パスカル・リユー・ダンスシアター   at the Joyce Theater

今週ジョイス劇場はパスカル・リユー・ダンスシアターの公演。

パスカルは、前に私のいるマーサ・グラハム舞踊団にて踊っていたダンサー。私もパートナーとしていくつか作品を一緒にしている。彼はフランス出身。一緒に踊っている時に、彼独自の重心の取り方、そしてとにかく至る所に円を感じる彼の動き、私は結構好きだった。
1989年に自作を作り始めてから、グラハム舞踊団を辞め、このカンパニーを設立。今に至っている。

今回の作品は3つ。
Kansas City Orfeo これはまだできあがっていない作品で、Work in Progress(制作中?)。照明のデイビッド・フィンリーは私の好きな照明家の一人。パスカルとずっとやっている人だ。来年の2月に完全版をキャンサスシティーでプリミアだそうだ。この作品、90年代のはじめに彼が作り始めた作品。衣装はその時の物で、デザインはラス・ヴォーグラー。30年代のキャンサスシティー、チャールストンのイメージがとてもよい。今回はその作品をさらに膨らませている所、そしてライブジャズオーケストラ付き。そして昔のオルフェオにボストンバレエ団のカルロス・モリナを使っていた。彼はとてもよく動くダンサー。パスカルの面白い重心の取り方も、そしてちょっと変わった動きも何なりとこなしていた。次のボストンバレエ団のニューヨーク公演が楽しみだ。

Les Noces これはストラビンスキーの有名な「結婚」。
私としては、どうもこの音楽を聴くと、ラー・ルボビッチの作品を思い出してしまう。ラーは、結婚する二人、そしてその二つの家族を取り上げて作品にしている。そしてパスカルは4人の女性と4人の男性を左右に置き結婚という儀式と言うよりもその後の二人の密なる関係の方を出している。前から思っているのだが、パスカルの踊りのテーマは男女の関係(いろいろな関係がある中)特にセックスにテーマを置いている物が多い。作品によっては舞台の上でここまでやるか???と思ってしまう振り付け(ここまで来ると振り付けと呼んで良いのか・・・?と)もある。今回のこの「結婚」では、それ程目をつぶるシーン(まあ、人にもよるでしょうけれど)はなく、かなり抽象的にセックスを表現していた所は、好感が持てる。
照明は先出のデイビッド・フィンリー、衣装はピラー・リモズナー。初めは下着状態で少しずつ着ていき、最後に衣装となるアイディア。う〜〜〜ん。

Firebird これもストラビンスキーの「火の鳥」
この2003年作品には、10歳ぐらいのブロンド少女も出演。可憐な姿の少女。そして周りはピラー・リモズナーの衣装で、8人が黒をテーマにした総タイツ(コラージュしてある)。とてもシャープな衣装、デイビッド・フィンリーの照明とハリー・フェイナーの装置はとてもマッチしている。が、この黒い8人が火の鳥なのか?火の鳥は目には見えてこない何かなのか???いったい???私のイマジネーション不足なのかもしれないが、曲が曲だけにどうしても火の鳥のストーリーが頭にちらちら出てしまう。

ダンサーは皆とてもよく動く。スティーブンの生徒だった(ジュリアード音楽学院の卒業生)ダンサーも3人ほど入っている。さすがによくトレイニングされているので、目に付く。若いって良いなぁ〜〜・・・
[PR]
by miki3lotus | 2005-06-17 10:48 | 舞台・劇場・芸術
<< Baryshnikov Art... イザック・パールマン >>