ミネアポリス

アン・アーバーを後にして、ウィスコンシン州のマジソンに。
マジソンでの話はちょっとスキップして・・・
昨日、マジソン(ウィスコンシン州)からバスでここミネアポリスに、到着。どうしてもお米が食べたくなって(年を取ってからこれが増えました)日本食を探していった先は鉄板焼きレストラン「一番」道も名前が・・・やはり日本人の経営ではないようだが、まあ仕方ない。それでも鉄板焼き(昔ニューヨークにオープンした「紅花」がこの手のレストランの草分け。)なので、まあまあ。
食べ終わって帰ってきてからお風呂、そしてテレビを観ていたら、なんと1時半。早くねようと思っていたのに・・・

そして今日はお休み!!!ふふふ。
私のブログでも紹介したのだけれど the Body Exhibitという展示。そして今日行ったのはBody Worldという展示。このBody Worldはこのミネアポリス/セント・ポールというこの町(ツインシティとも呼ばれているミネソタ州の首都)にあるサイエンス美術館にて今年の12月まで展示されているそう。Body Worldはドイツ人のGunther von Hagensがプラスティネイションという方法を発明して本物の人体を使った解剖学的展示、体の中にある、神経、血管、骨、腱等々を普通の人の生活の動きを使い観ることが出来る。素晴らしい展示だ。
b0069951_12212937.jpg


ある標本はプラスチック、ある標本はゴムのように、そしてある標本はガラスのように変化し、切り開いたり、スライスが可能となりました。人は自分達の体がどうなっているのか、様々な動きに対して筋肉や筋などがどのように動くのか、またそれらの筋肉がどのように脂肪や骨と繋がっているのか、病気とはどのようなものなのか、器具を埋め込む手術や治療とはどのようなものなのか、生命誕生の神秘とはとのようなものなのかなどを実際に目で見て、あるときは触れて、理解できるようになったのです。
b0069951_12215265.jpg



日本では昨年展示があったはずですが、もしまた展示があるようでしたら、是非!お勧めします!!!

それから、ここミネアポリスは歌手の「プリンス」発祥の地。彼はここから出たそうです。ミネアポリス側。そして今でもこの郊外に住んでいるそう。そして彼の敷地は「ペイズリー・パーク」と呼ばれていて、レコーディングスタジオ、そしてそのレコーディングに参加する人たちの宿泊施設まで整っている建物(ホテルでしょうか?おそらく)まであるそうです。全てその中で過ごせるように。
それでもプリンスは時々ミネアポリスに出てきて、クラブに行ったりはしているようです。(タクシーの運転手さんから聞きました)
ま、会えないでしょうねぇ〜〜

寒いミネアポリスからでした。はい。
*写真は公式サイトからお借りしました(勿論館内は撮影禁止)
[PR]
by miki3lotus | 2006-10-20 12:22 | 旅・ツアー
<< これからニューヨークへと向かいます アン・アーバー ミシガン州 >>