Baryshnikov Arts Center

バリシニコフと言えば、有名なダンサー。1970年代にソビエトから亡命して、ABT(American Ballet Theater), NYCB(New York Ballet Theater)をはじめ世界各国の名のあるバレエ団、ダンスカンパニーにてゲストで踊ったり、そしてバレエダンサーとしてのキャリアをリタイアーしてからは ABT の芸術監督をして、それをやめてからはWhite Oak Projectと言うプロジェクトを立ち上げ、若手の振付師の作品を彼自ら踊り、そして各地に紹介している。
彼とは、グラハム舞踊団にて3度共演しているので、会うと必ずちょっとした話やゴシップをしてしまう。ゴシップはいけない、いけない・・・

彼の素晴らしい所は、自分のキャリアをわきまえている所と、本当に踊り(バレエだけでなくすべての)を愛している所。年を取ったらバレエは出来ない。スタミナも持たなくなる。その次は大人にしかできない踊りになる。そしてこれから出てくる振付家の作品を踊ることで、バレエ以外の踊りを体験し、彼自身が膨らんでいく。私もそうありたいです。

そして次は、彼のファンデーションBaryshnikov Dance Foudationで作った37 Artsと言う所。37丁目の10アベニューにビルを建ててしまった。そこには、ダンスのスタジオ、舞台用のスタジオ、等色々入っているようだ。そこでジュリアード音楽学院とNYU(New York University) と協同提供して、ダンサー、振付師を紹介する試みをしていくことになった。
b0069951_6232535.jpg



Aszure Bartonは今回レジデントして入っている振付師。彼女の今回の作品はジュリアード音楽学院のダンス課の生徒を使った物。Over/Comeと題した作品。音楽はGiorgio Conteと Andy Williamsのよく耳にする曲達。ダンサーは皆とてもよく動く。とにかく凄い。ミーシャも始まる前の挨拶で言っていたが、自分が年を取ったことを再確認してしまうほど。もちろんミーシャの場合、若い時は彼らにも負けないほど踊れるダンサーだったので、よけいにそう思うのだろう。私の場合はまず自分には出来ないと事ばかりなので、脱帽状態。13人のダンサーは皆、これまたスティーブンの生徒。う〜〜〜ん。

作品は完成ではないのだが、それでも一つのまとまりのある作品になっている。13人のダンサーのそれぞれのキャラクターが出ていた。早い動きになめらかさ、今はやりのヒップホップ、コンタクトインプロ混じりの、そしてフォーサイス(前回のジュリアードダンス公演にてフォーサイスの作品を踊ったダンサーが数名入っていたので)風の動きもかなり入っている。
ダンサーがよいと、作品がよく見える。もちろん動くことだけが踊りではないので、それが伴ってくると、このダンサー達には誰も勝てないことだろう・・・でもまだ今はその部分が少し不足しているので、フィジカルな所は花丸。
[PR]
by miki3lotus | 2005-06-17 10:50 | 舞台・劇場・芸術
<< ミュージックバトン パスカル・リユー・ダンスシアタ... >>