アルバニー・・・・・・・・・・・ニューヨーク州

イタリアのツアーが終わり、ニューヨークに戻った。
そして週末はお休み。

ジュリアードのダンス課、3月のスプリングコンサートの演目はトワイラ・サープのデュース・クープ、スーザン・マーシャルの新作(女性のみ)そしてイリ・キリアンのソルジャーズマス(男性のみ)。

キリアンの作品のリハーサルを見に行った。
2,3,4年生の男性ダンサー。それぞれに知った顔。
どのダンサーもとても良い。ソルジャーズマスという題名の通り、兵士の踊り。
私達は兵士と言っても、父親のジェネレーション、はたまた今のイラクとかのは無しは耳から聞くだけ。リハーサルディレクターをやっている夫は彼等に、今のイラクに行っている兵士のことを考えてごらん、君たちと同じ年齢の兵士達、どんな境遇にいるのか、と問いかけたそうだ。
そうした次の日のリハーサル。
思わず涙が出る。兵士だというグロリヤスな面、そして朽ちていく面。良くこんなに若いダンサー達なのに・・・と思ってしまった。
昔(1985年頃)キリアン率いるネザーランドシアターがニューヨークのメットでの公演。私はこの作品を見ている。そのときはふ〜〜んとしか思わなかった。他の作品があまりにショッキングだったためかも・・・彼の動きはとても新鮮だった。振付が素晴らしかった。
で、この作品は派手ではないし、どちらかというと悲しい。
でも今見ると素晴らしいと思う。私も年を取ったのでしょうね・・・

そして昨日はアップステイトのティボリと言う所にあるカッツバーンと言う所に行き、レクチャー・デモンストレーション。今日はケンブリッジ(ニューヨーク州)にてレクチャー・デモンストレーション。3人のダンサーとカンパニーマネージャーだけ。
終わってからニューヨークの首都、アルバニーに。車で45分ほど。
やっとホテルに入ったのは夜10時過ぎ。朝早くにニューヨークを出たので、今日はもうディナーには出ないで、ホテルのバーで、ワインを買って部屋まで持ってきて、お昼の残りのサンドイッチでディナー。わびしそうに聞こえるが、部屋でゆっくり、コンピューターを空けながら、食べて、飲んで。

これが一番ツアー中のリラックスになる。明日の朝は早く起きる必要がない!!!

う、うれしいぃ・・・

そしてこれからお風呂に入って、寝るとします・・・・

zzzzzzzzz
[PR]
by miki3lotus | 2007-03-01 13:21 | 旅・ツアー
<< 今回の帰国 Acts of Light >>