<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

映画 「United 93」

知り合いの日記を読んで、ちょうど私も今日、この映画を見たので、書かずにはいられなくなりました。

同時多発テロの起きた2001年9月11日、ハイジャックされた4機のうちのこの1機だけが乗客の一致団結のおかげで標的(どこだったのかは未だにわからず)に到達せずに墜落、全員が死亡しました。
実際の機内、そこでどういう事が起こっていたのかをひたすらにありのまま、伝えることを主旨とした映画です。 (と知り合いの文章もちょこっと拝借)

私はこの2001年5月に結婚して、ちょうどそのときはSP(夫)のアパートにいました。結婚したら私のアパートにSPが引っ越してくるはずだったのですが、友達カップル(J&N)のアパートの改造でホテルを探しているとのことで、では私がSPの所に行って、アパートができあがるまで(8〜9月の2ヶ月ぐらい)J&Nが私のアパートに来ることになりました。
朝SPを送り出した後、いつものようにメイルをチェックしようとしたら、100以上ものメイルが入っているではないですか。「えっ?」と思って一つをあけるかあけないかの時に、携帯電話が鳴った。でてみると、東京の友達。よく番号がわかったなぁ〜〜なんて感心していたら彼女が「大丈夫?ワールドトレードセンターが大変なことになっていると」そういえば、いつもかけているラジオ番組が、「飛行機がワールドトレードセンターにつっこんだ。詳細はわからない」という話をしていたのを思い出した。私はてっきりまたセスナぐらいの飛行機かヘリコプターが観光目当てで近づきすぎたのかと思ったので、後でニュースでも見てみようと思っていた。

そして電話を耳に当てたまま、テレビをつけたらワールドトレードセンターから煙がでている。キャスターも何があったかわっぱりわからない様子。電話を切って、画面に貼り付けになっていた所に2機めが。見ている自分が信じられなかった。

すぐにSPの仕事場に電話。もちろんSPはでられない。向こうもパニックになっていた様子。まあ、彼の無事を確認できたので(職場はミッドタウン)安心して、すぐに彼の家族の所に電話連絡。神戸震災の時に、携帯電話があった人だけが連絡採れて・・・というのを聞いていたが、ニューヨークの場合、携帯の一番大きな元になっているのアンテナがワールドトレードセンターの上にあったので、歩いている人、止まっている人皆携帯を耳に当てているが、誰も話をしていないという現象は恐ろしかったのを思い出します。
そのときから何も手に着かず、とにかくSPが帰ってくるのを待っていた。その間ずーっとテレビはつけっぱなし。
北側のビルが崩壊、そして南も。信じられなかった。
映画でも見ているのではないかと目を疑った。

あのビルにはよく行った。
ニューヨークに来て初めて作った銀行口座はワールドトレードセンターに入っていた東京銀行だったし、センチョリー21というデパートにも時々行った。イサム・ノグチの彫刻があったのでそれもよく覚えている。日本から友達やお客さんが来ると、展望台にも行った。風の強い時は屋上にはでられずだが、一回だけ風がなく、屋上にでたこともあった。知り合いが来て、一緒に一番上にあったレストランTop of the Worldにも数回行った。ビルに入った所に大きなミロの壁掛けがかかっていた。友達を撮った写真が頭の中、目の前に次から次へとでてくる。

そしてテレビでは、ペンタゴンに墜落した飛行機の話、そして4機目の話をしていた。この辺りでようやくこれは事故ではなくということをニュースで言って様に記憶している。

この映画、初めてプレビューを見たのは確か「ハリーポッター3(だったかな?最後にやったやつ)」を見に行った時だった。こんな残酷な映画見たくないと思ったことを思い出す。

今週末SPの友達(KF)のいるアップステイトに行っておりました。そして今帰ってきたのですが。はい。この映画、実は今日見たのです。DVDですが、このKFというのが舞台の音響さんなので、ホームエンターテインメントは音響がしっかりでそれもかなり本格的でした。
そしてSPとKF(高校時代の友達)の同級生が実はその当時管制塔で、飛行機に呼びかけていた人(実物が)でその人がどうもでているらしいと言うこともあってKFの奥さんと二人で見てしまいました。同級生はでておりませんでしたが・・・
そしてKFのお姉さんはこの事件までユナイテッド航空に働いていて、スチュワーデスさんのうち何人かはお友達だったと。
見終わって、DVDなので、他にもインタビューとかあってそれまでしっかりと。
監督は時間から、そしてわずかながら残っている録音音声やらからいろいろ起こし、できるだけ実話に近く作った、そしてこの映画はこの飛行機に乗っていた人、その家族に贈るといっていました。
そしてもう一つは見ている人が実際に一緒に乗っているように感じてもらいたかったとも。purplerainさんの感じたことは、この監督の願っていたことでした。
私は仕事柄、飛行機に乗ることがものすごく多い。仕事以外にも帰国するし、人ごとではなく、見終わってからもかなりの動揺。体が震えている感じは、数時間やまなかったです。自分が実際に遭遇したら、この人達のように振る舞えるだろうか、不安です。
沢山の人に見てもらいたいと思った映画でした。私は。

そして私のアパートの屋上からはワールドトレードセンターがよく見えたので、このアパートに入った頃は屋上でよくニューヨークのスカイスクレーパーを見ながらビールを片手に・・・ということがありました。今はもちろんないのですが・・・
ワールドトレードセンターに突入した2機目をJ&Nは見たそうです。1機目のニュースを聞き、すぐに屋上に上がって。そうしたら、2機目が突入、あれよあれよで崩壊して・・・

このときほど、ニューヨーカーが「Vulnerable」だったことはなかったと思います。このVulnerableは傷つきやすい、攻撃されやすい、避難、被害、影響を受けやすい、と訳されています。
9月12日、天気は良好。SPは赤十字に献血に向かった。血液型を知らない彼は、あるラインに入ったが、並んでいる時に、アナウンスがあり「献血に出向いてくれたありがとうございます。住所と電話番号を記入してお帰りください」とのこと。どうしてかと思っていたら、負傷者があまりいず。これは助かった人は逃げられて、そうでない人は皆死んでしまったと言うこと。

朝から表にでた。外のカフェが開いているかと思えば、あいていた。そして思ったより沢山の人が外にでて、笑うでも無し、あまり表情も無しに外を歩いていた。やはり一人暮らしの多いニューヨーク。一人でいると不安になる。特にこのような時は。誰もが誰かと一緒にいたいと思ったのではないだろうか。私もSPも同じ気持ちだった。

そして9月12日はSPの誕生日。
まえからKF夫婦と食事の予定があった。12日はキャンセルして、13日にマンハッタンのイースト86丁目にあるレストランにて食事をした。彼等はクイーンズに住むので、歩いて橋を渡ってでてきてくれた。

*********************
そしてこれから先はあまり気持ちの良いことではないので、読みたい人だけ読んでください。

友達Aの旦那は19丁目のパークアベニューで働いている。彼はちょうど9時ちょっと前にもよりの地下鉄の駅に到着。歩いて職場に向かう途中だったそうだ。かなりの大きな音がするので空を見たら1機目が上を通ったそう。ものすごく低く飛んでいて「どうしたのだろうか?」と思って職場に到着したら、突入直後。すぐに屋上に上がってその後は全部目撃したそうだ。
そしてこの友達夫婦の知り合いはワールドトレードセンターで働いていた。北側のビルにいたので、1期目が突入したのはわからなかったそうだが、とにかく大きな音と、揺れがあったそう。その後すぐにとなりのびるから日がでているので、ということで退去した。もちろん退去するのにもかなり時間はかかったそうだ。その後に2機目。外を歩いていたら、ぱしゃぱしゃという音がする、そして何かと思ってみたら上から堕ちてきた人間が地面に当たる音だったそう。この場面を見てしまった彼は、それから1週間ほどは誰とも話ができなかったそうだ。

9月12日のニューヨークタイムズ紙、一面に載った写真。忘れもしない画像。バックグラウンドはトレードセンターのあの縦縞。そしてその前にいるのは真っ逆様の男性の写真。
これを見た私はふるえずにはいられなかった。

12日からトレードセンターの近く、ビレッジ、そしてありとあらゆる所に沢山の写真が貼られた。行方のわからない家族、そして友達、Love Oneを探す写真。もうこれ以上貼れないだろうと言うほど、貼ってあった。始めは14丁目から下へは行かれず、1週間後にはキャナルストリートまで、そして1ヶ月後ぐらいにようやくダウンタウンまで行かれるようになった。SPがどうしてもというので、10日後ぐらいの時にダウンタウンに向かった。キャナルストリートまでしか行かれずだったがやけ崩れた消防自動車、飛びちった株券、すす、そしてにおい。凄い物があった。

そして最後にもう一つだけ。
飛行機が突入して逃げようとした時に、エレベーターが使えなかったそうだ。歩ける人は、80階、90階から暗い非常階段(真っ暗だったそう)を降りた。車いすの人は、エレベーターの前で助けを待っていたそう。もうすぐ来るからといわれて希望を胸に持っていたはず。その目を忘れられないと言っていた人がテレビに出ていたことを今思い出した。
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-28 14:27 | 舞台・劇場・芸術

Shelf Life by Camille M.Brown

今ニューヨークではThe New York International Fringe Festivalの最中。このフリンジ、エジンバラのフリンジに影響されてニューヨークでも始まった物。
8月11日から27日まで、ダウンタウンのあらゆるところでいろいろ見ることができる。今年は10年目。コメディ、ドラマ、ミュージカルと今年は圧倒的にドラマが多いようだが、ダンスもある。

今日私が見に行ったのは、1987年に私がマーサ・グラハム舞踊団に入った時にほぼ同じ時期に入った友達Camille M.Brownのワンウーマンショー。彼女はカンパニーに8年いて、その後ブロードウェイのショー「王様と私」そして今も「ライオンキング」にでている。「ライオンキング」では、オリジナルキャストで、始まった時からこの作品に出演している。

この何年か、彼女はPlay Writing のクラスを取っている。そしてそのちょっとした発表も何回かあったのだが、昨年このフリンジにでてから、作品も磨きがかかって素晴らしいできとなっていた。願わくばもっと沢山の人に見てもらいたい作品だ。

ベニューはThe Flea Theater、41 White Streetキャナルストリートから南に3ブロック降りた所(ブロードウェイとチャーチの間)
b0069951_1023557.jpg

「Shelf Life」36分と、こじんまりした作品だが、大きく分けて3部作になっている。
数年前ニューヨークにようやくできたコンテイナーストアーでのエピソードで始まり、職場の友達の妊娠をきっかけに自分の中に眠っていた「子供がほしい?」「子供をほしい?」との葛藤。そして小さい頃から夢見ていた老後の生活のイメージ。彼女のことを知っている私としては笑えないこともいくつか・・・もちろんこの作品はダークコメディ。知っているが為におかしい場面もかなりある。知っていなくともかなりおかしいが。
b0069951_10232214.jpg


フリンジ自体がそれ程有名でないこのニューヨーク
どの作品にしても観客動員が一番のネックのようだ。宣伝もそれ程しているとは思えないし、いかに?
でもこうやって自分の作品を発表する場という物があるということ自体が素晴らしい。私も沢山踊るのではない、ワンウーマンショーのダンスをやろうかと、ちょこっと頭をかすった。

帰りに、地下鉄1番のフランクリン駅の所にあるカフェでミントティーとムール貝のカレー蒸しとココナッツライスを食べて帰ってきた。アパートにたどり着く前にガーデンに水やり。今日は結構あげることができたので、満足。
今年初めてのトマトの収穫もあり!!!ふふふ。ニラも取ってきたので、明日の朝はニラ玉!ご飯もセットしてあるし。
そしてアパートについて、猫シッターで預かっているカゲとトラ(シャドウとタイガー)にご飯をあげ、自分でもおにぎりを作ってなすの味噌煮、鯖のそぼろ、キムチ豆腐とケールのみそ汁、仕上げはタンポポコーヒーとピーチタルト。
お腹も満足。。。これで部屋が綺麗だったら文句はないが、猫たちがお家に帰ったら、掃除機もかけて、ヨーロッパから戻ってきたスーツケースの中もあけて・・・することはたくさんある。
友達の踊りも習わないといけないし、忙しくないはずなのに結構忙しい毎日です。

さぁ、お風呂に入って寝ます。
お休みなさい。
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-21 10:31 | 舞台・劇場・芸術

ハンブルグもう一つ。

ハンブルグの真ん中にある、アルスター湖。
この湖が町の真ん中にあると言うことで、ハンブルグっこは鼻が高いそうだ。
何年か前に夫とコペンハーゲンとハンブルグの知り合いを訪ねた時に、ここにも来た。今回歩いて、ここにたどり着いて、「あれ、そういえば何年か前にここでビールとレモネードのミックス(これが結構ハンブルグでは有名だそうだ)を飲んだ!」とそのときの思い出がかすった。
先日アイスクリームを食べた所です。ドイツの人はアイスクリーム大好きだそう。わたしも・・・
b0069951_224645.jpg
でもちょっとこの写真だけ見ると、ここがハンブルグか?と思ってしまう。とてもどこかのマリーナとか、ビーチハウスといった感じ。

ハンブルグ公演最後の日はマチネだったので、瑞樹さんとお友達が見に来てくれた。
b0069951_226247.jpg
このお二人、ドイツに来て早くも35年以上。二人とも、旦那様はドイツ人で、子供達ともドイツ語なのに、日本語が素晴らしい。
公演後Ars Japonicaに行き食事。
b0069951_22102611.jpg
ご飯にみそ汁、鮭、サヤインゲンの煮物、パセリのお浸し、納豆、ローストビーフ・・・と沢山食べきれないほどのものがテーブルに並んでの食事。あまり調子の良くなかった私は、この食事でお腹いっぱい食べ、ようやく本調子に戻ってきた感じ。
やはり日本食の威力でしょうか。

このお二人は、船でヨーロッパに来たそう。いろいろ面白いお話を聞かせていただいた。本にもなりそうなエピソード、私の頭にだけ残しておいてはもったいない・・・どうするかなぁ???
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-18 22:13 | 旅・ツアー

ニューヨークに戻ってきました。

猛暑と聞いていたニューヨーク。
アパートの窓の外に摂氏の寒暖計があるがそれが45度になっていたというほど暑かったニューヨークだったそうだ。私はツアー中で、寒いヨーロッパだったのですが・・・

この2,3日のニューヨークは気温もそれ程高すぎず、湿気もないとてもさわやかな夏の日々。こんな夏はいいなぁ〜〜〜
そして昨日の夜はニューヨークの芸術センターといわれるリンカーンセンターアウトオブドアーの公演。舞台の上に寝そべって、バンドシェルの先っちょをパチリ。
b0069951_22214968.jpg

そして観客席から仮設舞台を見ると
b0069951_22221124.jpg

そして舞台の上から観客席を見ると
b0069951_22231862.jpg

この後の3枚は知り合いのKさんの写真を拝借。
始まる前、7時半頃続々と人が集まってきている様子。
b0069951_22244100.jpg

公演最後の演目が終わり挨拶
b0069951_2224581.jpg

そして終わってから人が帰る様子。
b0069951_22251796.jpg


フリーのコンサートと言うことで、舞台から見える所、人人人。2千人ぐらいいたのではないだろうか???
私も友達、このアパートの住人、コミュニティーガーデンの人たち、スポーツクラブで会うおばちゃんやら、沢山の方に来ていただきました。ただ私が踊ったのは最後の作品の5分ぐらいだったのですが・・・ちょっとですみません。

そして今日はこれから畑に水やりに行かないと・・・そしてスポーツクラブに行って、3時の友達のワークショップに行く予定。この友達はダンスのグループを持っていて、ダンサーの一人がけがをしたので、ピンチヒッターとして急に参加することに。よってこれから作品を習わないといけない!!!このところ新しい踊りを習う機会がなかったので、嬉しい反面、大丈夫だろうか???とちょっと頭をひねっております。ましてこの振り付け、今までの私のキャラクターとはちょっとかけ離れていそうで・・・はぁ〜〜〜
ま、がんばってきます。

9月の終わりまでようやくニューヨークに落ち着けるので嬉しいお知らせでした。はい。

そして今ちょっと表の音に耳をやったら、蝉の音がしているニューヨークでした。
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-17 23:49 | 舞台・劇場・芸術

ハンブルグに到着

ハンブルグ、とても良い天気。
朝6時頃スリーパーバスで到着。すぐにホテルの部屋に入り一眠り。10時頃起きて朝食とり、バスに乗って町へと繰り出す。ちょっと町から離れたホテルなので、ちっと不便。

市庁舎は、とても素敵
b0069951_7174324.jpg
市庁舎の前にあるマーケット。やはり食べ物に目がいく私です。
b0069951_718244.jpg

そして30センチもあるソーセージを友達と半分ずつ食べることに。これでも3ユーロしません。
b0069951_7192188.jpg
市庁舎の中庭にはこんな素敵な噴水がありました。
b0069951_7195728.jpg

アルスターレークの所ではアイスクリームも食べてその後遊覧船に乗り1時間。
b0069951_7204867.jpg

そしてかなり大きい公園を散歩して夫の知り合いのお店へと向かいました。
昔夫が住んでいたあたりはレッドライトディストリクト(港町によく見られる歌舞伎町のような所とでもいったらよいでしょうか?セックス産業が盛んなあたり)そしてその近くには結構簡素な住宅街がありそこにこのお店があります。
b0069951_7245491.jpg

ars japonicaというこのお店は、日本の茶道具、習字の道具、本やら日本人形やらを扱うお店。
b0069951_7252213.jpg

オーナーの瑞樹さんは大正生まれのとても素敵な女性。
夫が昔ここに住んでいたときによく遊びに行ったお店。虎屋の羊羹を持っていそいそと行って来ました。そして瑞樹さんのいれてくれた日本茶は美味しかったです。鳥釜飯まで作ってもらいすっかり遅くまでおじゃましました。帰りにはニーナさんに中央駅まで送ってもらいそこからバスに乗ってホテルまで戻りましたが、中央駅に行く途中、St.Pauliの駅の所には遊園地がありました。
b0069951_729057.jpg

沢山のライトや乗り物を見るとどうしても・・・嬉しくなります。はい。
b0069951_7303682.jpg

明日は一日劇場の中です。
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-08 07:31 | 旅・ツアー

ロッテルダムでのランデブー

ロッテルダムに到着したときは雨が降って寒くてスカーフを買いに走ったのが嘘のよう。天気は最高。サウナに入ってすぐだからまだ汗をかいている夫。
b0069951_711131.jpg

港町なので、こういう風景も
b0069951_7115190.jpg

楽屋に入って一休み
b0069951_7123127.jpg
そしてアーンハイムへと汽車に乗って旅立っていった夫。
b0069951_7133038.jpg

ホテルに帰るときに綺麗な月がこのあとハンブルグに向かいました。
b0069951_714102.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2006-08-08 07:14 | 旅・ツアー

入れ違い

私と夫は、この夏本当に入れ違いばかり。

明日の昼の公演後、バスでハンブルグに向かう私。
夫は明日の朝、アムステルダムに到着。その足でアーンハイムに向かうはず。アーンハイムは私のいるロッテルダムからはおそらく1時間ちょっとの所。
数時間でも同じ国にいるのですが・・・

そしてハンブルグ、公演が終わって14日にはニューヨークに戻る私。19日から夫はハンブルグに行く。
私は14日にニューヨークに戻ると、16日にリンカーンセンターアウトドアの公演。そしてその後、知り合いのカンパニーの女の子が膝をけがしたので、そのピンチヒッターとして私が踊ることになったので、ニューヨークにとどまって、そのリハーサル。
31日からはグラハムのリハーサルも始まるので(ギリシャツアーとアメリカツアーの練習)ずーっとニューヨーク。

う〜〜〜〜ん。この夏は本当にすれ違い、行き違いばかり。
彼が9月3日か4日にニューヨークに戻ってくるまで会えませんわぁ。。。

ま、それも今だけの話でしょう。踊れるうちが華でしょうから・・・頑張りましょう。はい。


とこれを書いて次の日。
朝8時頃に電話が鳴った。こんなに早くなんだ???と思ったら、夫から。
朝5時半頃に飛行機が到着、昨日の夜踊りを見に来てくれた知り合いの所に7時頃電話(もちろん彼等は踊りを見に来ているからまだ寝ていたそう)して、その脚で彼等の所に行き、その家からかかってきた。ロッテルダムまではそれほど遠くないから、と、車で送ってくれることになり、10時半頃には夫はロッテルダムに。
9月まで会えないから、嬉しいサプライズ!
そして今日は私はオフの日。といっても劇場には行かないといけないけれど。
一緒にサウナに入って、その後公演を見に行き、軽いディナーを取り、彼は電車でアーンハイムに向かった。
そして私はバスに乗ってハンブルグに。
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-06 08:10 | 日常

アムステルダム

b0069951_742782.jpg
町で見つけたアーティストショップ。面白いものがたくさんあったが、このキッチンには頭が下がる。狭いスペース(どこが??といいたい)を利用して、というキッチンだった、タイル一つ一つが工夫されていたりで便利そう。
b0069951_7422737.jpg

これは招き猫(陶器)を使ったピンボール・・・かと思えば、ボールを入れると猫に当たって良い音がする。一回一回が違うメロディーとなってピンボール型風鈴とでもいった方がよいかと。
b0069951_7425974.jpg

そして夕方訪れた知り合いの所には3匹の猫が・・・これはアッサム。表にでたいと眺めている。
b0069951_7432342.jpg

そして最後はもちろん食事。メア(右から2番目)の手料理。久しぶりの手料理(外食でないという意味)やはりいいねぇ〜〜〜

帰りはまたインターシティーに乗って帰ってきたが、ロッテルダムに到着して、地下鉄を乗るのに、切符の買い方がわからない。中国人らしき女性に聞いたら、なんとインドネシアから来た女性(中国人)で、昔「君が代」を習ったといって歌ってくれた。相当前のことなのに、しっかりわかる口調で、歌ってくれたので、びっくり。そして話をして他ので、切符を買い忘れそのまま地下鉄に乗り4駅乗って帰ってきてしまった。う〜〜〜ん無銭乗車してしまった・・・きゃ〜〜〜
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-05 07:47 | 旅・ツアー

オランダといえば。。。

b0069951_7311612.jpg
やはりアムステルダム。
行って来ました。ロッテルダムからインターシティーと呼ばれる電車で、50分ほど。ハーグ、ライデン、スキポール空港、そしてアムステルダム中央駅。

駅からはトラムに乗って、ウォータールー広場へ。お目当てのお店はなくなっていましたが・・・こんな素敵な風景に遭遇。
b0069951_7332398.jpg

そしてこれは、水量計。アムステルダムも水の都。そしてかなり低いので、この水量計を見ると危ないような気がするのですが、それでも平気そうに住んでいるから不思議。
b0069951_734264.jpg
道の所にあった植木もどことなく日本とは違って見える・・・
b0069951_7354367.jpg

でも道ばたの雑草は日本と変わらない。オオバコやら、とりの好きなやつやら・・・
b0069951_736418.jpg

この自転車は前に荷物なのか、子供なのかをのせる所が。ドイツもだけれど、自転車大活躍のこの町。こんな自転車私もほしい!でもブレーキが難しい・・・
b0069951_7373880.jpg

一息つくのには、前に来たときもよく行った 「de jaren」というカフェ。前に泊まったホテルのすぐ横で、今回もすぐに見つかった!!!トマトをひいて、卵を割って、チーズをのせてオーブンで焼く美味しい朝ご飯。今日は昼に食べましたが、美味しかった〜〜〜写真は忘れました。
b0069951_738547.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2006-08-05 07:40 | 旅・ツアー

ロッテルダム オランダ

オランダのロッテルダムは港町
といっても海に面してはいないのに???ですが。でも戦争中そのためにかなりの被害があったそうだ。よって今建っているビルはかなり新しいものばかり。
b0069951_6575999.jpg

川の見える所はもちろん船がある。
b0069951_6582375.jpg

到着後このなかなか古くて感じの良いバーに。Sijfなんと読むのかわからんけれど・・・
b0069951_6594851.jpg

で私が注文したのは、グリルドサーディーンサラダ。
何のことはない、鰯の塩焼きの乗ったサラダだったけれど、20センチは夕にある鰯が4匹も!凄いボリューム。これを平らげてしまった私のお腹っていったい・・・そこにビールも入ったし。
b0069951_70109.jpg

そして町の中にいたこの犬の彫刻、渋谷のハチ公とはずいぶんイメージが・・・
b0069951_704359.jpg

あるビルの壁にはこんな彫刻も
b0069951_7164.jpg

そしてこの壁にはこの人形。ボブ・ディランの歌が流れていて、さらに手がギターを弾くように動く所もなかなか。
b0069951_713646.jpg

Lost & Foundというお店は、アーティストのお店。あらゆるリサイクルで作られものを売っているギャラリーっぽいお店。その前に置いてあったこの面白い自転車2台。
b0069951_721555.jpg

そしてこれはコーレンウルフと呼ばれるちょっと濁った、白ビール。結構濃厚で美味しい・・・
b0069951_724630.jpg

やっぱり食べ物に目が・・・
[PR]
by miki3lotus | 2006-08-04 07:02 | 旅・ツアー