公演が始まりました。

火曜日から公演が始まりました。

マーサの、初期の作品「LAMENTATION」をテーマに、3人のニューヨークに住む振り付け師に短い作品を作ってもらい、「LAMENTATION VARIATIONS」というタイトルで、オープンしました。3つのうち、2つに出たのですが、これがまた大変でした。
マーサ亡き後、もちろん新作はほとんどない訳ですから。今までの16年の間、ロバート•ウィルソン、トワイラ•サープなど、数人の作品はカンパニーで踊りました。もちろんグラハム以外のところで踊ったりもしたので、そこでは新作に関わることも多々ありました。ただこのところ、あまりなかったので、自分の頭の切れなさに結構ショック。まして一つの作品は公演が始まる3時間前まで振りがかわったり、それはとても細かいところまで指示されて…終わってほっとしたのもつかの間、この作品たちを一つずつに分けて踊ることに。「え?」ということは?土曜日の夜の公演でまたこの作品を踊ります。う〜〜〜練習しないと。。。

と、初日は、私はこの二つだけでしたので、踊ったあとすぐに鍼の先生に劇場まで来てもらい、膝、足、打ってもらいました。痛いの何の…「いたっ!あ〜〜〜」を連発に、周りのダンサーはきっと、鍼はものすごく痛い物だと思ったに違いないですが、そんなのことは気にしません!はい。

そして水曜日、昼間ゲネプロというのがあり、衣装、セット、照明をつけてのリハーサル。一日中劇場詰め。夜踊ったのは「CHRONICLE(年代記)」という作品。ジャンプもあり、膝で廻ったりもあり、でちょっとばかし膝にはつらい。でも、公演は無事に。
このところ、踊ること事態は楽しく踊れるので、何を踊ってもエンジョイしています。

木曜日は「CAVE OF THE HEART(心の洞窟)」のメディアを踊りました。こちらも、かなりエンジョイして踊ることが出来ました。マーサ•グラハムではないし、そのあとにこの作品を踊ったダンサーたちでもなく、私なので、私なりのメディアを。。。ディレクターにはリハーサル中もっと派手に、と言われていたけれど、公演は自分の物。自分の踊りたいように踊るのが良い!と決めて、踊ってきました。ディレクターにしたら、やりづらいかもしれないけれど、もちろん、ここそこのだめ出しには耳は傾けますが。そしてその中で良いと思った物はもちろん取り入れます。でも最後のところは自分を信じて踊るだけでしょうか。

今日はこれから土曜日のマチネ「HORSES MOUTH」というがありそのリハーサル。
これについてはまた今度。
行ってきます。


ジョイス劇場のマーキー。
b0069951_2127091.jpg

入り口のポスター、私です。
b0069951_21271866.jpg

ジョイス劇場は舞台袖は狭く、そしてフライスペース(天井も低い)ので、セットたちは吊るされています。
b0069951_21273976.jpg

b0069951_21275192.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2007-09-14 21:29 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(4)
Commented by organistnikki at 2007-09-16 00:55
公演、まだまだ続きますね。
公演の成功をテキサスから祈ってます!
膝の痛みが少しでも退きますように。
Commented by NED-WLT at 2007-09-16 03:42
入り口のポスターとか、さりげないですけど凄い感じがします。舞台、是非いつか観てみたいです・・・。
Commented by ゆきみ at 2007-09-16 12:59 x
みきちゃん、公演始まったようですね。見に行きたくてウズウズしています。ジョイスでの公演、15丁目に住んでいた時は、目と鼻の先だったのにね。今のみきちゃんの舞台観て見たいです。シティー・センターの頃、思い出します。
Commented by miki3lotus at 2007-09-16 23:05
*organistnikki様
ありがとうございます。膝は晴れてはいますが、テーピングとアスピリンで頑張っております。。。

*NED 様
この写真は「ACTS OF LIGHT」の本に載っている写真です。ポスターガールですね。ハハハ

*ゆきみ様
本当にね。歩いていかれる距離でしたね。今は帰りはタクシー。。。行きは頑張って地下鉄ですが、週末はタクシーで行ったりして、ちょっと贅沢しています。

<< ちょっと一息 来週からジョイス劇場 >>