<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

シニアプロダクションーージュリアード音楽学院ダンスディビジョン

この週末はジュリアード音楽学院ダンスディビジョンの4年生の作品の公演。
この公演のために、資金集めから、プログラムのデザイン、ポスターやTシャツを作り販売、ラッフル(くじ引き)にする物を集め、レセプションでの飲み物、食事、ケーキなどを寄付でもらってくることも全部4年生の仕事。
そして3年生はその作品の照明をデザインしたり、舞台監督をしたりの、ステージクラフトと呼ばれるクラスの総集編。

4年生の作品はホント、色があってよい。年によって、テーマが暗かったりするが、今年の公演はバラエティーに富んでいてとてもよかった。これはまた後にエントリーすることにしましょう。

作品を作るダンサー(振り付け師)はまず一番はじめにダンサー選びからはいる。振り付け師が集まり、この人がほしいと「はないちもんめ」状態。もちろん、人気のあるダンサー(1〜4年生まで全部使える)は数人から指名される。

取引をして自分のダンサーが決まったら、リハーサルスケジュールを組んで、創作開始。
今年の初め(昨年の9月から)始まり、今週それが舞台に乗る。このリハーサルだけが彼らのリハーサルではないので、このリハーサルのスケジュール組はものすごい大変。

そして3年生の「ステージクラフト」のクラス。
舞台監督、照明デザイン、エレクトリッシャン、大道具、小道具、と舞台を作り上げて行くに関して必要な分野全部を把握できるようなクラス。 彼らはプロのステージハンドの人たちからいろいろ習う。この日に全部を任されることになる。
3人チームになり、振り付け者の意向を聞きつつ、照明をデザインしていく。
3年生はダンサーとして踊っていても、ほかの作品(踊り終わってすぐに黒装束になり)大道具、小道具をセットしたり、ライトのジェルを交換したり。
忙しい。
作品によっては、小道具がものすごく多い物もあるし、今年は寺山晴美ちゃんの作品にはビジュアルも使っているので、プロジェクター、そのコネクションなども大変だったに違いない。
この作品はこの公演の中で私が一番好きだった作品。もちろんそれぞれによい作品達だったので、どれが一番とは決めかねないが、私はとても彼女に期待している。同じ日本人として、日本のよい所、そして今の人たちの感覚(と書くとすごく自分が年寄りのような気がするが・・・)がでていると思う。まあ、私好みの作品と言うことです。

衣装とセットだけはプロの人を選ぶことができたそうだった。
音楽は同じジュリアードの学生だったり、もちろん普通の音楽(CDで買えるやつのことです)。

そして毎年、この作品作りが彼ら、最後の創作になるので、終わるとカーテンコールは卒業生全員がでてくる。もちろんダンサーのことだから、一筋縄とは行かない。
年によって面白かったり、ちょっと眉を寄せることもある。
今年の卒業生達はレッドカーペットがテーマ。
皆、イブニングや、カクテルドレスで、ドレスアップ。一年生の時にとったソシアルダンスを披露した。なかなか大人になった彼ら。22歳ぐらいなのに、ドレスアップしたとたんに大人になる。

カーテンコールの後は、オープニングナイトだけレセプションがある。
シャンペイントーストに始まり(もちろんワイン、ビール、ソフトドリンクも)、お寿司、パスタ、サラダ、ケーキ・・・すごい量の食べ物。それを全部4年生達がレストランやケータリングの会社に掛け合い寄付してもらうのだからこれまたすごい。美味しいお酒に美味しいご飯。その後はデザート。満足しました。

そしてラッフルは明日の夜に決まる。
今年のラッフルの内容は、iPod, iPod Nano,アップルコンピュータG4。
どうもこの景品(商品というのかしら)はある卒業生のお父さんから出してもらったようだけれど、皆が話をして(この卒業生だけでなく)出してもらえることになったそう。すごい。
一枚が1ドル。
スティーブンは60枚買ったそうだ!!!
G4が当たったら、私にくれると約束はしてくれましたが、iPodか iPod Nanoだったら、スティーブン用!!!

ここで集まったお金はもちろん、この公演にかかった費用に回る。リンカーンセンターの中にあるブラックボックスの劇場を使うのだから、その費用も含まれているのかも・・・?今度聞いておこう。

あたるかなぁ〜〜〜

この間、グラハムの学校の基金集めのスチューデントコンサートで初めて買ったラッフルで(3枚で25ドルというやつ)、初めて当たった!!!これにはびっくり!
当たった試しがない私なので。はい。
フィジカルセラピーのセッション1回と、フィジック57という、ウエイトを使ってやる筋肉強制のクラスの5クラス券。う〜〜ん、今更、筋肉をつけろと私に言うか????
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-30 02:44 | 舞台・劇場・芸術

彫刻の難しさ

ブログで知り合ったまさゆめさんからお誘いがあったので、友達を誘って、吉野美奈子さんの彫刻「Awaken、黒姫」を見に行った。彼女はこの作品で、賞を受賞。すばらしい。
b0069951_1311524.jpg
ベルギー産の黒大理石を使って、一年かかって作り上げたこの作品は、彫刻には見えない!
あまりのつるつるさ加減に、触りたくなる気持ちを抑えて・・・
でも触ることで、作家の意図としていることがわかるのではないかと思うのだが、そこら辺は今度彼女に聞いてみるとします。

どうして彫刻になったのかという話もかなり面白い。
「運」というものは面白いものだと言うことを再確認させられた。私も今ここに住んでいて、踊りをやっていることが「運」だったのだと思うことがよくあるが、彼女の場合、「運」の方からやってきて彼女にくっついた感じ。

初めてお目にかかったまさゆめさん、そして彫刻家の美奈子さん。皆それぞれに面白い出会いがあって、嬉しい!

このギャラリーはビレッジにある普通のタウンハウス。裏庭に面した窓からは藤の花が満開だった。
b0069951_1363868.jpg
この藤、英語ではウィステリア。
b0069951_1371464.jpg
小さい頃に踊った藤娘の写真、どうしたかなぁ〜〜〜
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-26 01:37 | 舞台・劇場・芸術

Youth Ballet Grand Prix

今年で7年目を迎えるこのコンクール。
b0069951_1215614.jpg

数日間かけて、そして年齢ごとにクラシカルなもの、コンテンポラリーのものを踊り、最後週末には授賞式プラス、ガラ公演がある。私たちは知り合いが審査員であったので、何回かこの予選を見に行ったし、そしてこのガラも見に行くことになった。ガラでは、「これからのスターと、今のスター」というタイトルが付いていて、はじめは今回の受賞者の踊り、そして休憩の後は、今スターとして踊っている人たちの踊り。
これがすごかったです。あれよあれよとでてくるバレエのスター達の踊り。う〜〜〜ん。私の好きな NYCBのダンサー、ウエンディー・ウィーラン、ソフィアン、ABTのゴメスたち。

もう少し時間のあるときにもう少し詳しく書くとします。
b0069951_1221832.jpg

そしてこれは元NYCBのプリンシパルダンサー、ステファニー・サランドとスティーブン。彼女は今もきれいで、面白い人で、数年踊りは全くやっていなかったのだが、この何年か、踊りを教えるようになった。そうしたら、昔よりも楽しいとか。

一度離れてみたら、踊りのおもしろさが見える。ふ〜〜ん、日本を離れると日本の良さ(悪い所もだけど)が見えるのと同じかな????
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-26 01:28 | 舞台・劇場・芸術

BAM Importance of Being Earnest

BAMのハービーシアターにてのRoyal Bath(ピーター・ホール演出)のオスカーワイルドの作品。
b0069951_1112516.jpg
(左から6人目はリン・レッドグレーブ)
オスカー・ワイルドは若くして没した作家。彼はゲイであったことから沢山の迫害を受け、そのために牢獄に入れられ、そしてなくなる。
彼の作品には、その当時の社会が反映されていて、しかもかなり細かいところまでうまい具合に埋め込まれている。今回のこの作品は日本のタイトル、私は知らないのですが、面白かったのはあーネストという名前を持っていると好きな人とも結ばれる、でも違う名前だとだめ、そしてその中で、イギリスのお茶の時間を大事にする人たちの感覚もちゃんと入っていて、そこが面白い。(あまり書くとこれから見る人に悪いので)
b0069951_1114397.jpg

この劇場にはロビーのところにカフェがあって、私はちょっと始まる前に行ってはそこでビールやワイン、サラダやサンドイッチを食べることが多い。いつもぎりぎりまでいろいろやっているので、劇場に到着する頃にはお腹がすいているから。ちゃんとおにぎりやお茶を持っていくこともあるけれど、それができないときはいつもここで!!!
眠いときにコーヒーを一杯飲んでから観劇もなかなかよい!!!
舞台にも載せた同じBAMでの公演、いついっても面白い使い方をしていると思う。昨年も同じRoyal Bathのグループでシェイクスピアーの「As you like it」を観たが、この劇場でやる舞台は本当に前衛というのにぴったり!
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-26 01:18 | 舞台・劇場・芸術

どうしてこんなに忙しいのか???

イラクサのエントリーの後、いろいろやってはいるのだけれど、どうもかけない。時間がない!
メイルの返事を書いているだけでも、1時間はすぐにたつ・・・は〜〜〜〜

先週の火曜日にはグラハム舞踊団の80周年記念公演があり、金曜日には92丁目のYにてレクチャーがあり、少し踊る。
BAMにてオスカー・ワイルドの Importance of being Earnestをみた。City CenterでのYouth Ballet Grand Prixのガラも観た、その前に予選も観た。ガーデンのスプリングクリーニングは雨の中少しやったし、グラハムの学校の生徒達が主催したパフォーマンスも、ニューヨーク在住の日本人彫刻家のエキジビションも。

今朝は朝早くから失業保険のオフィスにオリエンテーションに行ったし、あ〜〜〜時間はいくらあっても足りない!!!
そのうちに書きます。
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-26 00:59 | 日常

お花見

雨が降るかもしれない週末で心配したが、前の日に降ったので当日は晴天。風もなく、絶好のお花見日より。ただ前のに日の雨で散ってはいないかと心配はした。

マンハッタンからロングアイランド鉄道で45分のところにあるポート・ワシントン。
ペンシルバニア駅から片道6ドル(オフピーク時)、電車には冷房が入っていてちょっと寒かった。マンハッタンをで、クィーンズを通り、ロングアイランドにはいる。町の雰囲気が変わっていく様子もとてもよい。

このお花見の主催者は、私が前にお世話になったご夫婦。5年前までマンハッタン、48丁目のパークアベニューとマジソンアベニューの間に「新橋」という日本食レストランがあった。そこで私はこの夫婦に、そしてこの夫婦家族に大変お世話になった。レストランがあったときは時々、顔を店に行っていたが(私にはちょっと高級だったので、あまり食事をしに行くこともできなかったけれど・・・)しめた後、どうしているのかと思っていた。筆無精、電話無精の私。
このブログをやっているおかげで、コメントをいただき、そしてまた交流することが可能になった。カンパニーに入る前に、本当にお世話になりました。頭はあがりません。
b0069951_0421820.jpg

彼らの家には桜の木が2本ある。30年ぐらい前に越してきたときには小さかったであろう桜の木も、このように立派に大きくなった。
b0069951_0424080.jpg

そして桜の木の下での食事も、私は何年ぶりのことだろうか・・・桜からエネルギーをもらって・・・美味しい手巻き寿司(本格的)バーベキューのお肉、蛤、肉じゃが、肉団子、サラダ、エビチリ・・・と食べきれないほどの料理が並んだ。極めつけはデザート。スイカ、イチゴ、ティラミス、桜餅、チョコレート・・・食べた食べた数時間。
b0069951_045482.jpg

スティーブンも遅れてきて、一緒に食べて飲んで、楽しい時間を過ごした。

ポート・ワシントンはさすがポートというだけあって、港がある。ビーチもある。
夕方、サンセットを観にビーチまで。岩を動かすと小さい蟹が、そして貝がいる。小さいときにいった、潮干狩りを思い出した。
b0069951_0452574.jpg


ロングアイランド鉄道に乗り、帰りの45分は行きの45分よりは遙かに短く感じる家路についた。久しぶりに会えた人たち。これからもまた機会があったら、会いたい人たち。

タケシ教
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-18 01:00 | 日常

そしてガーデン

b0069951_12255512.jpg

ニューヨーク暖かくなるとすぐに始まるのはこれ。イタリアンアイスと呼ばれるシャーベットを売り始める。なんだかメキシコの町中のようでしょう!ホント、私もこちらにきた当時はよく食べました。でもものすごい色なので、このごろはちょっと・・・大人も子供も皆これを買っています。

そして迷わず今年初めての田植えでした。葉大根。窓のところでずいぶん大きくなってきたので。
b0069951_12261598.jpg

これはスティーブンが始めたグリーンピース。ちょっと芽が出たので植えたら、すくすく状態。鳩に食べられないように柵を作って・・・
b0069951_12263466.jpg


ガーデンにはいろいろな色の花が咲いています。中でもこれはヒヤシンスっぽいけれど、そうでなく・・いったい???
b0069951_122741.jpg

これはいつものぼけでしたか???
b0069951_12272285.jpg


ガーデンは今チューリップ、再選など満開!
b0069951_1227478.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2006-04-14 12:32 | 畑・ガーデン

舞台

このところ、舞台を観ても、そのエントリーがなかなかできず・・・疲れておりますが。

イーストビレッジにあるLa Mamaはアバンギャルド、そしてエクスペリメントシアターのメッカ。そこで、私もずいぶん前に踊ったことのある、エロル・グライムの作品を見た。彼は私と同年代。そしてこの「Let's Crack the Egg」は、まさにずいぶん前に私が踊った作品。その当時はまだ所々しかできていなかったのが、今回はかなりまとまった作品になってきている。それでも完成ではない。ある人物の頭の中にある思い出、寝ているときにうなされたことなどの思いなどが舞台の上に現れるのだが、所々まだ不完全。よくなった部分、そしてまだまだの部分、私の感想も彼にしっかり伝えて返ってきました。
b0069951_126276.jpg

公演の後、作者のクエスチョン&アンサー。いろいろな人が、遠慮せずに質問するのはやはりアメリカだからなのか???京都での公演の時にもこれをやりたかったのだが、反対された・・・
b0069951_1264670.jpg


そしてこれは、昨日観た「キリストの受難」バッハの曲でのSt.Matthew Passion。
観ての通り(ぼけているけれど)舞台の上(後ろの方に)もお客さんが座る設定。そして真ん中あたりの木のいすは歌手たち。でも皆私服。オーケストラの人も皆私服。何とも面白い設定だった。そしてこの劇場BAM のハービーシアター(昔はマジェスティクと言われていた)この劇場の古さ加減がこれまたよい風に前衛的なものにぴったり。
イギリスからの舞台(前にエントリーしたはずだけれど、シェークスピアの・・・今思い出さない・・・)の時の写真も是非見てください。
b0069951_127431.jpg


そして今夜はジュリアード音楽学院のコンサートで、「Beyond the machine」とタイトルがつけられていた、エレクトリックピアノ、バイオリン、マリンバ、パーカッション、そこに歌やチェンバーミュージックが混じりかなりすごい展開。コンテンポラリーミュージックは時によくわからず。そして聞いていて心地よくないものも多いが、今日のは結構いけた!
私はマリンバの音が結構好きなのだが、エレクトリックマリンバの演奏を初めて聴いた。たたいた後に、その音が3秒遅れで鳴る。実際にたたいているときに聞こえるものと、遅れて聞こえるものとの重なり合い。これは面白かった。メカニックとしてはどうなっているのか、不思議・・・種明かしを聞きたい感じ・・・
b0069951_1272739.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2006-04-14 12:22 | 舞台・劇場・芸術

Emergency Fund for student dancers

Concert to Benefit "New Orleans Center for Creative Arts"

と題の付いたコンサートに行って来た。これもエイリーのところの劇場であった。
元々はいくつかの学校が一緒になって、学生のための基金を作ったのが始まり。この基金をもらえるのは、病気になったり、けがをしたり、いろいろ困ったことがあるとこの基金からお金を貸してもらえると言うことになっている。

アルビン・エイリー、マーサ・グラハム、マース・カニングハム、アーサー・ミッチェル率いるダンス・シアター・オブ・ハーレム、そしてリモン・インスティチュートの5つの学校がメンバーになっている。

今回の会は、昨年ハリケーンカトリーナがニューオーリンズあたりを直撃した。そしてそこにあるニュー・オーリンズ・センター・フォー・アーツの復興のための基金集めのコンサートだった。
もちろん全員が学生による公演。グラハムとカニングハム、そしてハーレムはそれぞれお師匠さんの作品を踊り、リモン、エイリーはその学校に教えにきている人の作品を踊った。

グラハムの作品は"Dark Meadow"からの抜粋。カニングハムは15分ぐらいの"MinEvent" 。やはりどちらもよい作品。
新しいものが薄く見えてしまう。

まだまだ私には寒いニューヨーク。ようやく春めいてきた感じ。
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-12 11:38 | ダンス

<グローバル・ハーモニー> <ディ・カーポ・オペラのプッチーニの夕べ>  

まぁ、たまにはちゃんと踊りのことも少しは書かないと。

<グローバル・ハーモニー>

アルビン・エイリー舞踊団そしてその学校のある55丁目と9アベニューのビルの中にAiley Cityと名前の付いた劇場で。学校の中の劇場なのに、結構よい。(座席はよくないけれど・・・)おそらく観客数は300人はいるかどうかだと思う。

作品は全部で17。
生徒の作品、そして数人の若手振り付け師の作品をやる。
今回のパフォーマンスで、私にとってのハイライトはAlex Proia(もとNYCBのダンサーで、マーサ・クラークやロバート・ウィルソンなどの作品をたくさん踊っていたダンサー)。彼の作品はWork in Progressということで衣装もなしだったが、12人のダンサーを使いすてきな環境を作り出していた。動きも繊細。アレックスはダンサーとしてはとてもナルシストだった(私も一緒に踊ったことがあるが、一緒に踊っていると見とれてしまうほど)。でも作品ではその自分が!というのがなく、よい。

生徒の作品で一つ面白かったのはFIVE(5)と題名のついたもの。これは5人のダンサーが一人ずつ番号を言う。そしてそのラインが崩れて番号がバラバラになってしまって・・・ユニークな設定。子供に踊りを見せるならこれ!という感じ。

<プッチーニの夕べ>
3月25,26日とニーラス・マーチン(現NYCBのダンサー)が、ディ・カーポ・オペラと一緒に公演をした。私は見に行かれなかったが、プッチーニ生誕記念とかで、プッチーニのあまり使われないアリアを使って踊りを作る企画だった。アレックスのデュエットの作品も入っていたそう。

スティーブンもこの会に一つソロを作った。モニック・ムニエール(元ABT,NYCBダンサー)のソロ。リハーサルを観たが、あまりモダンを踊ったことのない彼女なのだが、感情表現から、動きの質(同じ動きなのに、2回目はちょっと違う感情になるところ)すばらしいと思った。
このパフォーマンスでは、ニーラス、アレックス、スティーブン、そしてアルバート・エバンス(現NYCBのダンサー)の4人の作品にディ・カーポ・オペラの生演奏と歌がついたそうだ。
批評では、スティーブンのソロと、アレックスのデュエットが絶賛されていたので、うれしかった。

そしてちょっと前に観たジョイス劇場の・・・今時間ないので、そのうちに。。。
[PR]
by miki3lotus | 2006-04-07 23:29 | 舞台・劇場・芸術