<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

二つの公演

この週末二つの公演を観た。
一つはジョイス劇場にてDoug Varoneの20周年公演。そしてもう一つはブルックリンのBAMにての山海塾の公演。

Doug Varoneは若い頃ホゼ・リモン・カンパニーにて踊り、その後ラー・ルボビッチの所に入り、そしてその後独立して自分のカンパニーを作った。彼の作品にはリモンとラーの要素が沢山入っている。それでも彼独自の世界を作り上げている所が私は好きだ。動き、構成のクラフトがとても良い!音の中に沢山の動きが入ってる所は私にはちょっとばかり多すぎる時もある。

そして今年は彼が独立して20周年。かなり昔から一緒に踊っていてダンサーも数人戻ってきて公演に参加している。私の大好きなダンサー(Peggy Bakerーラー・ルボビッチの所で踊っていたダンサー)も今回のBプログラムにて踊る。あいにく私の見に行ったのはAプログラムだったので、彼女の踊りは観ることは出来なかったが、客席にいた彼女と話は出来た。今はカナダのトロントにベースを構え、教えと自分の作品を発表している彼女。時々ニューヨークのダンスシーン出会うことが出来るのは嬉しい。

「Castles」(2004年)プロコフィエフのワルツをバックに6つのセクションからなるこの作品。幕が開くと8人のダンサーが舞台上にバラバラに乗っている。そしてそのダンサー達が音と一緒にステージを去る所から始まる。そして数人が残って踊り始めて・・・グループのセクション、デュエット、カルテット、デュエット・・・とある間のセクションとセクションとの間のトランジッションもうまい!

「Boats Leaving」(NY Premiere)アルヴォ・パートの音でのこの作品はこの公演の中で私が一番気に入った作品だった。常に動いている彼の作品の中、この作品には静寂さ、そして実際に泊まってポジションを見せる所が入っている。動きを見せて、落ち着かせて・・・テーマもはっきりしていて(もちろんアブストラクトだけれど)そのイメージがとても良い。
始まりは、「Castles」の作品と同じで、あれっ?と思ったが、終わり方が胸にじーんとくる。

「Lux」(World Premiere)フィリップ・グラスの曲を使っての作品。どの作品も彼はエスタブリッシュした作曲家を使っている所が面白い。昔からそうなのだが、彼の選曲、私は好きです。おそらく、昔はアバンギャルドの作曲家とも仕事をしたのであろうが、落ち着いてみたら、バッハだったり、グラスだったり。
そしてこの作品は、舞台の上に付きなのか太陽なのか・・・一つの丸いひかりが後ろの幕に光っている。踊りが進行するに連れ、このひかりが上の方に登っていく。ダグのソロで始まり、ソロで終わるこの作品は彼のクラフトがとても良く見える。彼が踊ることによって(彼はおそらく50代半ば)動きが出発点がよく見える。 

3つの作品は動きもたくさんあり、中の作品のちょっとした静寂がとても光っていたし、そのために似通った動きの質の作品でも違って見えたように思う。

そして日曜日は山海塾。

今回初めて笑わせていただきました。
いつもは、ぴりっとした緊張感、イメージの世界で、「綺麗」の一言でしたが、今回は愛嬌のあるシーンもたくさんありちょっとびっくりでした。今までの作品はやはりゆっくりの動きのものが多く、今回のように早く動くことも沢山入っている作品は珍しいのではないでしょうか?ただその反面、早く動くことによって、そしてユニゾンの動きになった時に彼等の身体トレーニングはいったいどうなっているのだろうか???と疑問がでてきてしまいましたが・・・ま、これは私がダンサーなので、そちらに目がいってしまうのでしょうけれど・・・

アマガツさんの作るあの世界は、やはり日本人なのだと思います。「かげみ」(影身、鏡)という題名からもそうでしょう。蓮の花も素敵でした。もう少しあの花を使っても良いのではないかしら??とも思いました。(期待しすぎなのかしら???)

白いおしろいを体全部に塗ると言うことは、体の皮膚が全部衣装になると言う、そしてそれがニュートラルになると言うこと。足の裏が普通の肌の色をしていたダンサー、そして背中の半分白いおしろいを塗っていないダンサーがいたようでしたが、急に現実に連れ戻された感じがしました。昔の(80年代始め)のきーんとした緊張感が抜けてしまっていた感じもあり、時代の流れなのかしら???と思ったりもしております。もちろん、自分自身が変わってきていることもあるのでしょうけれど・・・

と、劇場で席について、ふと前を見たら、見覚えのあるあごのライン。ニューヨーク在住の彫刻家minako
さんでした。彼女は日本とニューヨークを行ったり来たり、いつもあいたいと思っているのですが、なかなかスケジュールがあわない。私もでたり入ったりだし。でもこのような面白い出会いもあったりするのが、ニューヨークの面白い所!もっとも話もほとんど出来ず仕舞いだったけれども・・・

そしてその後、夕方知り合いのダンサー二人、と言っても今は踊っておらず、振り付けをするためにニューヨークに来ている二人にあって食事。彼等はもとフランクフルトバレエ団で踊っていて、ウィリアム・フォーサイスが作品を作る時に彼等が否かったらどうなっていたのか???と言うダンサー。フォーサイスをでて今自分の作品を作り始めて、その作品をいろいろなカンパニーに振り付けている彼等。私の今いる舞踊団は昔の作品を踊るカンパニー、クリエーターのいないカンパニーなので、やはり新しい「創作」をすることが必要なのではないかなぁ〜〜と、このような人たちに会うと思います。愚痴は言わないことに・・・
カンパニーがしなければ、自分でどこか他の所で踊るとかしない限り同じ事の繰り返しだから・・・11月末にフランスに行く仕事は9月に踊った、パスカル・リユーの所。今リハーサル中で、とても面白い!これについてはまたのエントリーにするとします。

そしてもちろんガーデン。9月に穂先をかなり積んだので、沢山のつぼみが付いている菊。咲き始めましたが、まだ満開ではありません。でもお披露目。
b0069951_0244169.jpg

左後ろにはだいぶ大きくなってきた枇杷の木が見えます。
b0069951_025959.jpg

そしてコスモス。コスモスには大きなクマンバチ(?)が一生懸命蜜を吸っていました。
b0069951_0262134.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2006-10-30 08:01 | 舞台・劇場・芸術

芸術の秋

月曜日の夜は一人、知り合いの公演を見に行った。ダウンタウンのダンスメッカになりつつある(もうなっている・・・)Dance New Amsterdam(新しくなる前のDance Space)。チェンバーストリートとブロードウェイのコーナーのビル。広さ、形の違う7つのスタジオと劇場まである。ブラックボックス型の劇場で、まあまあの広さ。オフブロードウェイにはぴったりのサイズ。今年の夏頃にオープンしたDNAは学生ビザも出すので、日本人だらけだった。ちょっと驚きました。
昔日本人ダンス留学が増えた頃、どう考えても関西のダンサーが多くてびっくりしたことがあった。関西から東京にでるのと、ニューヨークに来るのではそれ程金銭的に違いがないと聞いた時はひっくり返ってしまった私です。
で、昨日もスタジオの前に座っている人たちは日本人(おそらく)そして聞こえてくるのは関西弁。やはり今の同じようだったのは驚いた。

文化庁の派遣でニューヨークに2年間来ている知り合い。11月の頭に帰国する。その最後に自分でプロデュースし、振り付け師、自分でも踊り・・・と2年間の総まとめ。成果が出ていた。踊りを踊るだけでも結構大変のに、プロデュースまで。大変だったと思う。
そしてこの公演を見に行ったら、なんと普段あわない友達二人に会えた!もう何年もあっていない友達(友達と呼ぶのだろうか????間、知り合いと呼んほうが良いのだろうが、友達とよばせていただく)同年代のダンサー達、3人で踊ろうか・・・と言う話まで出てしまった!もしこれが現実化すると凄い!結構面白いことになるとは思う。うん。

そしてもう一つはジュリアード音楽学院の演劇科(パティ・ルポン、ヴァル・キルマー等が卒業した。ロビン・ウィリアムスも1,2年入っていた学校ですーーー彼の場合はLet Goと言って、やめてもらったようですが・・・やめさせられたのではなく。この辺りがちょっと違う。)の4年生の公演を見に行った。
イブセンの「人形の家」
1879年のこの作品、この当時にこのテーマの作品があったという事事態が、驚異だ。1,2幕のノーラはちょっと軽い感じがしたが、3幕ではとても良かった。旦那さん、クリスティーナ、ドクター、ナニー、そしてニルスの役、どの役もとても良い役者さん達だった。特にドクター役の人、クリスティーナは。
演劇科はモリエール、チエホフ、イブセン、シェイクスピアの古典から現代物まで全部こなす。時々見に行くけれど、こちらもダンス科と同じく、下手な演劇をお金を払って見に行くよりよっぽど素晴らしい。
演劇科のコースの中に「マスクスタディー」というのがあって、私はこれを是非受けてみたいのだが、学生でないので無理・・・残念無念。

ニューヨークの芸術の秋はまだまだ続く。
今週はJoyce Theater でやっているDoug Varone, BAMでやる山海塾とリハーサルの後焦って走って観に行って来ます。 ABTもあと一週間シティーセンターだし、時間か、体がもう一つほしい今日この頃です。
[PR]
by miki3lotus | 2006-10-28 10:30 | 舞台・劇場・芸術

これからニューヨークへと向かいます

終わりました。
9月末から始まったツアー、ギリシャの2カ所、そしてその足で米国中西部ツアー。
私はニューヨークに数日戻ってFall for Dance にて踊りまたツアーに戻りインディアナに。

テッサロニーキ→アテネ→シャンペイン(イリノイ州)→ニューヨーク→インディアナポリス(インディアナ州)→ブルーミングトン(インディアナ州)→アン・アーバー(ミシガン州)→マジソン(ウィスコンシン州)→ミネアポリス(ミネソタ州)→そしてニューヨーク。

全部でひと月のツアーでした。
はぁ〜〜〜
体の方のスタミナはずいぶん付いてきたけれど、毎日の外食でお腹の方はちょっと・・・
朝はホテルの部屋でお湯を沸かしてオートミールを作るのがいい感じ。毎日ベーコンエッグでは負けてしまいます。と、それでも結構大丈夫かもしれない私ですが・・・

でも今日はこれから空港に向かって、ニューヨーク。
夕方到着。
ガーデンはどうなっているか、野菜たっぷりの夕食を夢見て飛行機の中、眠れるといいなぁ・・・
[PR]
by miki3lotus | 2006-10-21 23:24 | 旅・ツアー

ミネアポリス

アン・アーバーを後にして、ウィスコンシン州のマジソンに。
マジソンでの話はちょっとスキップして・・・
昨日、マジソン(ウィスコンシン州)からバスでここミネアポリスに、到着。どうしてもお米が食べたくなって(年を取ってからこれが増えました)日本食を探していった先は鉄板焼きレストラン「一番」道も名前が・・・やはり日本人の経営ではないようだが、まあ仕方ない。それでも鉄板焼き(昔ニューヨークにオープンした「紅花」がこの手のレストランの草分け。)なので、まあまあ。
食べ終わって帰ってきてからお風呂、そしてテレビを観ていたら、なんと1時半。早くねようと思っていたのに・・・

そして今日はお休み!!!ふふふ。
私のブログでも紹介したのだけれど the Body Exhibitという展示。そして今日行ったのはBody Worldという展示。このBody Worldはこのミネアポリス/セント・ポールというこの町(ツインシティとも呼ばれているミネソタ州の首都)にあるサイエンス美術館にて今年の12月まで展示されているそう。Body Worldはドイツ人のGunther von Hagensがプラスティネイションという方法を発明して本物の人体を使った解剖学的展示、体の中にある、神経、血管、骨、腱等々を普通の人の生活の動きを使い観ることが出来る。素晴らしい展示だ。
b0069951_12212937.jpg


ある標本はプラスチック、ある標本はゴムのように、そしてある標本はガラスのように変化し、切り開いたり、スライスが可能となりました。人は自分達の体がどうなっているのか、様々な動きに対して筋肉や筋などがどのように動くのか、またそれらの筋肉がどのように脂肪や骨と繋がっているのか、病気とはどのようなものなのか、器具を埋め込む手術や治療とはどのようなものなのか、生命誕生の神秘とはとのようなものなのかなどを実際に目で見て、あるときは触れて、理解できるようになったのです。
b0069951_12215265.jpg



日本では昨年展示があったはずですが、もしまた展示があるようでしたら、是非!お勧めします!!!

それから、ここミネアポリスは歌手の「プリンス」発祥の地。彼はここから出たそうです。ミネアポリス側。そして今でもこの郊外に住んでいるそう。そして彼の敷地は「ペイズリー・パーク」と呼ばれていて、レコーディングスタジオ、そしてそのレコーディングに参加する人たちの宿泊施設まで整っている建物(ホテルでしょうか?おそらく)まであるそうです。全てその中で過ごせるように。
それでもプリンスは時々ミネアポリスに出てきて、クラブに行ったりはしているようです。(タクシーの運転手さんから聞きました)
ま、会えないでしょうねぇ〜〜

寒いミネアポリスからでした。はい。
*写真は公式サイトからお借りしました(勿論館内は撮影禁止)
[PR]
by miki3lotus | 2006-10-20 12:22 | 旅・ツアー

アン・アーバー ミシガン州

ニューヨークのFall for Dance Frestivalにて踊り、ツアーに舞い戻った先はインディアナポリス。そしてその後ブルーミントン(ここもインディアナ州)。紅葉の始まっている中西部。なぜか暖かい。気温は15度ぐらいあるのに、紅葉で・・・ちょっと変だけれど文句は言うまい。
そして昨日はバスで、ミシガン州のアン・アーバーに到着。ダウンタウン、そしてミシガン大学からはちょっと離れているホテル。通りの向こうには私が面罵になっているスポーツクラブがある。早速電話したら、私のカードでもOK。プール、スティーム、サウナ、ジャグジー。行って来ました。そしてその後の白ワインは「美味しいねぇ〜〜」

そして今朝。今日はマスタークラスを二つ教えるので、10時に出発。と、暖房は入れているのに、ちょっと寒い感じ。でカーテンを開けると・・・え???うっそ〜〜〜。
雪????
ちらちらと見える白いもの、そして時々横向きの風に乗って白い雪が・・・寒いはずだわ・・・
あ〜〜あ、今年初の雪を観てしまいました。
重ね着するしかない!ツアー中だからここでセーターを買うのもはばかれるし。重ね着。

と、コンピューターの前に座っていたら突然太陽が雲から顔を出してとても明るい、でもちらちらと白いものは続く。

クラスはミシガン大学の中のダンス課。1,2年生一緒のクラスと3,4,そして大学院生一緒のクラス。クラスを教えている間もふと外観ると雪が舞っている。
今日のクラス、カンパニーのメンバーのサディラとステイシィがデモンストレーションとしてきてくれた。助かりました。

クラスが終わってお昼を食べに行こうとビルを出ると・・・
b0069951_11383649.jpg

雪の舞いです。
b0069951_11385495.jpg

寒いのは苦手なのに・・・

もう冬はすぐそこなのでしょうか???まだ10月なのに。
[PR]
by miki3lotus | 2006-10-13 11:48 | 旅・ツアー

つかの間のニューヨーク

アテネ、そしてイリノイを後にニューヨークに戻ってきました。
3日にシティーセンターで開催中のFall for Dance Festivalにて踊るために。

この企画は今年で3年目(だと思いました)。今ニューヨークで踊りを観るのには一番安い席でさえ20ドル以上する所、このフェスティバルは一枚10ドルという安さ、そして一晩に5つのカンパニーの作品を見ることができて、しかも6回観ると全部で30カンパニーを観ることができるとあって、チケット売り出し日はものすごい列。
私のでる3日は一番始めに売り切れた日だったそうだ。

知り合いも数時間並んでやって券を購入してくれたそう。
ありがとうございました。

今手元にプログラムがないので、作品の名前を書くことができないのはちょっと残念。
3日はサンフランシスコのアロンソ・キングのラインズ。体の利く若いダンサーがこれでもかと踊る作品。そしてその次は私。1932年の作品で、グラハムのソロ。後ろ向きで飛んでいる時から観客の様子がわかった。ライブのフルートとのデュオ。とても楽しく踊れました。
そしてその後はニューヨークシティーバレエがジェローム・ロビンスの作品を。3つのデュエットをライブのピアノ、ショパンの曲で。私の好きなソフィアン、ウエンディーが踊ったので、私は満足です。
そして休憩
休憩後はフランスから来たというダンサーのソロ。彼も体が良く動く。ちょっと作品的には長かったが、それでもなかなかという感じ。そして最後にはデイビッド・パーソンズのカンパニーの作品。
これが3日。

4日はアルビン・ニコライの作品で始まり、モーリン・フレミングのソロ、ABTの白鳥のパドドゥ二つ。始めは白の。そして黒。この黒が凄かった。パロマとカレーニョ。パロマがまたバランスをこれでもかと言うほど見せたかと思うとカレーニョは素晴らしいパートナリングで、ピルエットの間、手を離して見せたり・・・はぁ〜〜〜
休憩後は今ひとつ思い出せませんが、最後のハンガリーの踊りのグループはこれまた凄い。男性が。スプーンで音を出すことや、足裁きが。

5日はパシフィック・ノース・ウエスト・バレエ団(シアトル)、ニューヨークのダウンタウンダンスシーンにいるスリストファー・ウィリアムズのソロ、そしてイギリスのランダムダンス。休憩後はニューヨークのダンスカンパニー(始めてみましたが)名前がいまちょっと・・・ビデオを使ってとてもうまくできている作品だった。そして最後はフラメンコ。

と3日間でもこれだけ観てしまいました。
b0069951_12385837.jpg
写真は今回のフェスティバルに出演するカンパニー(作品)の写真。私は緑色。

そしてニューヨークに帰ってきたのだからもちろんガーデンに行く。ちょっと寒くなり始めているので、収穫を。夏前にSPがカリフォルニアで買ってきた種を植えてみました。長さがいるので、牛乳のパックに土を入れて、それをガーデンに植えて・・・結構うまくいったような気がします!!!
b0069951_1241553.jpg
日本のスーパーで売っているような長さにはなりませんでしたが、有機栽培のお店で売っているゴボウと同じような感じ。これを料理せずにツアーに舞い戻ったので、残念で仕方ない私です。初めてのゴボウでした。

とちなみに今日、米国中西部ツアーに舞い戻った私は夕食にアメリカ的なポークリブのBBQでした。
[PR]
by miki3lotus | 2006-10-07 12:43 | ダンス

Honey Harvest in NY

私がいつも行くクリントンコミュニティーガーデンにはビーハイブがあります。
ニューヨークで蜂蜜がとれる???とびっくりされるでしょうが、そうなのです。
パリでもとれるのです。昔見たテレビ番組で、パリオペラ座(ガルニエの方)の屋根にビーハイブがありそこでとれる蜂蜜はオペラ座の中の人しか変えないと。1990年にオペラ座で踊った時にその蜂蜜を買いたいと裏方さん(オペラ座の)に言ったら、どうして知っているのか?と驚かれました。でももう残っていなかったので、買えませんでしたが・・・

こちら2年前はかなりの蜂蜜がとれました。昨年はなぜか女王蜂が死んでしまいだめでしたが、今年はまたうまくいったようです。

箱の中には数枚の網が張ってあり、そこに蜂がどんどん蜜を作るのです。そしてその上に蜂たちがビーワックスをはり、蜜をため込むのです。このビーワックスは蝋燭にも使ったり、クリーム、ローションを作る時にも使われるそうです。
昨日はその収穫が行われました。私は明日、3日に踊るためにニューヨークに戻ってきましたが、この収穫には間に合わず残念でしたが、2年前はお手伝いをしました。
そしてそのときに写真を取り忘れたので、今年のこの写真を送ってもらったので載せますね。

まずは箱から一枚ずつ出します。
b0069951_2356276.jpg

そして熱でもってこのワックスをはがす。
b0069951_23564648.jpg

ワックスをはがした物はこの中に入れ、廻す。スピンすることで蜂蜜がとれるのです。
b0069951_2357917.jpg

とれた蜂蜜はその場で瓶に詰めていきます。2年前は180個できました。
今年はいくつできたのかなぁ〜〜
[PR]
by miki3lotus | 2006-10-02 23:59 | 畑・ガーデン