二つの公演

6日にニューヨークに戻り、7,8,9日とリハーサル。やっと今日は一日休み、もちろん明日からのツアーの荷造りをこれから始めるので、休んでいられないけれど・・・・

と、いつも思うことだが、どうしてこんなに踊りにどっぷりと浸かっているのだろうか???たまにニューヨークに戻ってきているのに、リハーサル後二日も続けて、踊りを見に行くことに・・・・ふえ〜〜ん、だめだめ!仕事柄、他の人の踊りをみるのも勉強、勉強!!!

一つはジャパンソサエティーでの「美貌の青空」これはむろぶしこうさん率いるKo Murobushi & Edge Co.

休憩なしの70分。彼のソロで始まった作品は、土方巽のビジョンを継いでいる彼こその作品。体との戦い。そしてその後3人のダンサーがでてきて、銅板を使っての作品。銅版を持ち上げたり、背中に担いだり、たたいて音を出す、乗っかってポーズをとる。彼らが感じるスペース。暗い中、銅版に当たったライトの変化。とても面白い空間だ。そして最後にまた彼がでてきて銅版をたたき音が響き渡る。自分たちのもっている何かやりきれない気持ちを銅版をたたくことによって解消していくかのように、音が空気を変えていく感じがした。

公演の後にポストディスカッションがあったので、私たちも残って話を聞いた。
踊りなどを見に来る人は、嘘を見に来る。舞台というのは嘘でしかない。でもその中で、体というのは嘘をつかない。その二つのフリクションが面白い。デコレーションを取り除いた後の体の動き、それには一つの嘘もない。

同感。これ以上の言葉はないでしょう。

そして次の日。
アルビン・エイリーの新しい建物(9アベニューの55丁目)の中にある劇場にて観た公演はニューヨーク郊外にある大学SUNYパーチェス校卒業生が集まって、現学生を使っての公演(のようだった)。

スティーブンの生徒(ジュリアードの学生)もそして私の知り合いもでていたので、ものすごい雨の中みにいった。
7つあった作品。動きの質はどれも似ている。今流行のフォーサイスもどきのリリーステクニック入り・コンテンポラリーダンスムーブメント。
中でもこれはと思ったのは、構成の面白かった、ネリー・ヴァン・ボメルの作品、ケイト・ハッターのデュエットそしてレーン・ジフォードの作品。

ジフォードの作品はLife Doesn't Frighten Meという本からアイディアを採った物で、アイディア、構成ともによい作品だった。動きは全部がバレエを主にした物だが、オリジナリティーがあって良かったと思う。
ネリー・ヴァン・ボメルの作品はご存じビバルディーのあの気分をそそる曲風にあわせた物で、中世風の下着をイメージした衣装。これはキリアンの作品からアイディア(衣装、照明など)を採ったのだろうと思わせられるが、それでもこの公演においてはなかなかの作品として目に移った。
ケイト・ハッターのデュエットはシンプルなアイディア(二人の手のひらには赤と黒のペンキが塗られていて、)さわるとお互いの体に色が付くというコンセプト。男女のデュエットで、さわると言うことに男女の感覚が入っていて、良い作品だと思った。

とまあ、大雨の中、かえって来たらびちょびちょだった。

まあ、明日からツアーにでるのでこれからにづくりします。
[PR]
by miki3lotus | 2005-10-11 01:36 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(6)
Commented at 2005-10-11 14:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-10-12 00:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kattyan60 at 2005-10-12 11:45
鍛え上げられた身体の美しさには、無駄と云う肉が無くて極限の動きに耐えられる。
正座すら出来なくなった僕の身体に喝を入れよう。
踊れるって羨ましいくせに、鍛える事を忘れた爺。
行ってらっしゃ〜い。
Commented by miki3lotus at 2005-10-12 12:42
*鍵コメ様
お返事しておきました。
Commented by miki3lotus at 2005-10-12 12:43
*鍵コメ様10/12さま
はい。よろしくお願いいたします。
Commented by miki3lotus at 2005-10-12 12:46
*かっちゃんさん
そうですよね、鍛えられた物だと・・・でも学生たちの踊りは、元気はあっても体が・・・と言うことが多くて。自分はモダンダンスやっているのに、みるのはモダンダンスはちょっと・・・と思ってしまうのはこの点にあるのかも。
正座はあまり血流にも良くないようなので、出来なくなっても全然大丈夫です。気にしない!気にしない!音が鳴っていたら体が自然と動く、これぞ踊りの神髄でござい!はい。
今日はミシガン州です。
<< ランスィング、ミシガン州 チャールストン その2 >>