少し前の話ーーー京都

2月の18,19日と京都にて踊ったので、京都に行っていました。
そのときにちょっとの時間の隙をぬっていったところは、京都の台所といわれる錦町。
b0069951_019314.jpg

さすがに珍しいものまで所狭しと売っていた。ただこの日はお休みのお店も多く残念だったけれども、それでも結構楽しみました。
本当にちょっとしかいないのに、どうしても・・・と思って購入したのは、キュウリのぬか漬け。これはやはりこちらではなかなか。前は知り合いの50年床というぬかをもらって漬けてはいたものの、ツアーが続き、だめにしてしまった。その後はやはりあきらめて、漬け物というと、甘酢に漬けたタマネギや大根、にんじんでしょうか。

そして泊まったホテルの中にあるレストランにて飲んだビールですが、「明治維新」12人衆というのがありまして、私は勝海舟、西郷隆盛(これは頼んだら2日続けて西郷ビールでした)。お味の方はラガーよりも濃厚な、デュベルよりも軽く、のどごしのよろしいものでした。
b0069951_0235361.jpg


京都府民ホールアルティでの公演のことも書かずに日にちはたちましたが、公演の時の楽屋廊下に並ぶ衣装ラック。
b0069951_025856.jpg
今思い出しても夢のような時間でした。皆がんばってくれて、8月のワークショップ、12月のリハーサル、そしてこの公演とトントン拍子にことが進んで。

この衣装は今回日本のダンサーのために作ってもらいったもの。衣装の宮田しおさん、本当にありがとうございました。
ニューヨークの衣装をみてもらい、生地を選ぶところからそしてその生地を染めるのにかなり時間がかかったそうです。公演の数日前にようやく染め上がって、その後は寝る間もなかったそうですし。
しかしその甲斐もあって、すばらしい衣装になっていました。

これは19日の公演の後、カーテンが閉まってすぐに。
b0069951_0301511.jpg
皆よくやってくれました。終わってからの打ち上げ、一人一人に感想を聞いたのですが、それを聞いて目頭が・・・やはり一つのことを皆でやり遂げると言うことが、すばらしい。よい経験でした。私はレクチャーもやらなくてはならず、その上自分も一つ踊ると言うことで、かなり緊張(ものすごい緊張するタイプなので)、彼女たちのことまでみてあげられる余裕もなかったかもしれないところをバレエミストレスの律子さんに助けられ、助かりました。本当彼女がいなかったら・・・
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-04 00:37 | 旅・ツアー | Comments(2)
Commented by kattyan62 at 2006-04-05 11:54
素敵な公演、ありがとうございました。
普段の練習風景まで再演されるとは思ってもみなかった。
大勢の皆さんがmikiさんの号令で動くさまは拝見してても気持ちが良かった〜 号令で移動するなんて自衛隊や警官ぐらいと思ってたもんですもんですから・・・
Commented by miki3lotus at 2006-04-06 00:00
*かっちゃんさん
いっぱしの先生ぶっていましたよね。
でも、自衛隊、警官。。。そうですよね。号令で動く。
踊りも似たものがあるかも。。。
<< マンハッタンをちょっとでると iBook 続き >>