ベケット作 「Happy Days」

BAMのハービー劇場にての芝居を見た。ベケット作 「ハッピー デイズ」

この二人芝居、ほとんどがフィオナ•ショーのモノローグ。
一幕、二幕とで、時間が経過している様を、一幕ではウエストから上だけを出して、一カ所に埋まっている,二幕では、首から上だけを出して埋まっているという状態で芝居するのだが、さすがフィオナ•ショーである。
b0069951_6203369.jpg


このフィオナ•ショーという女優さんは「ハリーポッター」のハリーのオバサン役で映画に出ている。ちょっと意地悪な役。ほかの映画で彼女を見た覚えはないが、数年前に「メディア」で主役をやった。この作品で、BAM そしてその後ブロードウェイにきている。彼女のメディは、自然で、なおかつ恐ろしかった。

この作品はベケットが1960年に作った作品。
で、地球に(土に)埋まっている役者は、ほとんど台詞だけで表現しなければならない。何でも、フランス人の女優さんがやった物がベケットは一番好きだったと書いてあったが、この彼女の物を観たら、どういうのだろうか?
b0069951_6211026.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2008-01-21 06:21 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(4)
Commented by takusukila at 2008-01-21 09:22
ミキさーん。 日本でのお正月、楽しかったみたいですね~。 でも、すでにもう公私共々お忙しそう! 数年前に知り合った時は、こんなに忙しくなかったイメージだったんですが・・・オフシーズンだったのかな?(笑) 

寒いですが、このくらい寒いと、「冬!」って感じでホッとします。 昨日、今日と、ユニオン・スクエアからトライベッカまで歩いて帰りました。 やっぱり冬、大好きですわ~。 

お時間みつけて、お茶しましょ!
Commented by c at 2008-01-21 19:22 x
ハリーポッターのペチュニアおばさんだ〜! 映画の中ではブーデー(means f/a/t/)な一人息子を溺愛し、普段は何となく夫の言いなりのような主体性を感じない人ですが、ハリーの母(ペチュニアの姉)にコンプレックスがあったみたいで、確か1話か2話で毒を吐きまくってました(笑)なるほど現役の役者ですね。芝居っていうとさすがに本場ですね、そちらの環境が羨ましいですなぁ〜。
Commented by めばえ at 2008-01-24 23:59 x
ベケット好きです。
幸せな日々。。。日本語タイトルです。
昨年日本で ある小劇団による公演のリハーサルを 観ました。
それでは彼女は「石炭」に埋まっていました。
Commented by miki3lotus at 2008-01-26 23:03
*takusukila様
寒くなりましたね!!!でもこう寒くないと、ガーデンの死ななければならない虫がいなくならない!!!です。
でも寒い中、外を歩くのは結構つらいですよね。でも、後もう少し、頑張りましょう!

で、お茶、ぜひ時間を見つけて。。。

*c様
そうなのです、その彼女です。私は映画に出ている彼女よりは舞台で観る彼女の方が好きです。やはり本物にはかなわない。。。デス。

*めばえ様
日本では石炭にですか。。。これはコンクリの中で、信憑性があるだけになかなか恐ろしく感じました。
<< There Will Be B... 今日のニューヨークは >>