2月3日金曜日。ニューヨーク。

昨晩早くねようと思ったのに、なのに眠れず・・・でも今朝は頑張って起きて、スティーブンのコンピューターをTek Serveに修理のためにもっていきました。このTek Serve はマッキントッシュをもっているニューヨーカーにはなくてはならないところです。私も昨年、モデムを直すのとエアポートをいれるので、もっていきました。
入り口を入るとジェネラル、リペアー、ピックアップと色の違う番号をくれるのですがいつももの凄い人。前に行ったときは3時間も待った・・・は〜〜

でも今朝はちょっと違うぞ!!!朝からの雨、12時にはあがると言っていたが、私は膝下まである長靴を履きレインコートを羽織っていざ!!!
到着したのは9時半。遅くなってしまった!お店は9時からなのに・・・と入り口を入ってみたら、閑散としているではないか!!!こんなに空いたこのお店を見たことがない!と言ったら、入り口のお兄さん(20代だろう絶対)にくすっと笑われた。「雨の日はTek Serve いつも空いている」そうだ。本当だろうか???
ま、よしとして。

パワーブックに画面に縦、横にラインがでている。これは液晶のミス(と言うかそこに液体(?)がいってないために起こるらしい)、購入してから3年のアップルケアー、今年の4月までなので、ぎりぎりセーフ!!!のはず。
4,5日かかるそう。昨日からスティーブンは学校のオーディションツアーにでているのでちょうどよい!

このお店は前に住んでいたところの近く、23丁目の6と7番街の間にある。ちょうどこのブロックにある酒屋は韓国人の人がやっていて、日本のお酒の種類がいっぱいあるので、時々買いに行く!もちろん重いので1,2本だけれど。
でも今日はこれから行くところがあるので、我慢我慢。

このお店はさすがに写真を撮るには気が引ける。HPを見て想像してください。

23丁目の角から地下鉄。乗る前にふと目を上げると懐かしいホテルが。
チェルシィーホテルはかつてセックスピストルズのシド・ビッシャス(だったと思う)がヘロインをやりすぎて死んだことでも有名だ。
b0069951_793474.jpg
もちろんそれだけではない、このニューヨークの結構変わった有名人達はこのホテルを好み、ここを拠点としていたそうである。昔はホテルアパートメントだったので、家具付きの長期滞在型のホテルでした。今はもちろん有名になって一日だけでも泊まれるようなホテル。
日本からある役者夫婦がニューヨークに来たときに、ここに泊まっていて私も何回か遊びに行ったことがある。ホールは薄暗く、ここがなぜ???と思ったことを思い出す。

地下鉄に入って14丁目で乗り換えて、フルトンストリートに。

そこはサウスストリートシーポート。
b0069951_7142977.jpg

ウォールストリートにも近いので、ビルとビルの間が本当に狭い!!!
ニューヨークにもサンフランシスコのような、シーポートが。ここがオープンした頃は日本から来たお客さんや友達を良く連れてきたが、このところあまり人とつきあいがなく(これってちょっと寂しいでしょうか??)あまり観光スポットには行かない。
久しぶりに到着してみると、やはり朝からの雨で人も少ない。
b0069951_7152335.jpg

ここでも雨の日のニューヨークは人がでないと言うことを示しているのかも。私だってアパートにいたい・・・
b0069951_755161.jpg
この写真の左側の建物は前は一階が大きなマーケット(今はGAP)2階はフードコート(今はサウスストリートシーポートセンターと呼ばれている)だった。
お目当ての展示はこのセンターにて。
THE BODIES The Exhibitionとタイトルにある。前に日本でも同じような展示があったはず。
10年近くかかって作ったというこの展示は素晴らしいものだった。もちろん写真撮影は禁止。
b0069951_7201618.jpg
11時15分に入場して、見終わってでたら2時25分。そんなに時間がたったようには感じない。

実際に人間の体を使い、骨、筋肉、神経、内臓、そして血液の構造を全て見せてくれる素晴らしいものだった。バスケットボールをもった肉体がボールを投げるとき、指揮者が指揮をするとき、野球の投手がボールを投げるときの骨、筋肉そして神経のの状態、等を幾つもの角度で見ることが出来る。
筋肉は何層にもなっているので、それを一枚ずつあけてあったり、ちょっと見にはグロテスクだと思うかもしれないが、(中にはグロテスクだと言っている女性がいた、でもそういう人は見なくていいと思う!!!ちょっとうるさい感じだった。いやなものだったら見に来なければよいのに)
と、実際の骨、筋肉等なので、匂いは???と思われるかもしれないが、それはエンバーグ(と言うらしい)特別な方法、どれもかなり時間がかかるらしい方法で、血液を抜いてシリコン(?)をいれそれが固まったら筋肉やらを切って・・・
とても神聖なもので、違和感は全くなし。
私にしてみたら、今いたいところはどこから繋がって・・・・と言うのが一目で見えるので、前から後ろからそして横から、下から上から見てしまったです。
上の写真はカタログの表紙。脊髄がとても綺麗に見える。

そして感心したのは内臓の所。特に肝臓。たばこを吸うとどうなるか、あれを見たら、あまりの驚愕にたばこはやめたくなるだろう。
と言って、お酒はやめられませんが・・・困ったことに。
ポリープ、乳癌の所も体が腐っていく様子がしっかり見えてしまう。癌というものの恐ろしさも。

精子と卵子が出会って子供が出来て、その後どの様に成長していくかという段階も見ることが出来た。昔スウェーデンの映画で「Magic of Life」だったと思うけれど、実際にカメラが体の中に入って、子供が出来て成長していく様をドキュメンタリーにした映画があった。驚くほど綺麗な画面で、色も綺麗だし。とても感動したのを覚えている。
この部屋に入る前の所には看板が立ててあって、「次の部屋は胎児の成長とその障害を展示してあります。みたくない方は別のドアからその次の展示に廻ってください」と。このアメリカで、あれ??と思ったけれど。
確かに成長していく段階を見る分にはふ〜〜んと思ったが、障害を目にするといたいけないものがあった。

私が入場したときと同じ頃に3人のグループが入場した。男性一人と女性二人。どう見ても夫婦とその母親らしきグループ。この男性はかなり細かいメディカル用語を使って、説明とかをしていたので、私も横から耳を大きくして便乗してそのグループの近くにいました。出口の所でも一緒になったので、「お医者さんなのですか?」と聞くと「歯医者です。歯なのだけれども、体のことも全部勉強した。この展示は今回で3回目だけれどくるたびによく分かるので、とても嬉しい」と言っていた。

3時間弱もいて、あまり長くいた感じがしなかったのは、やはりかなりのめり込んで見入っていたからだろう。
外にでるところには
b0069951_7423188.jpg
体は嘘をつかない。
これは私のお師匠さんであるマーサ・グラハムも良く書いたり言ったりしていたことだが、ボディーランゲージ、体は嘘をつかない、と言うよりつけないのだろう。どんな人であろうと、同じような体の部分をもって生まれてきている。その骨組み、神経系、筋肉などは似通っているはず。

体の神秘が少し見られたような気がして嬉しくなって外にでたら、すっかり雨は上がり、太陽まででている。
b0069951_7472693.jpg
この左側は、ピア(何番だったか忘れちゃった・・・)で、中にはレストランやバー、色々なお店が入っている。左側からは、サークルラインというマンハッタンの周りを回るフェリーに乗ることも。
b0069951_748524.jpg

そして北京号。あまりの大きさに写真に収まらない。確か中は博物館のようになっているはず。今日は行きませんでした。

で、又地下鉄に乗って帰ってきて遅めの昼ご飯。
今日こそはお風呂屋さんにちゃんと行ってストレッチをしないと・・・遊んでばかりじゃだめですよね・・・
では行って来ます。
[PR]
by miki3lotus | 2006-02-04 07:50 | 日常
<< シーダー・レイク・コンテンポラ... 今週はお休みだから・・・ >>