舞台

このところ、舞台を観ても、そのエントリーがなかなかできず・・・疲れておりますが。

イーストビレッジにあるLa Mamaはアバンギャルド、そしてエクスペリメントシアターのメッカ。そこで、私もずいぶん前に踊ったことのある、エロル・グライムの作品を見た。彼は私と同年代。そしてこの「Let's Crack the Egg」は、まさにずいぶん前に私が踊った作品。その当時はまだ所々しかできていなかったのが、今回はかなりまとまった作品になってきている。それでも完成ではない。ある人物の頭の中にある思い出、寝ているときにうなされたことなどの思いなどが舞台の上に現れるのだが、所々まだ不完全。よくなった部分、そしてまだまだの部分、私の感想も彼にしっかり伝えて返ってきました。
b0069951_126276.jpg

公演の後、作者のクエスチョン&アンサー。いろいろな人が、遠慮せずに質問するのはやはりアメリカだからなのか???京都での公演の時にもこれをやりたかったのだが、反対された・・・
b0069951_1264670.jpg


そしてこれは、昨日観た「キリストの受難」バッハの曲でのSt.Matthew Passion。
観ての通り(ぼけているけれど)舞台の上(後ろの方に)もお客さんが座る設定。そして真ん中あたりの木のいすは歌手たち。でも皆私服。オーケストラの人も皆私服。何とも面白い設定だった。そしてこの劇場BAM のハービーシアター(昔はマジェスティクと言われていた)この劇場の古さ加減がこれまたよい風に前衛的なものにぴったり。
イギリスからの舞台(前にエントリーしたはずだけれど、シェークスピアの・・・今思い出さない・・・)の時の写真も是非見てください。
b0069951_127431.jpg


そして今夜はジュリアード音楽学院のコンサートで、「Beyond the machine」とタイトルがつけられていた、エレクトリックピアノ、バイオリン、マリンバ、パーカッション、そこに歌やチェンバーミュージックが混じりかなりすごい展開。コンテンポラリーミュージックは時によくわからず。そして聞いていて心地よくないものも多いが、今日のは結構いけた!
私はマリンバの音が結構好きなのだが、エレクトリックマリンバの演奏を初めて聴いた。たたいた後に、その音が3秒遅れで鳴る。実際にたたいているときに聞こえるものと、遅れて聞こえるものとの重なり合い。これは面白かった。メカニックとしてはどうなっているのか、不思議・・・種明かしを聞きたい感じ・・・
b0069951_1272739.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2006-04-14 12:22 | 舞台・劇場・芸術
<< そしてガーデン Emergency Fund ... >>