マモート(?)Mamootot 

オハッド・ナハリン率いるバッシェヴァ・ダンス・カンパニー.
BAMのNext Wave Festivalにての公演。

このNext Wave Festival、今年で何年目になるのだろうか???私が初めて見たのはピナ・バウシュの春の祭典だったように記憶している。1980年代の半ばだった。BAMはいつもとても斬新な作品をもってきてくれる。この劇場に来る観客層はマンハッタンの劇場(リンカーンセンターやシティーセンター)とはまるで違う。

オハッド・ナハリンは1980年に私がアルビン・エイリーの学校でクラスをとっているときに、同じくラスをとっていた人で、その当時すでにベジャールにて一年踊ったりしていて、その後グラハムのカンパニーにも入って踊ったことのある人。入るカンパニーごとに長くはいないちょっと変わったダンサーだった。私が知り合った初めてのイスラエル人かな???

その当時、彼のパフォーマンスがダウンタウンのKH Studioにてあり、それを見に行った。作品で未だに印象に残っているのは「パ・ド・ペプシ」。
プラスティックのペプシコーラの空きボトルをスーパーマーケットのカートに乗せて、それと一緒に踊るのだが、これが凄かった。スティーブンもそれを見た覚えがあり、二人であれはとても良い作品だったと話が合う。

で、昨日の夜、ブラジルから帰ってきたその日の夕方、ジュリアードの学生のリハーサルを見に行き、その後ブルックリンのマーク・モーリスのビルの中のパフォーマンススペースでのこの「Mamootot」を見に行った。
単にショーイングかと思ったら、BAMのNext Waveのひとつだとわかった。

このスペースは四角いスペース。四方に客席を作り、どこが前だかわからないし前はあってないようだ。
はじめでてきたダンサー、印象はというと、とても悪い姿勢。あごを突き出し、お腹は出ているし、お知りはタックされていて・・・思わずびっくり。これがオハッドのダンサー???と思ったけれど、彼は胴長の女性が好きなことを思い出した。数年前亡くなった彼の奥さんは、昔アルビン・エイリーで踊っていたマリ・カジワラさん。彼女は胴の長さ、そして体の柔らかさが尋常でなかった。その彼女を見て、私も胴の長いのはよいのか???と思ったこともあったから・・・
と話をどこか別の所に置いておいて。はい。

その後でてきた全部で9人のダンサー、女性は皆同じような姿勢。う〜〜〜ん。その中、一人はまあまあの姿勢。男性は4人。男性は比較的良い姿勢だった。

ソロがあり、グループがあり、又デュエットになりトド湖から観ても良い構成になっている。ソロの間は後の8人は四方の客席に座ってそれを見ている。そしてフロアーにでて音が始まって又皆で踊る。

振り付けはもちろんオハッド・ナハリン、衣装はラケフェ・レヴィー、照明はアヴィ・ヨナ・ブエノ、音響デザインはフランキー・リヴァート。音楽は日本の物を使っていて、Yapoos, Drummatic,Fonica, Lou Reed, Bobby Freeman,Isolated Audio Players, Roletta Secohan, Flower Companyzのものと、たかぎまさかつ、おぐろほりひで、ゆずかか、なかがわたかし(漢字はわからない)らの曲が混ざっていている。面白い歌もあったり、でもそれはどの程度わかっていて使っているのかは???
これはオハッドが新しい動きの可能性を見つけるためのリサーチだと書いてある。
ストラクチャー(形式)、組織、タイミング、緊張感、観客とパフォーマーとの関係、ヒューマー、繰り返し、ディメンション、妙技、静止、感情の抑揚、性欲、スロウネス(ゆっくりと動く)ユニゾン(一緒に動く)早さ、即興、誇張そしてその反対、今まで訪れたことのないところ・・・という説明が付いている。

四角というスペースをよく使っている。フォーメーションも面白く感じる、それはやはり違った角度から見ると言うことにもつながっているのか?
確か、ラー・ルボビッチと言う私の好きな振付家があるが、彼の作品で、「ノース・スター(北極星)」というのは一人の動きを決めて、そのダンサーの形を色々な角度から見て他のダンサーの形を決めていくという物で、一瞬のジャンプなのに、皆の形が違っている、なのに、違和感が無く、どうやって振り付けをしたのかを聞いたときにびっくりした覚えがある。
それをオハッドが使ったのであろう。アイディアはそう新しくはない。でも観客の中には、「うわ〜〜こんなスペースで踊るのかしら」とか、驚いている人もちらちらいた様子。
そういうような人には、もっと色々なパフォーマンスを見てもらいたい。今は、どこでもパフォーマンスは行われているのだから・・・

ジュリアードの学生もオハッドのダンサーもダンサーはとにかくよく動く。皆20代。
動きを見ていると、40歳になったときにどうなっているのか知りたい感じ。。。

は〜〜〜
[PR]
by miki3lotus | 2005-11-20 01:50 | 舞台・劇場・芸術
<< ハリーポッター ベロ・ホリゾンテ >>