アメリカの秋の気配

b0069951_1247761.jpg

コロンビアツアーが終わり、ニューヨークに戻ってきたのが月曜日。そしてこの週末はキャンサス州に来ている。
この土地のスーパーマーケットに買い物に行ったら、お店の前に、このパンプキンが立ち並んでいた。このパンプキン、もちろんスヌーピーにでてくるような物もたくさんあるが、これが出始めるとアメリカ、秋が始まった合図。
これから10月最後のハロウィーンに向けて、デコレーションも派手になっていくことだろうが、やはり私は秋の紅葉が目に浮かぶ。まだ紅葉こそ始まっていないが、秋の気配はあちらこちらに。ニューヨークも気温がだいぶ下がってきたようだ!



このパンプキンは食用ということを忘れてはならない。中をくりぬくためだけにあるのではない。しかし、このくりぬいた中身を煮て、パンプキンパイにした物と、缶詰のパンプキンを使って作るパンプキンパイ、どちらがおいしいかというと、見分けがつかない。だから皆缶詰を買って作るのだろう・・・その方が早いし手間もかからないし、とにかく楽だ!
[PR]
by miki3lotus | 2005-10-01 12:50 | 日常 | Comments(10)
Commented by kattyan60 at 2005-10-02 01:35
しまった、昨日、野球の阪神がリーグ優勝したお祝いのバーゲンをと阪神百貨店へ行った時に、パンプキンパイが並んでた、買ってくればよかった。
そしたらコメントに、より力が入ったのに〜  すいません。
カボチャの缶詰って聞いた事ないのは僕だけ?
Commented by miki at 2005-10-02 14:55 x
*かっちゃんさん
カボチャの缶詰は、マッシュポテト状態になっているカボチャ、ようは、カボチャのペーストです。それを鍋に移して、そこにクリームやら、シナモンやら、砂糖やら入れて火にかけ、その後パイ側に入れ、オーブンで焼くのですが、これが結構いけるのです。この時期でなくとも、私はパンプキンパイをオーダーしてしまうこともよくあります。
でもこの缶詰、日本で売っていないかな???
Commented by kotatsunisshi at 2005-10-04 02:47
聞いただけでおいしそーーー!今日はなぜか日本語が打てる図書館からです!秋の気配ですか・・・こちらは冬の気配ですよ。。寒いー。。
Commented by ゆきみ at 2005-10-04 23:45 x
そうそう、もう、シーズンだね。きのう、ビーチから帰ってきました。
フロリダの、パナマ・シティ・ビーチ、アトランタから来るまで6時間位の所。子供たちは、真っ黒、こげパンのようです。
Commented by miki3lotus at 2005-10-05 11:23
*こたつ様
ロンドンはもう冬の気配と???やはり曇り空の寒いイメージのあるロンドン、長い冬でしょうから、体に気をつけてください!!
Commented by miki3lotus at 2005-10-05 11:25
*ゆきみちゃん、
楽しそう。で、パナマ・ビーチはそんなに真っ黒になるほどの良い天気だったの???
Commented by NED-WLT at 2005-10-05 19:40
こっちもすっかり秋になりました。自転車通勤をしている僕は、朝は寒いので既に手袋をしているほどです。これから北ヨーロッパ独特の暗い冬になると思うと、ちょっぴり憂鬱です。
Commented by Marcellin at 2005-10-06 10:35
日本でも九月の終わりくらいからかぼちゃがお花屋さんに出始めたり、ざっかやさんでハロウィンの飾り付けが出てきたりしていますよ~。
パンプキンパイおいしいですよね。
Commented by miki3lotus at 2005-10-07 22:30
*NED様
オランダも秋。一昨日の夜から昨日にかけてのチャールストンはトロピカルストームというが通り過ぎたためにものすごい風と雨でした。台風のようです。そして過ぎ去った後は太陽もでて、町の中をあるくと汗ばむほどの湿気。参りました。そして夜ニューヨークに戻ってきてみたら、こちらも結構湿気と気温が25度ほど。少しは秋の気配がしはじめた物の、レストランやバーの外にもテーブルを出しがやがやとやっているニューヨークです。外にでるのが好きなアメリカ人でしょうか?オランダも結構表にテーブルがでていましたっけ???
Commented by miki3lotus at 2005-10-07 22:32
*Marcelin様
日本でもハロウィーンをやるように???でも日本のカボチャなのかしら?それともこのようなオレンジ色の?日本のカボチャだと、結構おかしいかも・・・
<< キャンサス州 ジュリアード音楽学院 100年... >>