American Ballet Theater

忙しくても踊りだったりするとつい見に行ってしまう。
普通月曜日は劇場がオフの日。その中でもいくつかのブロードウェイのショーや、踊りの公演はやっている。American Ballet Theaterもその一つ。

先週末はメモリアルウィークエンドでロングウィークエンド、日本でいう連休。
チャイコフスキープログラムというので、スティーブンと二人嬉しくなって、見に行った。
Ballet Imperialはジョージ・バランチーンの作品。ロシア出身のダイアナ・ヴェシニヴァとウラジミール・マラーホフ。そしてアンナ・リセイカがメインで踊った。
マラーホフはとにかく体のラインが綺麗で、ピルエット2回でも「え???」という時もあったような・・・でもそんなことはどうでも良い感じ。彼のノーブルさ、綺麗の一言。ヴェシニヴァはジゼルとかがとてもよいと聞いていたのでちょっと期待したが、とてもクールで、冷たい感じの踊りだった。

Swan Lake(Act II pas de deux)これは白鳥と王子のはじめての出会いのデュエット。アマンダ・マッケロウとマキシム・ベロサーコフスキー。マッケロウ、おそらく今40前後。とてもよいダンサーになった。足のと手も綺麗な、すらっとしたダンサー。派手ではなく、確実に踊ってくれた。このデュエット、男声はほとんど持ち上げばかり(蕎麦屋と日本のバレエダンサー仲間は呼びますが)土曜日はマラーホフだったそうだ。それもみたかった!!!

Swan Lake(Act III pas de deux)そしてこのデュエットは黒鳥が王子を誘惑するので有名。パロマ・ヘレーラと私の大好きな(とこの年でまだ言っていますが)ホセ・マニュエル。カレーニョ。コンクールのみに来たか?との目を疑うようなテクニック、そしてプラス二人の楽さ加減。何の気無しに、7〜8回廻ってしまうこの二人。ピルエットの後もバランスを取っているので、綺麗なフィニッシュ。もう、言うこと無し、この夜のメインはこのデュエットでした。

Theam and Variationsそしてこのバレエもバランチーン。バランチーンの作品のなかでもかなり有名な作品。今年東京の新国立バレエ団でも踊られたはず。ジリアン・マーフィーとゲナディ・サヴェリエフがメインで後ろにコールドバレエを従えて踊った。迫力あるバレエ。曲も良し、振り付けも良し。やっぱりバレエダンサーにはなれなかった私としては、このような作品を見ると、脱帽。
[PR]
by miki3lotus | 2005-06-03 06:32 | 舞台・劇場・芸術
<< DTW: Chunky Move これです >>