Itzhak Perlman at Virginia Arts Festival

イザック・パールマンと言えば泣く子も黙るバイオリニスト。
1945年にイスラエルで生まれ、テル・アビブの音楽アカデミーで勉強後、ニューヨークに来てジュリアード音楽学院にて勉強を続け、1964年には有名なLeventritt Competition(レヴェントゥリットコンコール)にて賞を取り一躍有名になる。それ以来、世界各国の有名なオーケストラとの共演はもちろん、リサイタル、フェスティバルにて活躍する。子供の頃に脊髄性小児麻痺(ポリオ)にかかり、体が不自由になる。それ故、彼のインタビューとか、スピーチはいつも体の不自由な人を力づけるものがある。
b0069951_1271898.jpg

この日の演目は
シャスタコビッチのFestive Overture,OP96
ダッフィーの The Time for Remembrance
ベートーベンの バイオリン協奏曲D Major,OP61
ヴァージニアシンフォニーと女声指揮者のジョアン・フォーレッタとの共演。
パールマンの美しい音色はまるで、細い糸が奏でるように繊細さと力強さが両立している。彼のバイオリンは他の人と同じ物かと思わせられるほど音が違う。技術でこうも音が変わって聞こえる物なのか???
そして風邪のはやっているこの時期、咳き込む観客もいたが、ある時、誰もが音一つたてない、いや、たてられないパールマンのソロがあり、パールマンは全員をも自分の袖の下に置いて操っているような時があった。これはいったい???彼はどういう魔法を持っているのだろうか?
踊りでも(つい踊りのことを考えてしまうが)みていて、咳するのも忘れてしまうことがある、これは目が焼き付けられているから、集中させられるから。
凄い物だ。
[PR]
by miki3lotus | 2005-05-13 12:18 | 舞台・劇場・芸術
<< な、な、な、な、なんと クライスラー美術館 >>