人気ブログランキング |

Cendrillon in SOHO

Cendrillon
45 Mercer St. www.cendrillon.com
フィリピン料理
SOHOはマーサストリートのブルームとグランドの間にあるレストラン。
いく前にウエッブにて下調べ。
お勧めのBlack Rice パエリヤをはじめ、すずきのから揚げ、アヒルの塩焼き
おいしいものばかり。
メニューの中にはひじきを使ったものやゆずを使った物もある。
そういえば、ゆずはやっとこちらのグルメストアーに出始めた!値段は高いけれど。

オーナーのルミは、昔は雇われシェフだったが、新しいことをやりたかったのでいつもやめさせられるはめに。だったら自分でとレストランを開始。
ちょうどはじめる時に奥さんとLyon Opera Balletの「シンデレラ」を観てその斬新さに感激、自分の料理もそうだとレストランの名前をこの舞台からとったそうである。Cendrillonはフランス語で「シンデレラ」のこと。日本では,灰かぶり姫とも?誰かそれを聞いたことのある人いるかな???

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-12-02 01:45 | Food

アフリカンオペラ

African Opera
Dimpho Di Kopane
Yiimimangaliso ミ the Mysteries を観た。
Combined Talentsという英語の意味のこのカンパニーはロンドンのBroomhill Operaの監督、音楽監督であったMark Dornford-May と Chrales Hazlewood により2000年に設立。40人からなるグループは南アフリカの中で2千以上のオーディションから選ばれた人たち。彼等は舞台に立つということさえ今までなかったがこのグループを設立後既に世界各国を回っているそうだ。
私の観たこのThe Mysteriesは舞台に上がる人みんなのコラボレーション、The Chester Circleと呼ばれる形式。これは1575年頃に始まった、ストリートプレイで、本がない、本を読まない住民達に復活祭のフェスティバルにこの劇によって宗教的なことを教えているということ。それも復活祭の後の月、火、水曜日にやっていたそう。
聖書からの話はアダムとイブに始まって、ノアの方舟、キリストの生還まで。むかしはこのフェスティバルに関わる人たちー水を供給する仕事の人がノアを、 釘職人がキリストを張り付けにする役ムがいろいろな役を演じたりしていたそうだ。もちろん舞台はストリート。よってセットは街角を思わせる。楽器もなく、大きなゴミ箱を逆さにしてあったり、壁をたたいたり。とてもプリミティブ。衣装もミニマム。衣装もセットも音楽も申し分なくそろっている今の舞台ばかりを観ている私たちにはとても新鮮に、そしてイノセントにシンプルに。
とても良いプロダクションを観た!

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-12-02 01:40 | Performing Art

明日は感謝祭----------------------------------11/24

明日は感謝祭
今日はアメリカの空の一番忙しい時。誰もが家族のもとに集まるこのロングウィークエンド。この時期に旅行をしても、いつもどっと疲れる。飛行機は満員。空港も人ばかり。今年は静かにニューヨーク。 私とスティーブンはニューヨークにいることにした。
知り合いのところでThanksgiving Dinner.
スティーブンはデザート担当。何を作るのかずーっと悩んだ挙げ句、洋梨をオーブンで焼き、その上にクランベリームースをのせることに決めたよう。私はお手伝い。お決まりのパンプキンパイはほかに作る人がいるようだから、何か軽いものとかなり悩んでいた。明日が楽しみ!

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-12-02 01:39 | 日常

オーディション2----------------------------11/23

昨日に引き続き、オーディション。
今日は昨日やらなかった振りを二つと、昨日みんながうまくできなかった振りをもう一度。といって、できなくとも、振りの中には入っているので、どちらにしてもやらねばならないのだが。。。あまり難しい振りとは思えないが、どうしてなのかみんなできない。う〜ん、私のデモンストレーションが良くなかったのか???そんなはずはないが。
32人の中から最終的には12人になる。昨日の段階で、15人にしぼられた。そのうちの3人はアンダースタディになる。
ゆり子先生は踊りに関してはかなりきつい。というかハッキリしている。ダンサーという職業は実力第一。テクニックはもちろんだが、容姿も表現力も全部が備わらないといけない。最後16人の時に、一人のダンサーに「あなたをとらない。その理由は体形。最後まで残ったのだからこれからその体形をかえるように!」と。私もかなりゆり子先生には泣かされた覚えがある。もちろんその場でなくなんて最ものことだが。アパートに帰っての悔し泣きか。
ゆり子先生の良いところはとらない理由をちゃんといってあげること。その時は結構きついが。普通オーディションにいって落とされても理由などはいわれない。だからこのダンサーは結構ラッキーだと思う。これからこの課題を彼女がどうするかはその人次第。でもそれをかえられた時に自信が出る。がんばってもらいたい。

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-12-02 01:38 | 日常

今日から12月--------------------------------12/1

今日から12月
昨日ロックフェラーセンターのクリスマスツリーに灯もともり、ニューヨークはすっかりクリスマス気分。街角にあるクリスマスツリー売りの前を通ると、もみの木のとてもよい香り。
あまり寒くないけれども、町中がクリスマス一色という感じ。
コンピューターも戻ってきたので、又ゆっくり書きます。
b0069951_7345651.jpg

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-12-02 01:26 | 日常

Intermission

I have to put my computer in maintenance.
So this is Intermission!!!

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-11-26 23:54

オーディション

ゆり子先生がこれから3週間、13人のダンサーにグラハムの作品「Steps in the Street」を振り付けする。そのためのダンサー選びのオーディションが今日と明日。

この作品はゆり子先生が1990年(だったと思う)にアンサンブル(学生のグループ)を使ってグラハムの昔の作品をRe-Construct した作品。カンパニーもこの作品をツアーやニューヨーク公演で踊るが、毎回とても評判の良い作品だ。

現在グラハムスクールのアンサンブルには女性が6人ほどいる。アンダースタディーが二人。作品には12〜3人のダンサーが必要。
今日のオーディション、私は振りをやって見せる役目、そしてそれをダンサーが見て覚え、4人ずつになって踊って見せると言う形。
オーディションには色々あると思う。私が行ったことのあるオーディションは本当のクラス形式なものから、作品の抜粋を踊るもの、そして役作りからはいるものと色々。
今回は先生が作品に必要な感情、意味を話して、私がわたす振りをどう一人一人が表現できるかと言うのが一番の大きな点。
もちろんいくらアンサンブルにいるからと言って、この点をオーディション時にクリアーできなければ、12人の中に入らないこともある。現に今のところ6人のうち3人しかパスしていない。
明日、もう一日同じようなオーディションをして決めることになるが、さてどうなるか???

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-11-23 08:30 | 日常

The Juilliard School

The Juilliard School にはスティーブンがフルタイムで教えに行っているので、私もかなりの恩恵を授かっている。

Dance Division でのワークショップ、公演はもちろんのことMusici Dividision(この学科には声楽、楽器演奏、作曲、指揮、ジャズとある)のソロコンサート、チェンバー、オーケストラ、オペラ、などの公演、そしてDrama Divisionの公演。
学校の中には小さな劇場もいくつかあり、それぞれの学科専用に使って公演をしている。

それぞれの学科については又ゆっくり書くことにするが、今日観たDrama Divisionの公演から、今年は何人成功していくのかとても楽しみだ。

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-11-22 13:12

The Ameircan Occupation

Joe Kraemer の新作、 Trip Cullman ディレクターのこの The Americna Occupation は2004年の1月から4月、ニューヨークブルックリンはウイリアムズバーグに住む青年達の話。
このご時世、話題はもちろんアメリカ、イラク、そして中東、ヨーロッパでのアメリカ人に対する気持ち等々。
ロックをやることだけがこの青年達を結びつけている中、やはりいろいろな見解があって、崩れては又戻って・・・終わりはちょっとどんでん返し(一人のキャラクターが特に)もある。
役者はみんなThe Juilliard School Drama Division の4年生。さすがと思ってしまう。この Drama Division において彼らはそろそろ卒業公演間近。もちろんCasting Agent も沢山見に来て、ここから引き抜かれる俳優も沢山いる。 Val Kilmerもその一人だ。私が彼をはじめてみたのは映画「 Top Gun」だった。そしてブロードウェイミュージカル「 EVITA」の主演女優 Patti Du Pond もここ出身。
今日の舞台からは何人が引き抜かれるか楽しみなところだ。

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-11-22 13:01 | Performing Art

日曜日ももう後1時間-------------------------11/22

何もしなかったのに今日は過ぎてしまったかんじ。遅くに起きて、朝ご飯。
その後メールのチェック、ちょっと掃除をしたけれど・・・
夜はThe Juilliard SchoolのDrama Divisionの公演を観に。これについてはReviewに書くとして、帰ってから昨日のパーティーでの残りを暖めて食べて、そうそうパーティーのために焼いたケーキ2種類とティー・クッキーの残りも食べてお腹一杯。

さあ、お風呂に入って寝るとするか・・・
今週はかなり寒くなるようなニューヨーク。

Copyright © 2004 Miki Orihara/Lotus,Lotus All Rights Reserved.
# by miki3lotus | 2004-11-22 12:37 | 日常