ハンブルグバレエのニジンスキーガラ公演

今日、帰ってきました。ハンブルグから。

9日に出て、ハンブルグ入り、知り合いが迎えにきてくれて、違う知り合いのところに荷物を預けに行き、その後中央駅まで送ってくれました。ICEだと1時間半で、ベルリンに到着。そして待っていたら、なんとストライキ。電車は2時間遅れ。ま、急いでないので。

ベルリンでは今ベルリンのアバンガルドな劇場にてインターンをしている友達のところに泊めてもらい、ベルリンを見て歩く予定。予定はあくまでも予定。
ただ街の中を見てみたい。
今ベルリンは町中がエネルギーを発していると思う。壁が落ちた後、いろいろなことが起こっている。楽しみ。

ベルリンでコンピューターが壊れてしまい、明日にでも新しいのを買いにいこうかと思っている私です。


と、ここまで書いたのですが、今日はかなり疲れが。
これからお風呂にでも入ってぐったりします。
b0069951_9552935.jpg

左からグラハムのダンサーのタデイ、真ん中はハンブルグバレエ団の芸術監督のジョン ノイマイヤーさん、そして私でした。ガラの前の日に、ゲストのダンサー達が招待された彼の自宅(美術館のような)にて。
[PR]
by miki3lotus | 2007-07-20 06:38 | 旅・ツアー | Comments(2)
Commented by NED-WLT at 2007-07-21 14:53
ベルリンはまだ行った事がないのですが、とにかく是非一度見ておくべきだと少なからぬ人から勧められます。おっしゃるとおり、エネルギーに溢れている都市なのでしょう。
Commented by miki3lotus at 2007-07-23 07:40
*NED様
お久しぶりです。
ベルリン、やはり町中にエネルギーがあるように感じました。昔のニューヨークの町中を歩いているようなあの下からあがってくるエネルギーです。それは若くしてアートを目指している人たちにはぴったりという感じです。
もっとゆっくり、いろいろ歩きたかったですが、途中でコンピューターが不能になりそれを直そうとしてかなり時間を取られてばからしかったことも確か。。。
でも、町にいるというだけでも違いました。
その後のハンブルグはまたまた違った空気の流れる町で、それはまたゆっくり書くとします。

<< ハンブルグーーーーーーードイツ ハンブルグバレエのニジンスキー... >>