これはぶっ飛んだというのかポジティブな。。。

間違ったと呼ぶのか。。。

DEEP SONGというソロを今夜踊った。
いや、踊ったといっていいのか。。。

この作品は同じ曲を2度使っている。途中5秒ぐらいのサイレンスが入る。

前半、踊り初めて結構すぐぐらいに、後半の踊りを始めてしまったようだ。。。

もちろん始めは気がつかない。で、途中で踊りつつも、どこか変だ、と思うようになったときに、前半のほとんどを飛ばした事に気がつきそこから音を聞きながら、体は後半の踊りを踊りつつもどうやって、前半の終わりに持っていくか、考えながら動いている。。。そして前半の最後の音あたりには、ちゃんとその位置にいるようにつじつま合わせ(あっていませんが。。。)。
ふぅ〜〜そうして、後半の音が始まり、そのあとはスムースに最後まで行きましたが。。。そうなのです、時々やるのです、私。でもこれは振りがぶっと生んだのではなく、かなり信じきって踊っていたので、気がついた時の同様ったら〜〜〜〜タラ〜〜リです。

しかし、そこはプロ(間違えておいてプロはないだろう!というお言葉、聞こえておりますが、間違えた時こそプロッフェッショナリズムが必要になるのでございます!)、何なかったように踊りました。
だからこれは本当のDEEP SONG ではなかったという事です。はい。

リハーサルディレクターは、気がついていなかったようだし。ほら、ここからこの振りにして。。。と話したら「えっ?」だって。

はぁ〜〜〜楽しかったです。

こういう時こそビデオを撮っていればねぇ〜〜
わーい
[PR]
by miki3lotus | 2007-11-14 14:19 | ダンス
<< 初雪 クリーブランドーーーーオハイオ州 >>