カテゴリ:舞台・劇場・芸術( 131 )

勅使河原三郎「みろく MIROKU」と蜷川演出「ムサシ」

今年のリンカーンセンターフェスティバル

同じ日に二つの日本の舞台。
一体どう言う事だろうか???

私達は金曜日の夜に勅使河原の
「みろく MIROKU」をみて、土曜日に「ムサシ」を観に行った。

コロンバスサークルにあるタイムワーナービルの5階にあるローズ劇場はリンカーンセンターのもつ舞台の一つ。ジャズリンカーンセンターとよばれている通り,ジャズの公演が多い。いくつかある舞台のナカ、一つローズ劇場での勅使河原の公演は今回で2度目。

続きは又後で
[PR]
by miki3lotus | 2010-07-12 01:28 | 舞台・劇場・芸術

アダムスファミリー

新しいブロードウエイのミュージカルが今プレビュー中。
b0069951_84971.jpg

ネーサン・レーンがお父さん役でビービー・ニューアースが母親(モティッシャ)役。おばあさん、子供2人,おじさん,バトラー(フランケンシュタイン)役、全てが面白いキャラ。

まだプレビュー中というのに,ものすごい列。久しぶりにこのような状態を見たような気がします。
不況という事で,しまる舞台も多いのに,これは絶対ヒットします。エンターテイメントだけれど,若い人にも中年にも,阻止てお父さんお母さんの年代の人にも受ける内容が沢山。

もちろん写真は撮ってはだめなのですが・・・ちょこっとカーテンコールを。
b0069951_882696.jpg


そしてこれは先日ツアーで行ったアリゾナのぬけるような青空。。。
b0069951_892228.jpg

いかにもアリゾナっぽい。と思ったら,ここから小1時間ほどの所に住んでいる方から(ちぃあ様)先週の木曜日は雪だったとか。天候がアップ&ダウンもアリゾナなのでしょうね。ニューヨークはすっかり春っぽいです。今は東京よりも暖かいです。
[PR]
by miki3lotus | 2010-04-07 08:11 | 舞台・劇場・芸術

アダムスファミリー

今プレビュー中のアダムスファミリーを見て来ました。
ミュージカルってこうだったと思う程エンジョイして帰って来ました。この数年見た舞台の中で一番面白かったです。ネーサン•レーンも凄かったけれど出演者が皆芸達者!!トニー賞は間違いないでしょう!!!
[PR]
by miki3lotus | 2010-03-23 14:33 | 舞台・劇場・芸術

Music From Japan

私がストーニーブルックにて踊っていた同じ時,
SPはマンハッタンのリンカーンセンターにあるマーキンコンサートホールにて踊っていました。
久しぶりのパフォーマンス。
b0069951_128409.jpg

土曜日の公演,月曜日のニューヨークタイムズに載っております。
オンラインだとこちら
今週の水曜日にはもう一度ワシントンDCにて同じ公演があります。
私もお休みをもらって観に行きます!!!

戻ってきました。
[PR]
by miki3lotus | 2010-02-23 12:07 | 舞台・劇場・芸術

Brief Encounter at St. Ann Warehouse

年末に,またまたブルックリンのセントアンに行ってきました。
ものすごい雨のナカ,長靴と傘をさして・・・びしょびしょになりながら行ってきました。

ロビーに入ると結構の混みよう。1月6日までのものが延期になったというのもうなづけます。
b0069951_1054737.jpg

壁には今までここで演じられた舞台のポスターが沢山。
b0069951_10542438.jpg

始まる前に,ホテルマンのような格好をした数人がバンドで歌っていました。ロビーと舞台前と。
b0069951_10544057.jpg


Brief Encounter は昔の映画。
普通の家庭の主婦が駅であったドクターと恋におちる話。
50年代の映画なので,白黒。

イギリスの劇団(名前忘れました)で総勢10人足らずの劇ですが,歌あり、ムーブメントあり,タイミングの素晴らしい事,プロジェクターの使い方の上手い事,面白かったす。
b0069951_1054567.jpg

カーテンコール。

そしてロビーに出ると今度はキュウリのサンドイッチをサーブスされて,そしてまたまたバンドが。
始まる前に演奏していた人たちはこの劇団の人たちで,みな、芸達者。歌もうまいし,楽器も演奏するし・・・はぁ〜〜
思わずCDもかわされてしまいました。
b0069951_10551238.jpg

おまけ


そしてアパートに戻り,次の日に,映画を借りて来てみました。はい。
[PR]
by miki3lotus | 2010-01-27 11:00 | 舞台・劇場・芸術

いろいろ

グラハム舞踊団のニューヨーク公演も無事に終わり,9月まで休み。。。これは全く嬉しくない。しかし,その間,今まで出来なかった事をやれる!!!この数年ホールドしていた大学のコースを又始めたり。。。

ちょっと前まで一緒に踊っていた友達,今度子供が生まれるので,BABY SHOWERというのをしました。これは日本には無いけれど,子供用品などをプレゼントするパーティー
b0069951_12451460.jpg
b0069951_12453838.jpg


ニューヨーク公演前にレゼプションがあり,今回のメインの作品,クリテムネストラの作曲者(真ん中)と一緒にパチり!
b0069951_1245584.jpg

そして今年も卒業公演の季節。今年はいつもにまして卒業生が多い。25人!
最後の全員で踊る作品。そしてSPのお気に入りの生徒一緒に。
b0069951_12462176.jpg
b0069951_12464838.jpg

b0069951_1247761.jpg

そして今ガーデンは花が咲き乱れております
芥子の花。
b0069951_12473392.jpg
薔薇と手前は牡丹
b0069951_12475776.jpg

そして今年から有機栽培の蜂、蜂箱です。
b0069951_12482262.jpg

SPが手入れをしている所の黄色い薔薇は満開。
b0069951_12485211.jpg

私の大好きなアヤメの数々。この何ともいえない色合いが。。。
b0069951_12491531.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2009-05-24 12:49 | 舞台・劇場・芸術

ブロードウエイとリユニオン(同窓会)

久しぶりにブロードウエイの舞台を見に行ってきました。 今みたいのがいくつかあるので,来週の公演が終わったら,足を運びます!!!
b0069951_1242071.jpg

45丁目のミュージックボックス劇場でやっている August: Osage County をみてきました。
b0069951_12434939.jpg
これは2008年のトニー賞を取った演劇。
b0069951_1244106.jpg
b0069951_12443440.jpg
b0069951_1245982.jpg

休憩が2階会って,3時間以上の作品なのですが,全く持って長いと感じさせない,かなり緊張感のある作品です。
この作品に関しては今度ゆっくり書きます

そして
b0069951_12463615.jpg

そして今夜は,昨晩連絡があり,王様と私をやった時の王様、ルー・ダイアモンド・フィリップスがニューヨークに4日間だけ来ているとの事で,舞台をしていたときに良く行ったメキシカンのレストランにて集まりました。子役で,出ていたコ達はもう大学生。。。背も高く,女の子はきれいだし。。。圧倒されます。時間を感じさせてくれますよね。ダンサー仲間だけの集まりだと,皆それほど変わったわけえは無いので,ちょっと年を取ったかなぐらいですが,子供の成長をみると。。。

ダナ・マーフィー(アンナ先生役)と王様のリユニオンでした。
b0069951_12473711.jpg


はぁ〜〜〜

しまってから12年かぁ。。。
[PR]
by miki3lotus | 2009-05-08 12:49 | 舞台・劇場・芸術

ギャラリー、美術館、レストラン

b0069951_21565152.jpg

そうです、これは日本のアーティスト、奈良美智のエキジビッションです。
ニューヨーク、チェルシィー地区は今ギャラリー,美術館などが沢山集まり、昔のSOHOのようです。
その中のひつで、このエキジビッションがありました。知り合いから知らせてもらい、行ってきました。
b0069951_21593118.jpg
b0069951_21595862.jpg
b0069951_2202197.jpg


この春に高校を卒業するSPの甥っ子が来ていましたので、一緒にいろいろ廻りました。航空母艦もその一つ。で、この日はこのギャラリーの後、私の友達グループ(このグループはほぼ30年に近いおつきあいです)との食事会に一緒に行きました。これはちょっと前までミートパッキングエリアにあったMarktにて。ビール、ワイン、ムール貝のワインになど、ビストロ風。おいしい食事会でした。ふふふ

そして次の日は昼間、知り合いのシェフのいるレストランへ。
フィリッポというピザを作るシェフ。彼のピザは最高においしい。紙のように薄いクラスト!!!これはピザディフィリッポ(左)とピザラスティカ(右)。
b0069951_2222888.jpg


知り合いだという事もあるけれど、メニューを見ているとまず、アペタイザーのサービス。ブルシェッタとトマトソースピザ。シンプルなピザはお腹にもヘビーでない!!!ピザディフィリッポは白いピザ、ヤギのチーズにルッコラ、そしてバルサミックのリダクション。う〜〜〜ん。美味しい。
ラスティカの方はトマトソースにイタリアンソーセージ。こちらも美味しかったです。
その他にはサラダ、ポータベラマッシュルームのグリル、それだけでお腹は一杯。その後リハーサルだったのですが、大変でした。
Tramontiというレストランは46丁目の8と9アベニューの間、9アベニュー寄り。通りの南側。
b0069951_2292781.jpg
フィリッポはなぜかピースマーク、日本人のようです。
b0069951_2295740.jpg


そしてデザートは
b0069951_22111124.jpg
メニューには載っておりませんが、ヌテラのピザ(いちご入り)。ヌテラはヘーゼルナッツ入りのチョコレートスプレッド。私のイタリア人の友達からこのピザの事は聞いていた。でもなかなかニューヨークでは。。。ところが、このフィリッポは作ってくれる!!!これ又美味。

ホイットニー美術館ではジェニー・ホルツァーのエキジビッション。
彼女の作品は昔から、時々見るが、文字を使うので有名な彼女。彼女の選んだ言葉、文章は政治的に、right onという感じ。今回もやはり凄いものがあった。タイトルは「プロテクション、プテクション」
電光掲示板を使ったもの、床、壁、に掲示板があり、そこに彼女のメッセージが流れる。疲れていた私は目が回りそうだったが。。。
そうそう、金曜日の夜のホイットニー美術館は Pay as you wishと言って、自分の好きな料金を払う。いつもなら20ドルの入場料なのだが、私たちは1ドルで3人はいりました。。。

其の晩はアッパーウエストサイドにある、トルコ料理のお店「Pasha」に行きディナー。と、この一週間はカルチャーさせていただきました。
*もちろんリハーサルもあったので、体はぼろぼろでしたけれども。。。
[PR]
by miki3lotus | 2009-03-30 22:27 | 舞台・劇場・芸術

人形の家    マボウ マインズ

ブルックリン橋のすぐ真下にあるDUMBO地区。ここにSt. Ann's Warehouseがある。
b0069951_23493998.jpg

ブルックリンハイツのSt. Ann教会でずーっといろいろなパフォーマンスをやっていたのだが,2001年にこのDUMBOに引っ越して来た。ここでは本当にいろいろ斬新な事を率先して発表している。
80年代の始め,知り合った作曲家佐藤聡明さんの「スタバットマター」もここで上演された。

スコットランドから来た「Black Watch」もこの劇場で。
そしてあのウースターグループはこの新しいSt.Ann's Warehouse が彼らのホームになったそうだ!もちろんSOHOの劇場ではExperience Theaterは続けて行くそう。
b0069951_23512046.jpg


今回観たのはマボウ マインズの「人形の家」。
数年前にジュリアードの演劇科の生徒の「人形の家」をみた。その時は台本にそってなかなか素直に演出されていた。今回のこの「人形の家」は出演する女性は皆背が高く,そして男性は皆こびと。2003年にここSt.Ann'sWarehouseから始まり,海外を廻りそしてこの最後の公演で又戻って来たという。

一幕はノラがOver the Topの演技。ちょっとやり過ぎ感があり,鼻につく。
台詞のなかのいろいろな所が,今の状況(女性が大きく男性が小さい,ピアニストが中国人など)に反映されて,ちょっとひねった演出になっている。ちょっとしたニュアンスなのだが,それが面白い。
この劇場のよい所は,いろいろな形に出来る所。今回は皆が席に着くと,観客の後ろをのぞいて壁にカーテンが降りる。そして舞台の上(というか床)にはばかでかいピアノ(本物のピアノの横にシンセサイザー(左)チェンバロ(右?)を置き,その上にグランドピアノの形の床を張り,舞台のエッジが大きなピアノになる。そして黒子数人(顔は隠していない)が板を開けるとそれが人形の家になる仕掛け。そして観客もその一部になった感じがする。
b0069951_23514982.jpg

一幕目がかなり。。。だったので,2幕がどうなるかと思っていた。2幕目になって劇がすすむにつれやり過ぎだと思った物が逆転する。もちろんそこに演出者の意図があるのだが。
b0069951_23521094.jpg

終ってからレセプションがあり,私たちもちょこっとだけ参加。この芝居にでていた子供たちは今や20人近くになるそうで,皆大きくなっている。。。同じ芝居を何年も持って歩けるのはとても素晴らしいこと。
b0069951_23523169.jpg


ニューヨークに住んでいる方にはぜひおすすめの舞台です。
内容はその為にあまり書かないようにしてあります! 
Mabou Mines
DOLLHOUSE
Feb 12-Mar 8, 2009
Director: Lee Breuer
☆☆☆☆☆

3月8日まで
b0069951_091970.jpg

これは劇場に行く道,手前がブルックリン橋で遠くに見えるのがマンハッタン橋。帽子はSP。
[PR]
by miki3lotus | 2009-02-19 00:10 | 舞台・劇場・芸術

Slumdon Millionaire

今朝は起きたら喉が痛くなって、風邪をひく兆し。。。後一週間で、その後アラスカに行くのに。今風邪をひいたら困る!!!

と、お昼を知り合いのカップルと食べてから
「Slumdog Millionaire」
を見に行った
Danny Boyle監督そしてサイモン・ビューフォイ脚本。
この映画、トロントの映画祭でものすごい評価を得たそうだ。

ストーリーはホームページを見てもらいたいと思う。
この映画を見ている間、体はこわばり、Disturbingという言葉がぴったり。この言葉、日本語にすると妨害でちょっと意味が違って来るのだけれど、心にぐさっと来る感じからdisturbing。
この青年がミリオネラーになる為の質問に答えるのだが,一つ一つが自分の人生においての経験とその質問とのかかわり合いがあまりにもショッキング。
インドに行った事のある人なら、このような青年の生い立ちはあってもおかしくない、そう思うだろう。

見終わってアパートに帰る間中、体はテンションの固まりだった。
[PR]
by miki3lotus | 2009-01-26 10:26 | 舞台・劇場・芸術