Shelf Life by Camille M.Brown

今ニューヨークではThe New York International Fringe Festivalの最中。このフリンジ、エジンバラのフリンジに影響されてニューヨークでも始まった物。
8月11日から27日まで、ダウンタウンのあらゆるところでいろいろ見ることができる。今年は10年目。コメディ、ドラマ、ミュージカルと今年は圧倒的にドラマが多いようだが、ダンスもある。

今日私が見に行ったのは、1987年に私がマーサ・グラハム舞踊団に入った時にほぼ同じ時期に入った友達Camille M.Brownのワンウーマンショー。彼女はカンパニーに8年いて、その後ブロードウェイのショー「王様と私」そして今も「ライオンキング」にでている。「ライオンキング」では、オリジナルキャストで、始まった時からこの作品に出演している。

この何年か、彼女はPlay Writing のクラスを取っている。そしてそのちょっとした発表も何回かあったのだが、昨年このフリンジにでてから、作品も磨きがかかって素晴らしいできとなっていた。願わくばもっと沢山の人に見てもらいたい作品だ。

ベニューはThe Flea Theater、41 White Streetキャナルストリートから南に3ブロック降りた所(ブロードウェイとチャーチの間)
b0069951_1023557.jpg

「Shelf Life」36分と、こじんまりした作品だが、大きく分けて3部作になっている。
数年前ニューヨークにようやくできたコンテイナーストアーでのエピソードで始まり、職場の友達の妊娠をきっかけに自分の中に眠っていた「子供がほしい?」「子供をほしい?」との葛藤。そして小さい頃から夢見ていた老後の生活のイメージ。彼女のことを知っている私としては笑えないこともいくつか・・・もちろんこの作品はダークコメディ。知っているが為におかしい場面もかなりある。知っていなくともかなりおかしいが。
b0069951_10232214.jpg


フリンジ自体がそれ程有名でないこのニューヨーク
どの作品にしても観客動員が一番のネックのようだ。宣伝もそれ程しているとは思えないし、いかに?
でもこうやって自分の作品を発表する場という物があるということ自体が素晴らしい。私も沢山踊るのではない、ワンウーマンショーのダンスをやろうかと、ちょこっと頭をかすった。

帰りに、地下鉄1番のフランクリン駅の所にあるカフェでミントティーとムール貝のカレー蒸しとココナッツライスを食べて帰ってきた。アパートにたどり着く前にガーデンに水やり。今日は結構あげることができたので、満足。
今年初めてのトマトの収穫もあり!!!ふふふ。ニラも取ってきたので、明日の朝はニラ玉!ご飯もセットしてあるし。
そしてアパートについて、猫シッターで預かっているカゲとトラ(シャドウとタイガー)にご飯をあげ、自分でもおにぎりを作ってなすの味噌煮、鯖のそぼろ、キムチ豆腐とケールのみそ汁、仕上げはタンポポコーヒーとピーチタルト。
お腹も満足。。。これで部屋が綺麗だったら文句はないが、猫たちがお家に帰ったら、掃除機もかけて、ヨーロッパから戻ってきたスーツケースの中もあけて・・・することはたくさんある。
友達の踊りも習わないといけないし、忙しくないはずなのに結構忙しい毎日です。

さぁ、お風呂に入って寝ます。
お休みなさい。
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-21 10:31 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(6)
Commented at 2006-08-21 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3lotus at 2006-08-22 14:10
*鍵コメ様
全然存じ上げませんでした。どのような内容だったのでしょうか?
Commented by **** at 2006-08-23 10:20 x
掃除は、だいぶきらいなんですねー!!
でも、かなり気にはしている?
Commented by miki3lotus at 2006-08-23 11:36
****様
いや、そんなことはないのですが・・・掃除をする時は結構徹底的にやる方でして、だから普段あまりやらない(?)のかも。でもツアーから戻ってくると疲れて、スーツケースを開けて、洗濯物だけ出して後はそのままの状態がかなり長いこと続くこともあります。そして今はしたの猫を預かっているので、ものすごい毛。毎日ブラシしてあげても凄いので、この猫ちゃん達が帰ったら掃除機ぶんぶんかけて〜〜♪
まあ、今は一人だからいいでしょう。はい。
Commented at 2006-08-24 22:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3lotus at 2006-08-25 12:43
*鍵コメ様
この舞台は踊りは入っておりませんでした。それでも、所々の彼女の動きがとても素敵でした。こちらでも、踊りなのか、演劇なのか???という物がよくあります。あまり考えずに楽しむことにはしていますが、時々頭をひねってしまう物もあります。
<< 映画 「United 93」 ハンブルグもう一つ。 >>