Jacob's Pillow   マッサチューセッツ州

マンハッタンから車で3時間ほどの所にあるJacob's Pillowサマーフェスティバル。
ここはアメリカのモダンダンスの父と母と言われている、テッド・ショーンとルス・セント・デニスがはじめた夏のキャンプ。

私がここにはじめてきたのはジェイコブス・ピロウの50周年記念のとして、エリサ・モンテ・ダンス・カンパニーのメンバーとしてだ。かれこれ20年前のことになる。
今回はテッド・ショーンが生みの親となった、私の大先生、マーサ・グラハム舞踊団の公演。そして作品としては、1906年にセント・デニスの作品で「インセンス(お香)」から始まり、1940年代のグラハムの「ステップス・イン・ザ・ストリート」まで、これは本当に歴史を見ているかのよう。

ここ、ジェイコブス・ピロウは多種の踊りのカンパニーの公演の他、もちろんサマーキャンプなので、若いダンサー達がクラスを取り、作品を習い・・・とダンサー養成でもある。グラウンド内のカフェテリアで食事をして、クラスを取り、夜は2つある劇場にて踊りを見る。踊り三昧のキャンプ。そしてそのコースにも3つあって、バレエ、モダン、そしてヒップホップ・ジャズ・エスニック2週間ずつのコース、全部取るのも良し、一つだけでも。

劇場は彼の名前にちなみ、テッド・ショーン劇場
b0069951_13465790.jpg

この他、セント・でにすスタジオやら、ダンスの歴史にでてくる名前のスタジオ、建物がたくさんある。
[PR]
by miki3lotus | 2005-06-29 23:10 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(8)
Commented by kattyan60 at 2005-07-01 00:19
あらま、この建物の壁は日本式? 粋な黒塀に見越しの松は見当たらないが外国とは思えず、親近感を持ってしまいそう。
判りにくいけど、mikiさんなの?
左手が見越しの松になってた〜 粋やなぁ〜
Commented by T.- at 2005-07-01 02:12 x
伝統ある、由緒正しいダンスフェスティバル:”ジェイコブス・ピロウ”。私はアメリカの大学でダンスの教育を受けたせいもあって、この響きはなんとも神々しいです。
そこに美樹先生は今いらっしゃる・受ける側・観る側でなく、与える側、演じる側として。あらためて凄い人なんだな・・と感じます。
緑に囲まれたそこはきっと、アートを創造する空間として、ダンサー育成はもちろんですが、裏方(テックスタッフやマネージメント人材の育成もインターンシップとかで充実している・まさに総合的アートコミュニティ空間)が広がっているように思えます。アートの幅と深さのバランスをかねそなえた空間でしょう。

ジェイコブスピロウのビデオ、拝見しました・美樹先生で始まってる!かっちょいぃ~~~!
公演のご成功お祈りしています。

Commented by miki3lotus at 2005-07-01 12:11
*かっちゃんさん
そうなのです、わたしです。お恥ずかしい・・・
このポーズはルス・セント・デニスという人がよくやっていたポーズなのです。どうもアメリカ人なのに、アジアのものイコールエキゾチックと言うことで、モダンダンスが始まったことに置いて、ちょっと疑問を感じてしまいますが・・・でもそれがあったので、マーサ・グラハムのようにそこから抜け出るようなモダンダンスが出来たのだと思います。嬉しいこってす。
Commented by miki3lotus at 2005-07-01 12:18
*Tomoe
そんなに上の方に持ち上げないでください!!
でもこのジェイコブス・ピロウには3つのカンパニーで来ていて、今回で7度目。私はここで勉強をしたわけではないですが、どうも懐かしく、そして田舎のような気がします。
踊りを踊ると言うだけではなく、舞台を作る裏方さんのインターンもかなりしっかりしているようです。私はよく一緒に仕事をする舞台監督さんは、1960年にインターンでここに来たそう。私の先輩ですね。マネージメントにはインターンがいて、今でもバイタルに続いているこのキャンプ、素晴らしいです。
で、今日は女の子が一人ちょっと筋肉をひっぱてしまい、仕方ないから9年ぶりである作品のコーラスを踊りました。いや〜〜なつかしかったです。
Commented by Lyrical J at 2005-07-02 00:48 x
mikiさん、脚がなが~~~~い!!かっこいい~!!
Commented by miki3lotus at 2005-07-02 03:53
*リリカルJさま
何をおっしゃる。。。そんなことないのです。これのおかしな話があるのですが、そのうちにエントリーします。
あ、そうそうこの劇場の他にDuke Theaterと言うのがあるので巣が、そこには今Chunky Move が来ています。やっと誰が誰だかわかりませいた。彼らとも会って、ちょっと話をしたりしました。
Commented by Lyrical J at 2005-07-03 19:05 x
Jacob's Pillow、リッチな環境ですね~。やっぱり、アメリカ、すごいな~。ダンサーや舞台スタッフの育成にまで施設や資金が潤っているなんて。ここでは養成どころか、カンパニーの存続すら大変のようで。毎年コンスタントに公演があるのは、各州を代表する大手カンパニー。なにせ資金が。知り合いが設立したカンパニー(モダンダンス系)も、いま充電中なので、来年は頑張ってほしいです。NYなんて、マンハッタンだけで、アップタウンダンス、ダウンタウンダンスですものね、すごいわ~。で、Chunky Move会いましたか!オージー、ガンバってますね。ぅお~♪
Commented by miki3lotus at 2005-07-03 23:19
*リリカルJさま
そうですよね。日本などはもっとダメで、舞台の仕事をやる人は他に職を持たないと・・・で、ブライアン会いました。一番気になっていたダンサーでした。アメリカ人で、シドニーで教えているということも聞いていたし・・・同じカンパニーのエリザベスというダンサーの友達がブライアンの同級生だとかで、世界は狭いと感じました。
<< 舞台裏 Eiko & Koma at ... >>