カテゴリ:ダンス( 48 )

東京、神戸、名古屋、香港、その後ヨーロッパ周り。。。

5月に帰国しました。
帰国後すぐにワークショップ、沢山の方にきて頂きました。レパートリーは今年100年と言われる「春の祭典」から。2階のスタジオでは市田京美サンがワークショップをしていて、やはり「春の祭典」をやっていました。マーサとピナの「春の祭典」は全くタイプの違う踊り。フィジカルな面ではどちらも同じ。

「春の祭典」はストラビンスキーが作曲して、ニジンスキーが振り付けをした事で有名。楽譜を見るとセクションごとのタイトルがある。振り付けしに寄って、このタイトルをそのまま踊りにしたような作品もある。
ベジャールのも又観てみたいと思った。昔好きだったから・・・

神戸には神戸女子学院に見学、そしてマスタークラスをやってきました。
島崎徹さん、頑張っているようで嬉しいです。学科としては大きくないけれども、その分、一人一人の生徒に目が届く。神戸女子学院のダンス科は未だ新しいけれど、良い教授陣、これからどのようなダンサーが出てくるか楽しみ。
SPの学校もそうなのだけれど、人数が少ないので、全員、必ず舞台に立つ機会が多い。大きな所に行くと、舞台に立つのはいつも同じ生徒(踊れる)ばかりで、そうでない学生はいつもクラスを取るのみ。やはり、踊りで学校に行くのであれば、沢山舞台に立つ機会があり、先生からの眼が行き届く学校が良い。
The Hartt Schoolのダンス科は歴史的には未だ若いけれど、なかなか良い学校です!

神戸の帰りに名古屋、よってきました。徳川庭園は、小雨が降っていましたが、とても素敵な所です。
b0069951_344213.jpg

久しぶりにm-deuxバレエスタジオのふさこさん、ロージーさんにあってきました。お二人とも元気そうでした!!!


そして香港。
香港に行くのに、台湾経由でした。飛行場が二つあり、羽田から到着した所と香港に行くのは違う空港。途中、3時間ぐらいあるのだけれど、移動!!!
言葉も通じない!
と、あせって、台北の友達に連絡して迎えにきてもらいました。ナイユーはちょい前グラハム舞踊団で踊っていました。今は台北に戻って学校(高校?)で踊りを教えています。とてもしっかりしたダンサーで、私はとても好きなダンサーでした。
b0069951_3474143.jpg

香港ではBenny の所でワークショップ。Be.Dance Internationalのスタジオを立ち上げたので、どうしたかと思って。Bennyはアリゾナにて、マーサの「パノラマ」を教えました。香港出身で、学校を卒業後(マスター)香港に戻り、中学のときの先生と一緒にこのスタジオを立ち上げました。なかなか良いサイズのスタジオ。そしてこの香港のファッション雑誌に4ページにもに渡り記事が載りました。其の私のページはこちら。
b0069951_3522611.jpg

そしてニューヨークに戻る前に東京の谷桃子バレエ団にてマスタークラスを。カンパニーのメンバ、準団員のダンサー達がグラハムに挑戦。
望月則彦さん、大塚礼子さん、高部尚子さんと、久しぶりにお会いした方々は相変わらず元気に頑張っておられて、私も頑張らねばと思いました。
b0069951_402769.jpg

東京でのワークショップとマスタークラスは、私のLotusLotusの相棒,野澤美香さんに伴奏をお願いしました。




そして6月の頭からはヨーロッパ旅行プラスアトランタでした。
まずはハンブルグ。
ハンブルグバレエ団のジョン•ノエマイヤーの芸術監督就任40周年記念。SPは1980年代にここで踊っていましたので、私達も招待されましたのでこれは是非と。二人で出席してきました。SPにとっては同窓会!
その当時のダンサーも沢山参加したので、3日間に渡り、劇場、パーティー、そして未だハンブルグに住んでいる友達の所で又パーティー・・・楽しそうでした。

これはパーティー会場にて
b0069951_481854.jpg

ハンブルグを出る前には学校によってきました。ちょうど期末試験、卒業試験の最中。コンテンポラリーのクラス(ホートンベース)とソロのショーイングでした。
[PR]
by miki3lotus | 2013-08-04 04:20 | ダンス

東京にてワークショップをいたします。

急に決まりました。


いつもぎりぎりでごめんなさい。
b0069951_1159129.jpg
b0069951_11594043.jpg

楽しいワークショップにいたしましょう〜!!!


この後は、香港に行き、16−21日、そしてニューヨークに戻り、7月は1週目にパリオペラ座が開催するサマーインテンシブ、そして2週目はスティーブンと一緒にこちら
b0069951_12284927.jpg

HJS SUMMER INTENSIVE- OPEN FOR REGISTRATION
Teachers will include:
Inaki Azpillaga, Damien Jalet , Shirkey Esseboom, Maurice Causey
Marijke Eliasberg, Stephen Pier, Miki Orihara, Alan Land
Chris de Feyter, Charles Anderson, Karine Guizzo,Kathleen Hermesdorf , Amy Raymond , Heidi Vierthaler Keren Rosenberg & others! www.hjs.nl

その後はアトランタバレエにて、2週間教えます。スティーブンと一緒です。
[PR]
by miki3lotus | 2013-05-10 12:00 | ダンス

アパラチアの春

この3月、ニューヨーク公演が終わった後、ボルティモアに9日間いき、Baltimore School for the Arts(BSA)という高校のダンス課にマーサの作品、アパラチアの春を教えに行きました。日本では、おそらく、振りうつしとよぶのかな???

1944年作、アパラチアの春は、振り付けがマーサ、作曲はアーロン・コプランド、セットがイサム・ノグチ。

この学校にはダンス、音楽、シアターと学科が分かれていて、今回のアパラチアの春をやるにおいては学校全てをあげてのフェスティバルとなりました。音楽は13人編成のオーケストラが演奏、シアタ部門のアクター達はプロローグとしてマーサ、コプランド、ノグチのコラボレーションの事を15分ぐらいの短い話にまとめ(台本も高校生がリサーチをして書きました)、舞台監督、セット制作、衣装、ステージハンド、照明オペレーターと全てが高校生に寄るプロダクション

ビジュアルアートの学生はこの作品からインスパイアされた絵を描き、ロビーに展示、インスタレーション、ビデオ制作。イサムが日系二世という事で、日系人の事をリサーチした展示もあり、びっくりしました。
b0069951_9185673.jpg
b0069951_919817.jpg


そして土曜日はチルドレンデイといって公演前に踊り、音楽、絵、その他、いろいろなイベントがあり、2歳ぐらいの子供から大人まで、オープンでクラスを取れる人なっていました。
b0069951_9182152.jpg


そして其の最後にプロローグを見て、踊りを見るという数時間を過ごしました。
b0069951_9183928.jpg



学校、全てをあげてのこのフェスティバル、二つの歴史的出来事があります。
1)アパラチアの春(32分全て)を高校生が踊るという事
b0069951_92401.jpg


2)黒人のダンサーがマーサのパート(ブライド)とハスバンドマンのパートを踊るという事。今までは白人、そしてアジア人(私も含めて)でしたが、今回が初めて。公演を観ても、今のジェネレーション、そしてこの作品の趣旨は誰が踊っても問題なく、今までどうして黒人のブライドがいなかったのかとその方が疑問に感じたほどでした。写真左の二人が其の二人。15歳と17歳。うぅ〜〜〜ん。
b0069951_924152.jpg


今の若い子達でも、ちゃんと話をして、今のジェネレーションとの共通点を見つけて説明すれば、わかってくれるというのがわかったとても良い体験でした。

初日はもちろんソールドアウト。そして学校にとってもとても大事なサポーター達が来るので、心配。私もちょびっと。でも、そんな事は全く感じさせない様に良い出来でした。
若いので、怖い物しらズなのかも・・・
b0069951_9182497.jpg

帰る前にダンサー達と。

そうそう、其の公演に、メリル・ホプキンスさんが観に来てくれました。彼女は91歳、1940年代にマーサのクラスを取って、アパラチアの春の初演も見ているし、ベニントン大学でマーサのトレーニングを受け、少し踊っていたのかな??
b0069951_930189.jpg

とても良かったとお褒めのお言葉と頂きました。

ボルティモアに来た日はとても初夏のようで、びっくりして桜がとても綺麗でした。今は雨も降ったので、散ってしまった桜・・・今年もお花見はなしのようです。。。
b0069951_921117.jpg

b0069951_921921.jpg

b0069951_921995.jpg
b0069951_9211245.jpg
b0069951_9211571.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2013-04-14 09:26 | ダンス

ダンスフィルム「サロメ」

SPが作ったダンスフィルム「サロメ」から。
未だリリースされてはいないのですが、プレビューという事で。。。

b0069951_0265579.jpg

b0069951_0265564.jpg

b0069951_0265646.jpg

b0069951_0264585.jpg

b0069951_0265760.jpg

b0069951_341580.jpg

b0069951_341527.jpg

b0069951_342812.jpg

b0069951_342837.jpg

b0069951_342897.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2012-05-18 00:30 | ダンス

ダンスの写真2

b0069951_13555950.jpg
Photo by Simon and Tamar
b0069951_13555122.jpg
Photo by Simon and Tamar
b0069951_13542029.jpg

MG's Satyric Festival Song Photo by John Deane
b0069951_13514051.jpg

Martha Clarke's Sueno, I love this shadow
b0069951_13511731.jpg

MG's Errand into the Maze Photo by John Deane
[PR]
by miki3lotus | 2012-05-08 14:00 | ダンス

ダンスの写真

Photo by Albert Watson
b0069951_11561164.jpg

The first time we are making this dance with Robert.
b0069951_11585849.jpg

during performance of " Snow on the Mesa" by Robert Wilson
b0069951_11571719.jpg

b0069951_11581399.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2012-04-27 12:04 | ダンス

ジョイス劇場

今年はシーズンがジョイス劇場。
そしてやっとこの日曜日も終わりました。

今年は私がカンパニーに入って25年という事もあって、最終日は私の25周年記念公演でした。
学生の頃からレパートリーのクラス、カンパニーに入ってからはずっとコーラスを踊っていた作品、「ナイトジャーニー」の主役、ジョカスタ(イヨカスタ)を踊りました。初めて踊るパートでしたが、神経質にもなれずに気持ちよく踊る事が出来ました。

会場係に怒られながらもカーテンコールを友達が写真に撮ってくれました。
b0069951_1151556.jpg


そして
あるブログにはこのような記事です。

又、ゆっくり書きます。
毎回の事ですが、ごめんなさい。
[PR]
by miki3lotus | 2012-03-21 11:06 | ダンス

グラハムカンパニーのニューヨーク公演のお知らせ

b0069951_51186.jpg

この3月15日から20日までグラハムカンパニーのニューヨーク公演がタイムワーナービルの中にあるローズ劇場にてあります。この劇場で踊るのは初めての事です。いつまで踊る事が出来るのかは分かりませんが,毎回の公演,これで最後と思いつつ踊っております。
今回の公演では,ノグチプログラムというのがあり,イサム•ノグチとのコラボレーションの作品,ロバート・ウィルソンの作品(15年前に創作した作品のリバイバル),そして2005年に踊りました「Deaths and Entrances」を15分ほど短くした物を踊ります。
時間がありましたら,ぜひ観にいらして下さい。
下記は私の踊る予定と作品内容です。

ではローズ劇場にてお会いできる事を楽しみにしております!!
まだまだ寒くなったり暖かくなったりと不安定な季節なので,ご自愛くださいませ!


************************************************************

Martha Graham Dance Company at Rose Theater

3月15日(火)7PMSnow On the Mesa ( Robert Wilson 1995)
3月16日(水)7:30PMDeaths and Entrances (Graham 1943)
3月17日(木)8PMCave of the Heart (Graham/Noguchi 1947)
(An official event of Carnegie Hall’s Japan/NYC Festival)
3月18日(金)8PMSnow on the Mesa
Maple Leaf Rag( Graham 1990)
3月19日(土)2PMAppalachian Spring (Graham/Noguchi 1944)
3月19日(土)8PMDeaths Entrances
3月20日(日)3PMEmbattled Garden ( Graham/ Noguchi 1958)
Snow on the Mesa
(An official event of Carnegie Hall’s Japan/NYC Festival)

Snow on the Mesa:
ウィルソンの作品は私ともう一人のダンサーが15年前の初演時に出演しておりました。15年経ち,再度この作品に触れられ,嬉しいです。ウィルソンは日本の能に大変影響を受け,彼の舞台作品はビジュアル的にもとても素晴らしい物です。15年前,可成り悩んでいた私にこの作品は「踊りを続けて行こう」という気持ちにさせてくれた作品です。

Deaths and Entrances:
ボロンテ姉妹と,グラハム自身の兄弟間の反映,彼女の本音と建前(とでも呼ぶのでしょうか?)を表現した作品です。2005年にシティーセンターにて2度踊るチャンスがありました。45分と長い作品でしたが,素晴らしい作品です。今回はこの作品をエディティングして15分ほど短くした物を踊ります。短くなり,どのように作品の流れ,ストーリー,テーマを続けて行くかが最大の課題です。今のジェネレーション,45分もの長い間座って踊りをみるのは大変だという事で今回エディティングしたのですが,私としてはとても残念です。しかし,ダンサーとしては大変な作品で,満足感もあります。2005年のときとでは私もだいぶ違う踊りをしていると思います。

Cave of the Heart:
王女メディアのはなしで,メディアを踊ります。これはメディアが自分の家族を裏切ってまでジェイソン(日本語ではイアソン)を助けて来たのに,その夫に裏切られ国を追放される事になり,その復習の為におっとの新しい花嫁とその父,そして自分の子供達でさえ殺してしまうという有名なはなしです。グラハムはそのメディアの女性である部分を踊りにしました。
今回の公演では私は一度しかこれを踊りませんが,踊りがいのある作品なので,ぜひみて頂きたいです。

Maple Leaf Rag:
これはグラハム最後の作品です。1990年にある作品を創作中,どうしても前に進む事が出来なかったマーサ。ちょうどチャールストンに公演で行った時にあちらのプランテーションの地主宅の庭にあったジャグリンボードをみて思わず一つ購入。その後すぐに新作の捜索を始め,この作品はあっという間に仕上がってしまいました。彼女が自分の事,作品をパロディー化した物です。

Appalachian Spring:
イサム•ノグチのミニマムなセット,アーロン•コープランドの曲,そしてグラハムの踊りで大変有名な作品です。彼女自身が結婚をまじかに色々悩んだ事が反映されている作品です。多分に楽しい踊りととられますが,結婚をするという事で,幸せ,悩み,災い,などを想像しという作品で女性の気持ちのアップ&ダウンを踊りにした物です。

Embattled Garden:
アダムとイブのはなしを少しひねった作品です。イブを踊りますが,このパートは私のメンターであるユリコ先生が初演、グラハムが彼女の為に作った作品です。イサム•ノグチのセットは色の使い方,そして曲と動きにはスパニッシュを思い浮かべさせるものがあります。私はこの作品をユリコ先生から直接習い,今この作品は次の世代のダンサーに振り渡しをしている所です。17日のノグチプログラムでは私がコーチをしているダンサー達が踊ります。なかなか頑張って踊っているダンサー達です!


チケットは初日以外はこちらで購入できるそうです。初日は直接劇場での購入になるのだと思います。カンパニーに方に聞いておりますので,もし興味がありましたら,お知らせください。
https://tickets.jalc.org/ticketing/show_events_list.asp
[PR]
by miki3lotus | 2011-02-25 05:02 | ダンス

SPのプロジェクト開始

衣装デザイン創作のキャレンとSP。イメージを話し合い・・・
b0069951_12322573.jpg
b0069951_12341862.jpg

[PR]
by miki3lotus | 2010-12-22 12:34 | ダンス

The Bessies

お知らせです。


私は現在,ツアー中でチュリッヒ,ウィーンに1週間ずつ、そしてイタリアに入りました。
今日は嬉しいお知らせです。私、この度the Bessie賞を受賞いたしました。ダンス界のアカデミー賞のような物。10月18日が授賞式でした。私は現在ツアー中なので,スティーブンが代わりに受賞式に行き,受け取ってくれました。Twitterで見ていた友達からテキストメッセージがこちらの時間午前3時半頃送られてきました。そしてスティーブンが私の受賞の言葉と彼自身の言葉を述べて,賞を受け取ってくれた様子です。

b0069951_11181649.jpg


右にいる女性はバレエヒスパニコの創立者であり,芸術監督であったティナ・ラミレス。彼女が私を含め7人の受賞者を紹介したそうです。賞の言葉は次の通りです。

For her commitment to the true spirit and rigorous interpretation of the work of Martha Graham; for her constancy in keeping Graham’s work alive onstage and in the classroom; and for her remarkable beauty, grace, and power of her dancing,
a 2010 New York Dance and Performance Award goes to

                        Miki Orihara

(山川美千枝訳:

折原美樹さんが、長年にわたり、マーサ・グラハムの作品の真の精神を理解し、厳密
に解釈しようとしてきたことに対し、また、グラハムの作品をステージ及び教室で生
き生きと存続させてきたことに対し、そして、彼女の踊りの美しさと優雅さ、力強さ
に対し、2010年度ニューヨーク・ダンス&パフォーマンス賞を贈ります。


そして私からの受賞の言葉は:

I am surprised and honored at receiving this prestigious award. I hope this is not a mistake!

If it wasn't for Martha's work, I probably would not be dancing now.
I am still enriched by dancing her work, going through her dance to express my own feeling. I am fortunate to have worked with Martha and to have been given a body of work that still rewards my searching for deeper understanding of it after 23 years. I love finding new life and new moments in her works and other choreographers' works, as well.

I thank the Bessie committee for giving me this wonderful award. I dedicate and share this award with people who supported me throughout my career, all my dance teachers, my parents, my mentor and NY mother, Yuriko, and my husband, Stephen Pier.

大変驚いているのと同時に,この著名な賞を頂く事になり光栄であります。
間違いでない事を祈っております。。。

マーサの作品がなければ,おそらく踊っていはいないと思います。
彼女の作品の素晴らしさ,作品を通して自分の気持ちを表現できる事を楽しんでおります。23年経った今でも毎回新しい発見があり,作品の奥深さを感じています。

ベッシィー賞のコミティの皆様に感謝を述べたいと思います。そしてこの賞を今までお世話になった方々,踊りの先生方,両親,私のメンターであり,ニューヨークの母であるユリコ先生,そして私の夫スティーブン•ピアーに捧げ,わかち合いたいと思います。



そして皆様!
いつも応援して頂いてありがとうございます!
今回この賞を頂ける事になったのは皆様のお陰です!ぜひ近くにいらしたおりにはいただいた賞(賞状)をみにいらしてくださいね。

ありがとうございます
[PR]
by miki3lotus | 2010-10-22 11:18 | ダンス