Career Transitions For Dancers(CTFD) GALA

ダンサーの寿命は短い。バレエダンサーだと平均29歳でリタイアーしているそうだ。と書くと、まだ踊っている自分が・・・いったい???と思ってしますが、そこはモダンとバレエの違いもあってか、皆様には我慢していただくとして。はい。

ダンサーがダンサーとしてのキャリアから次の伽利に移るときに、このCTFDはいろいろな形でのサポートを提供してくるところだ。今から20年ほど前に設立された。今年は20周年ということもあって、昨晩のガラ公演はなかなかのメンバーが出演した。そこになぜマーサ・グラハムのカンパニーがえないのかはちょっと疑問?今度聞いてみようとは思っておりますが。

ライザ・ミネリがホストをつとめた。ライザ・ミネリはご存じの通り、「キャバレー」や「ニューヨーク・ニューヨーク」などで有名な女優さん。彼女、マーサとは仲が良く、時々リハーサルに顔を出しに来ていたので、すこ〜〜〜しだけど、顔見知り(と呼んで良いのか?)。ときどきすれちがうと、 How are you?ぐらいは言います。
一時体をこわして多様だったけれど、今は又踊り(ジャズ)のクラスをとったりしているようで、元気そうだった。少しふっくらしたかな???

昨日は、時計のローレックスダンス賞をジョフリーバレエ団の芸術監督、ジェラルド・アーピノが受賞。CTFDのスペシャルの賞をハークネス基金のルイス・ラニエリが受賞した。

オープニングはチアリーダーたちとABTのステュディオカンパニーのメンバーが踊り、リチャード・ムーブ扮するマーサ・グラハム(もどき)、ABTのパロマ・ヘレーラとホゼ・マニュエル・カレーニョのパキータ・パドゥ・ドゥ。
ブロードウエイ振り付け師、ジェリー・ミッチェルがStepping Out と言う作品を紹介、これにはビル・チェイスという今ブロードウエイに出演している歌手の人が出て、歌と踊り。
ブロードウエイ「ピーター・パン」のオリジナルピーターを演じたサンディー・ダンカンがでて、Big Apple Circus、Cirwue de Solei, MOMIXを紹介。アクロバティックなことが、サーカスという形、サーカスから少し舞台と言うところに来た形、そしてモダンダンスにと変化して行く様がみることが出来て面白かった。
ヒップ・ホップというのは新しい(昔からあるのだが、それがスタイルとして認められたという意味では新しい)アメリカの踊りのスタイル。
そのヒップ・ホップの踊りもあり、そしてタップダンス。同じようなバックグラウンドから出てきた踊りでも、ヒップ・ホップとタップはどうしてこうも違うのかな???と思ってしまうのは私だけでしょうか?
その後コンプレクションズのデズモンド・リチャードソンのソロ、ジェラルド・アーピノのデュエット作品、
そしてビービー・ニューワース率いる「シカゴ」からAll That Jazz。

b0069951_2551643.jpg

最後はラストマンボと題する6組のマンボ。

となかなか楽しめた一晩だった。
b0069951_2554160.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2005-10-26 02:56 | 舞台・劇場・芸術
<< ぎんなん ビッグアップルサーカス    ... >>