Juilliard Dance Division の二つの公演

ジュリアード音楽学院ダンス課のChoreographic Honors Edition 2005と卒業公演。

今年一年のうちに生徒の作った作品の良かった物を3日間にわたって公演する。小品からグループの作品まで全部で35以上の作品をやった。その中で目を引く作品、う〜んこれは今ひとつ、え???と言った物まで色々あるが、18歳から22歳までのヤングアダルトの考えていること、感じていることが素直に。そしてもちろん踊りにもファッションがあるので、その時々で、決まったタイプの動きが多かったりする。

私の好みとしては、体を十分に使った作品か、内容(言いたいことのある演劇要素)のある物。
今年は2年生の作品で、結婚式の祭壇に乗った二人をテーマにした作品「Left at the Altar」。コメディーチックな作品「L-O-V-E」。3年生のもので、チャールズ・ブコウスキーのHot, don't come aroudと言う語りを使った作品「Hot」。
スタジオか、ブラックボックスと呼ばれる劇場にてみた覚えのあるこれらの作品。この公演はジュリアードシアターという大きな劇場でやる。ステージのサイズがまず違う、観客との距離、観客数。これらの違いを乗り越えても、良い作品になるにはかなりの手直しが必要だ。近くで見ていた時にはよい作品も、離れてみた場合、作品全体が見えて良くない時もある、その反面、近くでみた時よりも大きな舞台に乗った方がよい作品もある。

そして卒業公演。
この公演は学生時代最後のステイトメントとして自分を表現する公演。作品もかなり有名な振付師の作品から、自作と色々あり、自分のダンサーとしてのショーオフ公演。この公演にはいろいろなカンパニーのディレクターが見に来て、スカウトしていくこともしばしばある。今年の卒業生、男性は全員仕事が決まっている。ヨーロッパの舞踊団、カナダの舞踊団、ニューヨークにある舞踊団と羨ましい限りだ。女性はなかなか大変。それでも数人は仕事が決まっているよう。

そして今日5月20日は卒業式。リンカーンセンターのアリスタリーホールにての式。先生も生徒も皆、あのガウンを着て四角い帽子をかぶるそうだ。このガウン、博士号、修士号、持っている証書によって色が違うそう。色をみて、あ、この人はドクターなのか、マスターとわかってしまうと言うのもさすが段階意識の強いアメリカ。まあ、その点このジュリアード音楽学院は証書ベースで教えているのではなく踊り、演劇とスキルの高い人で、が教えているから色とりどりだそうだ。私も見に行こうかと思ったが朝からの雨で行くのは取りやめ。今日はアパートの掃除・・・台所のキャビネットの取り替え準備!!!さて、やらないと・・・
[PR]
by miki3lotus | 2005-05-21 00:13 | ダンス | Comments(4)
Commented by Lyrical J at 2005-05-21 17:06 x
そうそう、あのガウンの襟、私が大学卒業したとき、修士や博士号の襟が格好よくて、羨ましかったのですが、こちらで修士をとったとき、卒業式でちょっと期待していたのですが、学士とあまり差がなく、アメリカって、ホント、階級意識のつよい国なんだな、って知りました。
Commented by sey at 2005-05-21 23:01 x
美樹さま、この記事を読んでの質問だす。前にご勉学なさってるとお言いでは。。。。今もがっこにお通いですかい。At Any Rate, がむばってください。わたしは2年越のイチイの芽が出て狂喜乱舞であります。絶対ワビサビの盆栽に仕立ててみせます、死ぬまでに。お宅のてっせんの色、薄紫なのねん??おらっちのは、真ムラサキだったですぜ、まるで色紙みたいだったっす(去年の話だけど)。
Commented by miki3lotus at 2005-05-21 23:50
*リリカルJさま
そうですよね、国によって随分違いますが、アメリカはコンプレックスの固まりのような国で、ステイタスをとても大事にするようです。残念なことに・・・でも、この学校のように、経験を重んじる学校も中にはあるようですが・・・と少ないですが。それも残念。踊りや、音楽、演劇はやはり本を読んで勉強よりも実践あるのみ!体から体への教えが、大事だと思うのに。
Commented by miki3lotus at 2005-05-21 23:54
*精様!!!!
きゃ〜〜〜〜聞いてなかったことに・・・
と言うか、保留になっております。頭の隅にはやらないと・・・と言う声が聞こえてはいるのですが、このインディペンデントスタディーと言ったやつがどうも怠け者の私には向いていないようで。学校に一時間でも来なさい!と言うことであれば、ディッサプリンというやつは働くのでありますが。どうも自分で時間を見つけて、勉強というやつが今ひとつ。
つついてやってください!!あ〜〜本読まないと・・・
(で、突っかかったのはリタリチャーのクラスで、コンテンポラリーのショートストーリーを読むクラス。。。わすれてはいません。がむばりますですたい。)そのうちーーーこれがいけないのですね。
<< はじまった〜〜〜! El Charro (スペイン... >>