<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

肉離れ日記

10月5日
ニューヨークはすっかり秋っぽくなってきました。でも、街のナカはまだ紅葉は始まっていません。ツアー先はバーモント州、ニューハンプシャー州そしてコネチカット州でしたので、紅葉がとても綺麗でした。

ニューハンプシャー州での公演中、テニスレッグとよばれる(ようは肉離れ?)をやり、それでも誰も気づいてくれずに最後まで踊りましたが、最後の公演、踊らずにニューヨークに戻ってきました。次の日2時間車に乗ってアムトラックの駅に出てニューヨークに戻り、その足で病院へ。この木曜日にやってしまったので、まだ足は痛いし、一応数日は松葉杖。
土曜日には鍼をやってもらい、昨日は一日何もせず。ショウガシップ、アルニカとよばれる植物から取ったオイルでマッサージ、サプリメントも色々取り始めました。木曜日の痛みに比べると今の痛みは随分楽になったものの、まだ真の部分に痛い固まりがあるような気がします。
11月の頭にどうしても踊りたい作品があるので(ペンシルバニアに行くのですが)今週でどの程度リカバーできるかで決めないと。。。

10月11日
いろいろ、セラピー、鍼、シップ、などなどやっております。もらって来た松葉杖は可成り重宝しております。寝ていても、時々同じ箇所が再度つりそうになったりするのですが、そちらの方も少しは。

始めはイタリアンソーセージ(直径3センチぐらい)ぐらいだったふくらはぎの固まりが今はブレックファストソーセージ(直径1センチ)ほどに。でもまだ芯は残っていて、なかなかしぶといです。昨日の夜、そして今日は何もせずに、じっとしています。洗濯物を畳むぐらいは座っていても出来るので、足をシップしながら。

友達のCちゃんからのメイルで、「酸素ドーム」というのを聞き、早速こちらでも調べてみました。日本だとウォークインの指圧、サウナ、岩盤浴、スパがあるのですが、こちらは訴訟の国、何かあるとすぐ訴訟されるので、全て医療になってしまいます。そのため値段もものすごく高い。。
でも、やれるものは何でものキュリアス/挑戦精神の固まりの私冷や汗
早速予約を取って行ってきました。

ドクターの診察。今までのメディカルレコードを全部書き出したものを目の前にどのように肉離れしたのか、他の状態も全部見ての診察。それだけで400ドル。。。保険は使えないので泣き顔一応保険会社に聞いてみますが、まずだめだと思う。。。はぁ〜〜
でも、背に腹は代えられない。早くよくなるのであれば何でもやらねば。

その後酸素ドームに。
小さな窓が二つ着いた酸素ドーム。
前にMRIを取りに行った時、あの狭い所に入り、動けない、何も見えないで閉所恐怖症のようになってしまった事があったので、可成り心配した。でも、iPodはだめだけれど本は持って入ってよい、との事で、本を持って入り、読んでいたら結構時間は早く過ぎました。酸素マスクをして、ドームの中に入るのですが、マスクをする事で、100%酸素を鼻から吸入,更によい吸収が出来るようにとの事でした。
綿100%のものを着ていないといけないそうで、私はもらったガウンを着て中に入りました。

まぁ、1度でどの程度よくなったのかはわかりませんが、ドクターの言うように週1又は週2(1時間はいると200ドルドル袋あせあせ(飛び散る汗))はちょっと無理なので、もう一度来週行ってみようと思っています。

あ〜〜〜早く、痛みのない足に戻りたいですぅ〜〜〜
松葉杖も使いたくない。。。

今日はおとなしくしております。

10月13日
なかなかしぶとい肉離れです。
体に入ってしまった肉離れの瞬間が未だに体にショックを与えていて歩こうとしてもちぎれるような痛みがあるとどうも縮こまってしまいます。

今朝は鍼、そして泳ぎに行きました。
鍼は、運動治療というので、痛い姿勢(後ろをのばす)を取って、痛い所に鍼を打つのですが、これが又痛いのナンの。。。打ってもらって、「座ってください」と言われても座るのに、1分ぐらいかかる。で、座ってみると一番痛い所の筋肉はやはり引きつっているのがよくわかる。他の所はなんて事なく針が刺さっているのに、痛い所は刺さっている所がつって(ヘッコンで)いる。お〜〜やはりここの筋肉はまだ硬直しているのか!という感じ。その姿勢で鍼の先生は次の患者さんの所にいきました。15分置いて自分で鍼を抜くのですがこれが又、勇気がいります。はい。
痛いし。。。

スポーツクラブでは先週泳いでいた時よりだいぶ足が楽に動かせるようにはなっています。水のナカで歩くのは頭しか水から上に出ていないので、とても大変ですが、いきは歩き、帰りは泳ぎの繰り返しです。
そして夜はセラピー。新しいリハビリ用のエクササイズをもらい、松葉杖を使わずに小さくとも良いから歩く練習。1、2、3、4、5といかれる距離が今までの10倍もかかります。
ちぎれるような痛みはおそらく切れた所が瘢痕組織{はんこん そしき}、瘡蓋となりそれが引っ張られる時に痛みが出るのだと聞き、ちょっと安心。(安心してよいのか???)
新しくアキレス腱や筋肉が切れるのではないかと思い、可成りビビっている状態ですから。アパーとのナカではかかとのある物もはかず、頑張ってよちよち歩きです。

今週はリハーサルがあって、私の他にもう一人同じ役を踊るダンサーいるのですが、(彼女来年にそのパートデビューのはず)、もし私が踊れないという事になると彼女が踊らないといけないので、色々教えつつ、自分でもメンタルにリハーサル。これはこう、あそこはここに気をつけて。。。と言っているとそれだけでも自分のナカにはいってきますから。

でも、やっぱり踊りたい気持ち、体はうずうず。
無理しないようにしないと、ね。

はい。


10月22日
松葉杖をフィジカルセラピーに寄付しました。
ようやく、杖なしで歩けるように!!!

先週後半から部屋の中では使っていませんでしたが、火曜日の朝から外に行くのも使うのをやめる事にしました。もちろん気をつけて歩かないと、人はぶつかってくるし、大変ですが。。。人の事を気にしないニューヨークの人たち、プラス上と地図を見ている観光客の多いアパートのまわり。十分に気をつけていないと。。。自転車のデリバリーの人たちも反対方向から突然やってくるし。。。

杖をついている時にバスを使いましたが、バスに乗っていると面白かったです。時間がかかるのはちょっと閉口でしたが、可成りの年の人が私に席を譲ってくれたり、他の人を立たせて、座らせてくれたり。有り難かったです。バスに乗って、揺れるのはちょっと怖かったので。。。

と、やっとクラッチレス(松葉杖のことをクラッチと英語で言います)。毎日、泳ぎに行って、私のリハビリパターンは
ストレッチ、スパイナルジムナスティックをやってから
1)歩く(踵からちゃんとつけて)
2)泳ぐ(行き、帰り、もう一度行き)
これを3セット。そして
1)歩く
2)後ろ向きに小さなジャンプ、プッシュで歩く
3)泳ぐ(2往復)
これを2セット。
そしてパラレルのブラシ(前横後)
一番ポジションでブラシ
デガジェとパッセ、ハーフロンドジョン、フルロンドジョン、
立ち足プリエでタンデュ(これが何とも痛い!)
小さなジャンプ

これだけでも1時間はかかります。
今朝も行ってきました。そしてこれからちょこっとお昼を食べて、フィジカルセラピーに。
その後指圧・鍼。

学校の勉強はいっさいできておりませんが、今は仕方ないかな。。。と
11月の頭の公演は踊れるかな???とちょっと欲張りでしょうか???ジャンプは無いので。。。
[PR]
by miki3lotus | 2009-10-24 21:48 | 日常 | Comments(0)

いろいろ

夏休みのはなしも終っていないのに、長らくブログを書いていないので、どうしているのだろうと思われたかと思います。

ツアーの途中、肉離れをしてしまい松葉杖の生活になり、やっと杖なしで歩けるようになりました。セラピー、指圧、鍼、そしてプールに行って水のナカで歩く事、足を動かす事、そして泳ぐ事で、だいぶよくなってきました。でももう少し。

夏休みも又アップいたします。そしてその後のはなしも!
今しばしお待ちください。
[PR]
by miki3lotus | 2009-10-24 21:43 | 日常 | Comments(0)