舞台

このところ、舞台を観ても、そのエントリーがなかなかできず・・・疲れておりますが。

イーストビレッジにあるLa Mamaはアバンギャルド、そしてエクスペリメントシアターのメッカ。そこで、私もずいぶん前に踊ったことのある、エロル・グライムの作品を見た。彼は私と同年代。そしてこの「Let's Crack the Egg」は、まさにずいぶん前に私が踊った作品。その当時はまだ所々しかできていなかったのが、今回はかなりまとまった作品になってきている。それでも完成ではない。ある人物の頭の中にある思い出、寝ているときにうなされたことなどの思いなどが舞台の上に現れるのだが、所々まだ不完全。よくなった部分、そしてまだまだの部分、私の感想も彼にしっかり伝えて返ってきました。
b0069951_126276.jpg

公演の後、作者のクエスチョン&アンサー。いろいろな人が、遠慮せずに質問するのはやはりアメリカだからなのか???京都での公演の時にもこれをやりたかったのだが、反対された・・・
b0069951_1264670.jpg


そしてこれは、昨日観た「キリストの受難」バッハの曲でのSt.Matthew Passion。
観ての通り(ぼけているけれど)舞台の上(後ろの方に)もお客さんが座る設定。そして真ん中あたりの木のいすは歌手たち。でも皆私服。オーケストラの人も皆私服。何とも面白い設定だった。そしてこの劇場BAM のハービーシアター(昔はマジェスティクと言われていた)この劇場の古さ加減がこれまたよい風に前衛的なものにぴったり。
イギリスからの舞台(前にエントリーしたはずだけれど、シェークスピアの・・・今思い出さない・・・)の時の写真も是非見てください。
b0069951_127431.jpg


そして今夜はジュリアード音楽学院のコンサートで、「Beyond the machine」とタイトルがつけられていた、エレクトリックピアノ、バイオリン、マリンバ、パーカッション、そこに歌やチェンバーミュージックが混じりかなりすごい展開。コンテンポラリーミュージックは時によくわからず。そして聞いていて心地よくないものも多いが、今日のは結構いけた!
私はマリンバの音が結構好きなのだが、エレクトリックマリンバの演奏を初めて聴いた。たたいた後に、その音が3秒遅れで鳴る。実際にたたいているときに聞こえるものと、遅れて聞こえるものとの重なり合い。これは面白かった。メカニックとしてはどうなっているのか、不思議・・・種明かしを聞きたい感じ・・・
b0069951_1272739.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2006-04-14 12:22 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(6)
Commented by kattyan62 at 2006-04-14 21:38
メカを考えるのが好きなんです。
数秒遅れ=一旦録音をして再生を数秒送らせて再生する装置は簡単にできます。
方法も幾通りもあって、高級にはパソコンのシーケンスで可能だし、今一つではマイクで受け取った音に抵抗を与えて送らせてスピーカーから流すのも可能だと思うのです。
マリンバの音、ロマンテックだから僕も好きなんですよ。
Commented by Login at 2006-04-15 16:58 x
>メカニックとしてはどうなっているのか、不思議・・・種明かしを聞きたい感じ・・・
セッテイングから推測させていただくと、収音した音に対し「ディレイ」というエフェクトマシンで効果を出しているものと思われます。
もちろん、遅延音を完全に計算してEnsembleを構築しているはずです。見た目がアコースティックなのがミソですね(^。=)
Commented by miki3lotus at 2006-04-15 22:39
*かっちゃんさん
そうでしたか、かっちゃんさんもこれができるのですね。すごい・・・
今度マリンバ(日本人の女の子が一人は行っているので)彼女の見せてもらおうと思っているのです!ちなみに、ジュリアード音楽学院ではマリンバはパーカッション部門にはいるのだそうです。
Commented by miki3lotus at 2006-04-15 22:41
*Login様
そうですよね、劇場(いつも躍りで使っているブラックボックスなのですが)に入ったら、ハープシコード、ピアノ、マリンバ、ザイラフォン、そしてたくさんのワイヤー、などがあり、はてな?で下。そこにコンピューターも何台かおいてありましたが。
アコースティックな音と、エレクトリックな音、そしてディレイなどで、面白かったです。
Commented by Lyrical J at 2006-04-20 18:54 x
Q&A、京都では、どーしてダメなの~~~
確かに中学生の頃、先生に質問すると困った顔をされたことがありましたが、海外にでてから、お医者さまでも、学校の先生でも、仕事をする上でも、質問を受け付けてくれることで随分助けてもらってきました。質問されて学んだことも多いし。やはり、日本ではまだタブーですか。。。
Commented by miki3lotus at 2006-04-21 12:42
*リリカル様
京都では、公演終わった後のトークすら、やってもだめといわれました。なぜかというと、誰も質問しないだろうと言うことで。う〜〜〜ん。そうかなぁ〜〜〜
でも確かに、前に日のオープンリハーサルの時に、人数少なかったけれど、誰も質問してくれなかったから、そうかも・・・
私もお医者さん、踊りのクラス、結構興味があってよく質問します。特に踊りは英語ができるようになって(ちょっとうまくなっただけでしたが)一挙に質問が増えました。
ねぇ〜〜〜質問しないとわからないことたくさんあるから・・・
<< そしてガーデン Emergency Fund ... >>