<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3つのショー

このところ,なかなかエントリーしていませんでした。
結構忙しくて。。。。何もないにの。。。
b0069951_553197.jpg

Gray Area これは小さいブラックボックスでの演劇。
b0069951_553358.jpg

南北戦争を引きずったはなし。これが結構面白かった。
b0069951_5535772.jpg

南北戦争について書かれた本は沢山出ている。これを沢山呼んだキースと,二人の友達(ちょっとすろうな二人)そして彼が今日の録音で,引退声明したラジオパーソナリティーの男性を誘拐してきてした事は。。。。クイズ番組のような事。そしてその中,このラジオパーソナリティーはスカラーで,南北戦争の事について本を数冊出しているという事も発覚。無事にニューヨークに戻ってきた彼は,パーソナリティーを辞めずに続ける決心をする。

Groupo Corpo
これはエントリーしたので,省略。

ジュリアード音楽学院の20世紀のマスターワーク
2、3,4年生が出演するこのコンサート。今年は凄い!
マーサ・グラハムの「アパラチアの春」1944
元グラハムダンサーであり,今はジュリアードで教えているテレース・カプチリが振り付け、コーチを担当。かなり細かいところまでコーチされたと見えて,すばらしい!こう踊ったら,と思うところがあり,次に踊るとき(あるのかな?)にはちょっとこうしてみようと思うところもしばしば。
b0069951_5541264.jpg

アントニー・チューダーの「ダーク エレジー」1937
これはちょっと難しい作品。ダンサーは踊り自体とても良いのだが,踊りが自分の体にはいって,体が踊っていないと表現できない作品。微妙なニュアンスが今ひとつ出ていなかった。もちろん,ラインはきれいなダンサー達なのだが。。。私が気に入っているダンサーが出ていた。21歳ぐらいで,これだけ踊れたら。。。と脱帽!
作品としてはABTのダンサーが踊っても難しいので,仕方ないかな。。。
b0069951_554277.jpg

そしてホセ・リモンの「There is a time」1956
グラハムが女性の作品(もちろん男性も出ていますが)だったら,リモンは男性の作品。どちらもお互いを見せる為に男性、女性の踊りという物が必要になってくる。男性がいずにして女性を,その反対も,あり得ない。この世には女性と男性と二つの性がある。
で,リモンのこの作品はタイトルのように生まれるとき,死ぬとき,話すとき。。。と,いろいろな時を表現している。男性の足に地の付いた感じがほとんどしなかったのはとても残念。笑いの時を踊った女の子はとてもキュートで,いい感じが出ていた。
b0069951_5543954.jpg


この3人のマスター達はジュリアード音楽学院の教師としてこの学校始まってからずっと教えていた人たち。そしてもちろん,ダンス界において,この3人の存在は巨匠!といわれている人たち。その3人の作品を,まだ若いダンサー達が踊る。うらやましい限りだ。だから昔,この学校に行きたかった!もちろんあきらめたのには訳がありましたが。。。

今晩も見に行きます。
違うキャストなので。

楽しみです。
[PR]
by miki3lotus | 2008-03-28 06:05 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(2)

グルッポ・コルポ

ブラジルはベロ・ホリジョンテに拠点を構えているこのカンパニー。
昨晩の公演はBAMのオペラハウス。

ナンなのだろう。。。
作品は二つ。選曲も,踊りの動きの質も似ていて,衣装と舞台美術が違うだけで,お案じ物をに度みたような気がした。二つ目の方には動きにちょっとしたテーマはあったけれど。これ,音を聞こえない人が見たら,同じだろうし,一番気になったのは,この二つの踊りを通して,何がいいたいのか???という事だった。

ダンサーは足もあがるし,体が利く。
それだけを見せるというのかな?
それとも???

後ろにいた観客は,このごろカレッジダンスのような物ばかりを見ていたので,これをみてやっとプロフェッショナルな物をみたと隣の人に話しているのを聞いた時,私の目はまんまるになってしまった。。。私にしたら,せっかく体を屈指して作った踊りなのだから,何らかの意味を見いだせない物かと。。。

それだけでもいいのかな。。。

その中でもやはり光るダンサーはいて,目がいってしまう。どれだけ足があがるではなく,動きにキレのあるダンサー,また踊りを楽しんでいるダンサー,はたまた動きにいろいろ見つけて踊っているダンサー。

どうしてもそちらの方に興味をそそられます。はい。
[PR]
by miki3lotus | 2008-03-26 22:31 | 舞台・劇場・芸術 | Comments(0)

ヨーグルト

数年前帰国の際に,カスピ海ヨーグルトなる物をもらってきた。
友達と分けて,作っている。
どちらかが旅行とかでだめになるとまたお互いにあげあって。。。

それでも,このところ、粘りが出始め,味が少し落ちたような気がする。

と,私が良くお邪魔するブログにてこの話題が載っていた。やはり,カスピ海ヨーグルトは古くなると(カスピ海ヨーグルトに限らずのようだが)味が落ち,テクスチャーも変わってくると。

イタリア人お友達が,ギリシャのヨーグルトはおいしいだの,アメリカ人の友達はロシアの物がいいだのと,言っていたのを思い出し,まずは一つ買ってみた
b0069951_224248.jpg


ERIVAN YOGURT
アシトフィラス菌そしてホモジェナイズしてない。
Made with Acidophilus Culture and unhomogenized whole milk.
Viable(生長)

とあります。という事は,これでカスピ海ヨーグルトと同じように作る事が出来るかも。。。で,作ってみました。同じ要領で。
牛乳を入れて混ぜて常温で。

何と,結構美味しくできるではありませんか!!!
違うブランドの物も試してみないと。。。

お邪魔させてもらっているブログのchiblitsさんはPAVELというヨーグルトで作ったそうなので,今日お店に行ってあったら,買ってみようと。。。

さあ,朝ご飯を食べてから,買い物だ!!!
[PR]
by miki3lotus | 2008-03-26 22:17 | | Comments(1)

春はもうすぐ。。。?

ガーデンのクロッカスが咲き始めたのはちょっと前。
今日はまたマイナス1度(最低気温)なので,まだまだ油断は出来ない。それでも,春を待ち遠しいニューヨーカーは薄着の人が増えたような気がする。私はまだまだコートですけれどね。

b0069951_21581688.jpg

b0069951_21584515.jpg

b0069951_21591630.jpg

そしてこれは昨年から私がみているエリアにある常緑植物。夏花が咲かずに,どうした物かと思っていたら,1月頃から咲き始め,今でもまだ白い半が沢山ついている。Great Plant Guideをめくっていたら,Late'Flowering Ericasというのの中に,そっくりさんが。もしかして???Heatherというのに似ていると思ったけれど,この小さな花がかわいい。
b0069951_21595229.jpg


はぁ〜るよ来い♪ はぁ〜やく来い♪


まだかなぁ。。。
[PR]
by miki3lotus | 2008-03-25 22:06 | 畑・ガーデン | Comments(0)

パタゴニア

私のパートナーのSPは今パタゴニアです。
ワイオミングに住むお父さんが80歳の誕生日で、ボーイズトリップと題して、SP、お兄さん,義理の弟トラビスでのフィッシングトリップ。

私は招待されませんでした。。。。。休みなのにぃ〜〜〜

で、ここパタゴニアでの釣りはフライですが何せ魚の大きさが違う!
みてくだされこのでかさ。。。。


b0069951_9532627.jpg


この旅行はお父さんがすべて出しているのですが、SPはこの釣りに行くための道具を買わねばならず文句たらたらいっておりました。だっていつものフライ(湖とか川とか)に比べられないほどでかい魚なので、釣り竿から糸、水に入るブーツ、諸々そろえないといけない。そしてそれは将来どこで使うのか???アメリカでのバケーションでこの道具はいらないし。。。

b0069951_9474482.jpg


でも、大きなマスを釣ったこの顔を見たら、そんな事はすっかり忘れている様子です。

お兄さんがつったもの
b0069951_9493151.jpg



いいなぁ〜バケーション。。。

私はニューヨークで一人、掃除とゆったりの日々です。

ま、それも悪くないか。。。
[PR]
by miki3lotus | 2008-03-12 09:50 | Photo | Comments(4)