ぎんなん

ニューヨークも寒くなり始め、秋の雨が降るこの時期になると、やはり忘れてはいけないこの季節でもあります。
b0069951_127415.jpg
そう、ニューヨークにもあるのです。と言うか、ニューヨークは結構ぎん
なん並木が多いように思います。
ぎんなんには雄と雌があるという話を聞いたことがあります。雄が一本あると周りの雌は実をつけると。もちろんあの独特な匂いはそこらじゅうでします。

今日はお医者様に行った帰り、雨が降っていたので膝下までの長靴を履いて、雨の中ぎんなんを踏んで、あの香りのする果肉をとれるだけ取り、もっていた(たまたま)ビニール袋に入れていたら、何をやっているのか???と不思議そうにみられてしまった。よって10個だけにして帰ってきたけれど、スティーブンも今度とってこようと行っているから笑ってしまう。

ぎんなんで思い出すのは、昔読んだ漫画で、誰の漫画だったか???女の子待ち合わせをするときに、今のように携帯電話がないので、ぼっーっと待っていて、ぎんなんが頭にぽろっと落ちてくるシーン(と言うのだろうか?コマかな???)
ちょっとしたときに、頭に浮かぶのは本の1ページだったり、映画の1シーンだったり。
[PR]
by miki3lotus | 2005-10-26 12:11 | 日常
<< 紫蘇の塩漬け Career Transiti... >>