<   2004年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

Belle Epoque

今日は、今グラハムカンパニーにて振り付けをしているMartha Clarkeの作品「Belle Epoque」をみてきた。リンカーンセンターシアターの中の ニューハウス劇場にての公演だ。
Martha Clarke と Charles L.Mee の共同の作品で、出演者は役者、ミュージッシャン、ダンサーと全部で13人。
b0069951_1332420.jpg

題名の通り、パリの1800年代の終わりから1900年代のはじめの頃の話。ヘンリ・ドゥ・ツールーズーロートレックという画家(この人の絵はパリのカフェとナイトクラブの絵で有名だ)の話。モンマルトルに住み、ムーランルージュを描き、アルコール中毒と梅毒によりこの世を36歳で去った画家。彼の育たなかった体のためのコンプレックス、その彼の目で見たパリ。彼とその母親との関係、そして彼の描いた絵を実現したような作品。

私が観たMartha Clarkeの前作品(何年か前に New Victory Theaterでみた、チェーホフのVers la Flanne)よりもテーマもしかっりしていたし、そしてうまい役者と歌手、バンドニヨンをひく結構年輩の男性、そしてピアノ、バイオリン、歌と何ともいえないタイミングで入っている。
ダンサーでは私の好きなRob Bessererが良いダンサーとしてということでなく、舞台に乗る舞台人としていい味を出していた。
女性のヌードもいくつかあったが、それが特別なことでもなく、自然に入っていておかしくない。
b0069951_13333172.jpg

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-31 13:36 | 舞台・劇場・芸術

コネチカットに行っていました

クリスマス、コネチカットに行っていました。

知り合い家族がグアテマラに行くので、別荘(?)が空く、そして車も!ということで、スティーブンと行ってきました。
コネチカットはニューヨークより北にあり、そしてこの家はマンハッタンからは2時間ちょい。
やはり気温も低い。
この写真は行く途中立ち寄ったダイナー。なかなかレトロ、されどこれが普通のアメリカ。
b0069951_12345187.jpg

コンピューターも持っていったのに、コンセント(アダプター)を忘れ、このクリスマス休暇はコンピューターレス。まあ、本も読めたし、編み物までやってしまったし、結構リラックスしてきました。ちなにみ今はまっているのは池波正太郎「剣客商売」。なぜか。

昨晩はちらちら始まった雪。
朝起きたら辺りは一面の冬景色。粉雪も素晴らしく、息を吹きかけただけでも飛んでいく軽さ。寒いと言うことでしょう。はい。
b0069951_12365522.jpg

そして、今日マンハッタンに戻ってきてのもの凄いギャップ。車でタイムズ・スクエアーを通ったが、新宿のネオンはきっともう負けてしまっているほどに凄い!!!そして観光客、信号無視の人達、タクシーの非常識な運転。ひゃ〜〜〜私は冷や汗もんだった。

b0069951_12393434.jpg

何年この街に住んでいようが、これだけには慣れない・・・

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-28 12:42 | 日常

Night before Eve

今日は23日。クリスマスイブ前夜のニューヨークは雨。
リハーサルが早く終わったので、ロックフェラーセンターに出向いたが、もの凄い人出。
b0069951_11493065.jpg
ちょっと手ぶれでごめんなさい。でも人が凄いので、ちょっとまいりました。
タイムズスクエアーではスーパーマンまでが仕事をしていました。ダウンのベストがちょっとかわいそう???
b0069951_11511796.jpg

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-24 11:52 | 日常

Phoenix Garden

この中華料理店 ”フェニックスガーデン”は随分前にチャイナタウンにあったものが、引っ越しをしてここ、40丁目に移ったもの。
昨日は知り合いの誕生日だったので、バンクェットで有名なこのお店に6人で行った。バンクェットは一人いくらと決まった値段を払うと後はお店任せ。次から次へと持ってこられるものは10品以上。

巨大牡蠣のトウチ、コリアンダー、しょうゆソースがけ。
鳥とブタの唐揚げに薄く味付けしてあるものが、里芋のボール(鳥の巣と呼ばれている)に入っているもの。
牛肉とグリーンピースのスープ。
北京ダック。
クリスピーシュリンプ(ソルトエンドペッパーシュリンプとも)
イカの唐揚げ
グルーパー(白身の魚)の唐揚げと甘酢ソース、かにソースの2種類
ロブスターの紹興酒蒸し
青梗菜、とうみょう、オイスターマッシュルームの炒め物
生姜とネギの焼きそば
エビと焼き豚入りチャーハン

ともの凄い量だった。
もちろん沢山の残り物は持ち帰り、次の日のお昼になる。
さすがに朝起きても、お腹はすいていない。
Phoenix Garden: 242 East 40th Street (212) 983-6666

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-24 00:09 |

新作制作中  

Martha Clarkeというディレクター・振付師が今Martha Graham Dance Company にて新作制作中。11人(男性5人、女性6人)のダンサーを選び、6月にワークショップをした。
このワークショップではスペインの画家、ゴヤのエッチングの本を何冊か持ってきて、その中からダンサーが自分のキャラクターをピックアップしてそこからいろいろな動きを探り出していった。ソロだったり、デュエット、トリオ、そしてだんだん増えて最後は11人。もちろん本の中の状況をそのまま動きにしたものから、雰囲気だけを残して全く別なものを作り出したり。
私は一番はじめの日にみた老女がスリーピングボンネットのようなものをかぶって鏡を見ている物が未だ持って頭から離れず、これをどうにか出来ないものか・・・と今も思考中。
この作品は来年4月のニューヨーク公演の時にWorld Premiereになるので、その時にゆっくり書くとして。
b0069951_23514614.jpg
この写真は、衣装係の人が、この作品のイメージの衣装を何枚か借りてきてのリハーサルをするところ。どうもビクトリアンの時代のような感じが見て取れると思うが、衣装を着たことで、今までの動きも違って見える。そこから又新しい動きの発見などあり、今も新しいデュエットや、グループの踊りがでているので、これが一つの作品になっていく過程はどうなるのだろうか、楽しみだ。

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-22 23:57 | 日常

すごく寒い!

今朝起きたら、なんとマイナス12度!
急にこんなに寒くなるのは本当にニューヨーク。いつも毎日に温度差の激しさには閉口する。
昨晩降り始めた雪は少しだけ残っていたが、でもあまりの寒さにコンクリートの色も白っぽくなっていた。空気は痛いほど。
今、ちょっと風邪気味で、咳をしているので、マスクをして歩くとこの街ではとても変に見えるが、今日はマスクをして歩いていても変とは思われない様子。みんなマフラーで口と鼻を隠しているし、かえってマスクの方が清潔だし、グッド。
でも咳は止まらない。

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-21 13:43 | 日常

Greenwich Village

今日は知り合いの作曲家に会いに、グリニッジビレッジに行って来た。1979年から1997年まで住んでいたチェルシーの近くと言うこともあり、よくいった辺りだ!街角のツリー売り、このようなお店も出ている。
b0069951_146973.jpg

よくいっていたお店が閉まっていて、今はインド式、糸で眉毛を整えるお店になっていた。ちょっとビックリしたが、お店は繁盛している様子。
b0069951_1473156.jpg
そしてそこから少し行った三角のパーキングのフェンスには、9.11の後、作られたタイルが沢山貼り付けてあった。

b0069951_1484543.jpg
左も右も全部タイルで埋め尽くされていたので、思わずもう一枚。
b0069951_1492674.jpg
そしてアパートの近くのビルの中、あまり良くは見えないかもしれないが、このツリーは全部赤い Teddy Bearのぬいぐるみにて、出来ている。
b0069951_14104970.jpg


© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-19 14:14 | 日常

Alvin Ailey American Dance Center at City Center 2

昨日みたAileyの作品は:
Memoria(1979), Night Creature(1974), Phases(1980), Opus Mcshann(1988), A Song For You(1972), For "Bird"- with Love(1984), Hidden Rites(1973), Cry(1971) これらは全部抜粋。そして最後にRevalations (1960).

MemoriaはAlvinが Lester Hortonの所で踊っていたとき二億書に踊っていたJoyce Trislerという女性に対してのメモリー。彼女は白人で、後にJoyce Trisler Dance Companyを創立し踊りを作っていたが若くしてなくなった。

Night Creatureは1978〜1981年にほとんど毎日のように観にいっていた公演でもかなりやっていたもので、ホートンテクニック、そしてバレエ(どうしてこのように入れるかな???と思うが)を使っている作品。ムーブメント2のみんなが三角になって前にでてくるシーンは、やはり芯(一番前)を踊るダンサーのキャラクターがとても大事。昔はMarilyn BanksとSarita Allenというダンサーがもの凄くよく、そして今回のRenee Robinsonも1981年から踊っているという年季が入っていて、観ていても安心してそして楽しんでみることが出来た。(1980年に AAADC にてスカラシップをもらっていたときに、彼女とは一緒にクラスを受けていた。その時彼女は今はない3rd Companyにはいっていた。)

A Song For Youを踊ったMathew Rushingはテクニックもしっかりしているし、感情表現も抜群に良かった。これは AlvinがDudly Williamsの為に作った作品で結構切ないソロ。
Hideden Rites はこんなモダンモダンの作品をAlvinが作っていたのかと思わせる作品で、Nativeの柄を入れたユニタードで踊るデュエット。かなり動きも過激だった。

CRYはAlvinがJudith Jamison(現Artistic Director)の為に作った作品で、黒人の女性、特に母親達にという表題もついているぐらい、黒人社会に置いて、彼らの立場そして特に女性の立場がいかに辛いか、それを乗り越えていくという意味合いの作品。
これはソロなのだが、最後に二人ジョイントして3人で、有名なスカートを振り回して踊るシーンを踊ったのには驚いた。
続きは次回。

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-18 13:24 | 舞台・劇場・芸術

クリスマス前のニューヨーク

b0069951_1301014.jpg
 
これはビルを建てているところのクレーン車。クリスマスまえだからクレーン車にもライトアップ?

b0069951_130466.jpg

ツリーを売っているところには、リース、そして小さめのツリーも置いてある。一番右には松があった!

b0069951_1331634.jpg

でもだいたいはこんな感じで沢山ツリーを置いてある。20ドルから40ドルぐらいのものまで。私の所は狭いので、リースぐらいで我慢。でも4年前に知り合いの所に背丈3mぐらいの木を買って持っていったことがある。それを飾り立てるのも楽しいクリスマス前の行事のようなもの。

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-18 13:05 | 日常

Alvin Ailey American Dance Center at City Center

ふ〜〜久しぶりに Alvin のカンパニーの公演を見に行ってきた。私達も踊る同じ劇場City Center.確か去年も一回見に行ったかな?
でも、今日観たのはClassic Ailey と題してあり、沢山の作品の抜粋とAielyお馴染みのRevelations.この作品は私こちらに来た当初、Ailey の学校に通っていたこともありかなり夢中になって見に行ったことを思い出す。
カンパニーに入ってもう40年もたつ Dudley Williamsの演技、踊りは今を持ってかなりアルビンの魂が入っている。彼のためにアルビンが作った作品、パート、今はもう若いダンサーが踊っているが、それでも彼のためのパートというのはすぐにわかる。そしてこのダッドリーは、アルビンの所で踊っているとき同時に、Martha Graham Dance Companyでも踊っていたという、数少ないダンサーだ。同じ時期に公演があると、はじめはグラハムの方で踊って、その後駆け足でアルビンの所にいって・・・というのをやっていたそうだ。
前記したゆり子先生も実は、ブロードウェイミュージカル The King & I にでていた時(彼女はユル・ブリンナーの映画の中の舞踊の中の主役を踊っている)グラハムの公演にでて、すぐ着替えてブロードウェイに行き、踊りのシーンを踊っていたそう。
ダッドリー、今はグラハムの学校にて、クラスを教えている。
長くなったので、作品のことは又次回に。
この写真は今日のカーテンコール、盗み撮りなので、ちょっとぶれているけど・・・
b0069951_1514433.jpg

© 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
[PR]
by miki3lotus | 2004-12-17 15:04 | 舞台・劇場・芸術