんて、一生に一度あるかないかなのにぃ~~~。 ぷるぷる。 あ、あまりの仕事の山に埋まれてしまっていて、携帯は鳴り止まないは、ファックスは流れっぱなしだわ、もうたすけて~~~~状態です。 はぁ。。。 次回は是非是非。。。

あ、で、ゲート。 家から徒歩5分なのに、行かなかった私。 あ、でもコロンバス・サークル通ったときに、セントラル・パークの入り口のゲートだけ、見ました。 にゃは。
Commented by miki3lotus at 2005-03-30 10:50 x
*サホ様
ニューヨークのネズミも、いやリスは場所によってもの凄く人になれていて怖いようです。人の手からえさをもらって食べているのを見ると、子供などは近づけたくない感じ。顔は可愛いけれど、どんな病気を持っているかもわからないし・・・ぶるぶる
Commented by miki3lotus at 2005-03-30 10:55 x
*ツキノワグマさん、
アンブレラ、かなり話題になりましたよね。アメリカと日本とでやったはずです。アートって本当に幅が広くて、え?これがアート?と思うものもかなりありますよね。考えさせられるものはよいけれど、沢山解説を読まなければわからないようなのはちょっと苦手です。私も。やはり見る人がどう思うかというのが現代アートなのだと思います。人それぞれ、好き嫌いがあるのだし・・・わざわざ説明してくれなくとも、そしてそうしないと解ってもらえないようでは、自身がないのかしら???と思ってしまうのは私だけかな??
Commented by miki3lotus at 2005-03-30 11:00 x
*雅子様!!!!
残念でしたね。でもまあ、私は対して踊らなかったので、よしとしましょう!!又次の機会にね。
仕事は大事ですから・・・
でもゲート見に行かなかったと???まあ、通りすがりで見えたぐらいでも見たことにゃ〜変わりないです。近いからかえって・・・ということもあるしね。今週は忙しいです。明日は朝のクラスを教えて、夜はジュリアードの公演を観に。もちろんリハーサルもあるのですが。木曜日と金曜日はホワイトプレーンズに行きます。土曜日はリハーサル。は〜〜〜いつになったらマッサージに行かれるのかしら・・・
Commented by tsukino-wa-guma at 2005-03-30 11:11
そう、ワケのわからないアート・・・。あの有名な“べんき”も分からないものの一つです。
ミキさん、リンクしちゃいますた!
たいへんそうな1週間ですねー。がんばって〜〜!!
Commented by kattyan60 at 2005-03-31 15:52
僕は馬鹿ですね〜
Notes from new york のNotesを電子辞書で調べたらおまへん。
通訳くんに打ち込んだら[ニューヨークからの覚え書き]と出て初めてNotesがノートだと解ったんです。笑って良いよ

Commented by miki3lotus at 2005-04-01 23:12
*ツキノワグマさん
変なペンキとは、ニューヨークいたずら書き=グラフィティーでしょうか?こちらに来た当時は地下鉄が凄かったですが、今は新しい地下鉄で、かかれたら、すぐに消せるような表面になっているようです。地下鉄の駅の構内には時々ですが、見かけます。ちょっと独特な文字とか、そういえば、キース・はーリングだこのグラフィティーアーティストとして有名でしたね。
Commented by miki3lotus at 2005-04-01 23:15
*かっちゃんさん
電子手帳、とても便利ですよね。私も一つ使っています。これで、辞書を引くことが少なくなりました。でも辞書を引いて覚えることもあるので、机に座っている時は出来るだけ辞書を使うようにしています。旅行の時とかはもちろん電子手帳。シャープのジニアス!!今はもっと凄いのがでているでしょうけど、これで充分。
私もこのての間違いで色々ありますから、人のことを笑えるような立場ではありませ〜〜〜〜ん!
Commented by kattyan60 at 2005-04-02 00:18
いえいえ、mikiさん、外国でお住まいの方々に敬意を表します。
言葉だけでなく、習慣、風習や表現の違い宗教観など多くの違いがあると思います。
そんな環境で夫婦の絆を築いていくってかなりの努力が必要だと想像します。
世辞でなく尊敬しています。
Commented by ツキノワグマ at 2005-04-02 01:07 x
キース・へリングは大好きです!! グラフィティアートはおもしろいものがいっぱいだと思う。でねPenkiじゃなくてBenki・・・ぷぷぷ〜! だれだったかなぁ。デュシャンだったかなぁ。まったく覚えていません・・・。ベンキがあるんですよ。ベンキ・・・。
Commented by miki3lotus at 2005-04-02 14:32
*かっちゃんさん
いやいやそういわれると、照れまする。
習慣、考え方の違いはかなりあり、それで口論になることが多々あります。うちは。でもそれはニューヨークという場所柄、人種のるつぼ=何でもありです。
Commented by miki3lotus at 2005-04-02 14:34
*ツキノワグマさん
そうか〜〜便器か。デュシャンかもしれない、可能性は大です。変なアーティスト沢山いるから・・・でも便器。ちょっと誰だったか知りたいです。
Commented by tsukino-wa-guma at 2005-04-02 21:01
やっぱりデュシャンですた。マルセル・デュシャン。
ウィキペディアにでてますた。作品名は『泉』。
読めばなるほどですが、わたすは見てそのまま嬉しいものが好きです。
でもびっくり! 当の『泉』は残っていないそうです。
Commented by miki3lotus at 2005-04-03 11:39
*ツキノワグマさん
「泉」残っていない??残念。
ベルギーの「小便小僧」を思い出しませんか?とても小さいのですが、あれだけ取り上げられている。でもおしっこしている姿が可愛いです。
こちらに来た当初、知り合いになるのはアーティストが多かったです。皆私には何を作っているのか???でしたが。
ツキノワグマさんは学校アート関係でしたか?クリストの作品にボランティア下人達もアートの学生?
<< Grand Central S... イースター >>