ニューヨークの町

劇場入りは日によって早かったり遅かったり。昼間のリハーサルの後ちょっとまわりをぶらぶら。City Centerのまわりには普段あまり行かないのでこの機会にパチパチっと。
b0069951_15584.jpg
ニューヨークに来る前に見た映画「愛と喝采の日」(Turning Point)ではこのカーネギーホールの横にこの家族が住んでいた。バリシニコフとレスリー・ブラウン。凄いなぁ〜〜なんて思ってこちらで踊りを始めた。
このカーネギーからちょっと北に向かうとセントラルパーク。南西の入り口のここは私の好きな場所。
b0069951_1983.jpg
天気が良かったので、皆この辺りでごろごろとしている。
この斜め前には タイム・ワーナーの大きなビルが出来た。今回は写真に撮らなかったが、ここはモールとも呼ばれ、いろいろなテンポ(本屋、洋服、鞄、時計、等々)が入っている。地下にはWhole Food というメガへするフードのお店も。ここでテイクアウトをしてセントラルパークにてお昼!という人もこれからは沢山いることであろう!
[PR]
by miki3lotus | 2005-04-15 01:14 | 日常 | Comments(4)
Commented by ma_cocotte at 2005-04-15 01:26
同じカッコウをした同じ外国人なのにアメリカとフランスだと醸し出す雰囲気が違うのは日光の強さの違いでしょうか?いつも不思議に思います。
アメリカってネオゴシックな彫刻が好きですよね。これも歴史コンプレックスのせいかしら。私にはよくわからないけれど欧州人はアメリカのこの点をよく取り上げますね。聞いていると面白いです。
Commented by みみ at 2005-04-15 01:44 x
みきさんって、いつからダンスを始めたんですか??
Commented by miki3lotus at 2005-04-15 13:51
*マココットさん
そうですよね、アメリカ人、どこか野暮ったい感じはヨーロッパの人とは違います。なぜなのかしら同じ外国人(西洋人)なのに・・・歴史コンプレックス、絶対あります。まあ、ホントに歴史のない国ですから仕方はないけれど、でもここは歴史のある国の人が集まった国なのに、ちょっと変ですよね。新しい国と言うイメージは除去できません。
Commented by miki3lotus at 2005-04-15 13:53
*みみさま
私、小さい時には何と日本舞踊をやっていました。母が、といったらよいかもしれませんが、自分からではなく。で、小学一年生の時にモダンダンスを始め、今に至っていると。でもやはり本格的にクラスをとってというのはニューヨークに来てからですから18の時ですかね。
<< ニューヨークのフランスパン Dance for Medicine >>