ニューヘイブンーーーーコネチカット州

昨日の夜はニューヨークから電車で2時間のコネチカット州はニューヘイブンにての公演。こちらにある大学のオーケストラとの、ライブパフォーマンス!やはりライブはよいです。もちろんテンポや楽器の音で、困るときもある。普段聞き慣れている音が聞こえなかったり、テンポが早かったり遅かったり。。。でもそれも楽しい。

6月頭からずっと書いていなかったけれど、11日はABT(アメリカンバレエシアター)を観に行った。今年44歳で引退するフェリの「マノン」。このシーズン「マノン」を2回と、明日の23日夜の「ロミオとジュリエット」で彼女はABTを引退する。3月にDDDという雑誌のために彼女のインタビューをした。同年代のダンサーとして(もちろん彼女は超有名で、私とレベルは違うのだけれど)彼女の選んだ道のことを話した。

そして彼女の「マノン」
ストーリー自体はひどい話!につきるが、彼女の演技(踊りも演技も)はすばらしかった。
これから少し時間ができるので、ゆっくり書いていきたいと思いますので、今日はここまで。

**************

ニューヘイブンの公演は、1950年代のグラハムの作品をリ*クリエーション、あるいはリ*イマジネーションとして作り直したもの。数枚しかない写真、同時のキャストによる話、オリジナルの音楽。。。そこから70年代にグラハムで踊っていた、スーザン・マクレイン(彼女は今カリフォルニアの大学の先生をしている)が起こしていき昨日の公演にまでたどり着いた。
音楽はその当時のニューミュージック風(と言うことはかなりアジアンテイストでいわいる昔の現代音楽風)ゴングだったり・・・なかなか・・・

昼間のリハーサルでは、テンポが速くて、どうなるかと思ったが、夜公演はとても良かった。他の作品もライブ。久しぶりにオーケストラとの公演。私はこの緊張感が好きだ。

もう一つ付け加えると、このオーケストラのバイオリン奏者、どこかで見たなぁ〜〜と思ったら、2001年にジュリアード音楽学院に行っていてなんと彼は私の結婚式の時に、バイオリンを弾いてくれたサミーだった。04年に卒業して、そのご、このニューヘイブンの大学院に来ているという。
狭いものですねぇ〜〜
[PR]
by miki3lotus | 2007-06-22 22:59 | 旅・ツアー | Comments(0)
<< シーダーレイク・コンテンポラリ... ニューヨーク株式市場前 >>