シーダーレイク・コンテンポラリー・バレエ そしてABT

ニューヘイブンから戻り、その晩は26丁目にあるシーダーレイク・コンテンポラリー・バレエの公演を見に行った。
踊りのカンパニーで自分劇場を持っている所はほとんどない。このカンパニーはそのまれなカンパニーの一つだ。超有名な写真家アン・ルボビッツがスタジオを売りに出してそれを現金で買ったのは大手メガスーパーであるウォールマートの娘だった。彼女は芸術的なことに関しては口出しをしない、でもダンスのカンパニーを持つことが夢だったそうで(自分がダンサーになりたかったよう)カンパニーを作った。

このカンパニーは自分のスペースがあるので、いつでも好きな時に公演が出来る。一年で4回は公演しているのではないか?
今回の作品は、今までの彼等の公演の中でも一番良かった公演だったと思う。今まではいろいろな振り付け師の作品、芸術監督の作品などを踊っていたが、今回のオハッド・ナハリンの「デカ・ダンス」は彼等にはぴったりだったと思う。
この「デカ・ダンス」はオハッドの今までの作品の中から抜粋をつなげた作品集になっている。見たことのあるシーンが出てくる。オハッドのバッシェバ・ダンスはイスラエルのテルアビブにカンパニーがある。土地柄の作品テーマ、そして今の作風、オハッドのバックグラウンド全てがミックスされて、オハッド節になっている。

オハッドとは1980年代初期に、アルビン・エイリーの稽古場で一緒にクラスを取っていた。その当時から、ちょっと変わった(?)ダンサーだったけれど、それが高じて今はよい作品を作る振り付け師だ。

++++++++++++++++++++++++

そして23日夜のABTの公演。
これはバレエ会のマリア・カラスと言われているアレッサンドラ・フェリの引退公演。
11日には「マノン」を見に行ったが、今回はマクミランの「ロミオとジュリエット」。


う〜〜〜時間がないのでまた続きはこの次・・・
[PR]
by miki3lotus | 2007-06-26 03:04 | 舞台・劇場・芸術
<< レーク・プラシッドーーーニーラ... ニューヘイブンーーーーコネチカット州 >>