There Will Be Blood

久しぶりのダニエル・デイ=ルイスの映画There Will BE Blood

ダニエル・デイ=ルイス演じる野心あふれる採掘者プレインヴュー、油田を発見し大物実業家にのし上がっていく話。人を信じない、人を必要としない彼の生き方をデイ=ルイスがすばらしい演技で見せてくれる。台詞がなくとも、彼の表情から何を考えているのかが読み取れる。

デイ=ルイスは一つ役を演じるときには、映画を撮影している間その役になりきるときく。この映画を撮っている時、彼のそばにはいたくない。。。。

この作品、映画内の音楽エフェクトもよかった。そして若くして牧師役のポール・ダノも。


アカデミー賞サイト オスカーノユクエでの予想は下の通り。
ノミネート予想
○ 作品賞(ポール・トーマス・アンダーソン他)
○ 監督賞(ポール・トーマス・アンダーソン) 
○ 主演男優賞(ダニエル・デイ=ルイス) 
○ 助演男優賞(ポール・ダノ) 
○ 脚色賞(ポール・トーマス・アンダーソン) 
○ 編集賞(ディラン・テチナー、タチアナ・リーゲル) 
○ 撮影賞(ロバート・エルスウィット) 
○ 美術装置賞(ジャック・フィスク) 
○ 衣装デザイン賞(マーク・ブリッジス) 
▲ 作曲賞(ジョン・ブライオン) 
▲ 音響賞

(◎=確実  ○=有力、期待  ▲=チャンスあり)
[PR]
by miki3lotus | 2008-02-03 02:35 | 舞台・劇場・芸術
<< グッゲンハイム美術館 ベケット作 「Happy Days」 >>